伊賀と甲賀の二重スパイ東出融は李家と繋がってイスラエル民族に紛れ込んだ悪魔崇拝者の可能性が高い

甲賀・伊賀の由来について簡単に調べて見ました。

甲賀=甲を賀する=甲を慶ぶ

甲賀=コウカで調べると次のものが繋がって来ます。

コウカ=紅花

紅花の生産地は山形県ですね。

Rapt理論を知っている方でしたらすぐにわかります。そう、あらえびすの東出融が本拠にしているのが、山形県東根市。東出融は自分は伊賀と甲賀の二重スパイでルーツが滋賀県東出村(現在の愛荘町)と言っていました。

RAPT×読者対談〈第75弾〉あらえびす・東出融の正体(1)

紅花

山形県の県花のベニバナ(紅花)

———————–転載ここから———————–
ベニバナ(紅花、学名:Carthamus tinctorius)は、キク科ベニバナ属の一年草または越年草。雅称を末摘花(すえつむはな)ともいう。紅色染料や食用油の原料として栽培される

特徴
原産はアフリカのエチオピアといわれ地中海やエジプトを通り世界へ広まった。紀元前2世紀頃には北方の遊牧民族の匈奴へ伝わり甘粛省付近で栽培されていたが、漢の武帝がこの地を占領した。後漢の時代(2 – 3世紀頃)には中国本土でも栽培がされており、日本には5世紀頃に渡来したといわれている(6世紀伝来説もあり[1])。古くは和名を「くれのあい(呉藍)」といい、中国伝来の染料との意味[1]。「すえつむはな(末摘花)」とも呼ばれる。
高さは1m。花期は6 – 7月で、枝先に頭状花をつける。花は、はじめ鮮やかな黄色で、徐々に赤くなる。

形態

この節の加筆が望まれています。
植物油用
大きく分けてハイリノール種とハイリノレイック種に分けられる。後者はリノール酸に代表される脂肪酸の含有率が低く、リノール酸の過剰摂取が問題となって以降、生産量を伸ばした[2]。
日本での産地
日本では、平安時代に千葉県長南町で盛んに栽培された。江戸時代中期以降は現在の山形県最上地方や埼玉県桶川市、上尾市周辺(桶川宿の頁を参照)で盛んに栽培された。しかし、明治時代以降、中国産の紅花が盛んに輸入され次いで化学的に合成可能なアニリン染料が普及したことから、紅花生産は急速に衰退した。現在では紅花染めや観光用などにわずかに栽培されている。
山形県ではベニバナが県花になっており、同県河北町には「紅花資料館」がある。また、千葉県長南町も紅花を町花に指定し、月1回の紅花染め教室を開催している。
染料
紅花の花を摘んでから発酵・乾燥させたものが、紅色の染料や着色料(食品添加物、化粧品の口紅)の材料となる。
紅の分離
ベニバナの花の色は黄色である。紅色にするには花を摘んですぐに水にさらして乾燥させる。これを何度も繰り返すと紅色になる。ベニバナの花の色素は水に溶けやすい黄色の色素サフロールイエロー99%と水に溶けにくい紅色の色素カルタミン1%が混在しており、水にさらすことによって分離する。 日本の伝統的な製法では、石灰水を含む川の水が用いられる(NHKアーカイブスより)。
紅花染め
紅花染めは、水にさらして乾燥させた花を水に含ませて餅つきと同じ方法で杵でついた後、丸餅の形にして乾燥させた状態の紅餅(べにもち)を灰汁の中に入れてかき混ぜた状態にしたのち、衣類を漬け込んで水にさらす(一次染め。灰汁はアルカリ性の液なので苦く、色もオレンジ色に仕上がる)。次に、紅餅入りの灰汁に烏梅を少量加えたものに漬け込んで水にさらす(二次染め。烏梅はクエン酸の多い酸性の液体なので酸っぱく、色も赤みが加わってくる)。さらに、烏梅を少しずつ加えて配合を変えながら何度も染め上げて水にさらし乾燥させると完成する。このような手間をかけるのは、色が繊維中に染み込みにくい特性を持つことによる。
そのほかの利用方法
生薬

漢方薬の原料である乾燥した紅花(丹波市立薬草薬樹公園)
乾燥させた花は紅花(こうか)と呼ばれ、血行促進作用がある生薬として日本薬局方に収録されている。この生薬は、養命酒などにも含まれる。また、紅花から作った生薬をツボなどの部位に塗る紅灸(べにきゅう)という灸の一種もある。葛根紅花湯、滋血潤腸湯、通導散などの漢方方剤に使われる。
紅花油
紅花の種子を搾った油は紅花油(サフラワー油)と呼ばれ、サラダ油として用いられたり、マーガリンの原料になる。
口紅
紅花から赤色色素を抽出し、陶磁器製の猪口の内側などに刷き乾燥させたもの。良質な紅は赤色の反対色である玉虫色の輝きを放ち、江戸時代には小町紅の名で製造販売された。
その他
奈良県生駒郡斑鳩町の藤ノ木古墳の有機質の分析の結果、紅花の花粉が発見され、その用途の解明が新たな課題となっている。
蔵王べにばな鶏 – 地鶏の一品種。山形県産。餌に紅花ミールと地養素を使用[3]。

———————–転載ここまで———————–

さらに言いますと、紅花はエチオピアが原産地でエジプトを通り世界に広まったとあります。

となると、東出融はやはりクシュ人と何らかの関係がある可能性もありますね。

また、こんな地名もありました。

遵義市に紅花崗区(こうかこうく)と言う地域があります。

遵義市紅花崗区は貴州省にあり、貴州省といえば、中国三国時代の蜀の地にあり、地形はカルスト地形。

———————–転載ここから———————–

貴州省(きしゅうしょう、中国語:贵州省、拼音:Gùizhōu Shěng、英語:Guizhou)は、中華人民共和国南西部に位置する省。省都は貴陽市。略称の黔(けん)は黒を意味する。

地理
中国の西南地区に位置し、北に四川省と重慶市、東に湖南省、南に広西チワン族自治区、西に雲南省と接する。

貴陽市
省域は、雲貴高原と呼ばれる、雲南省から湖北省に向かって低くなる平均標高 1,000 メートル程度の起伏に富んだ高原になっている。北側は四川盆地に高度を下げ、烏江が流れ出して重慶の涪陵で長江に注いでいる。南側は雲南省から流れる紅水河(珠江上流の呼び名)の上流域となっており、貴陽、安順などのある省中央部は、2つの河川の分水嶺になっている。安順市の黄果樹瀑布は、紅水河の支流にあるアジア最大の瀑布である。
省の80パーセント以上が石灰岩に覆われており、中国有数のカルスト地帯となっている。南部を中心に峰林、峰叢地形と呼ばれる凸型カルストが顕著に見られ、その典型である茘波は、2007年に中国南方カルストの一つとして世界遺産に登録されている。平地は大型カルスト盆地に見られるが、広いものは見られないことから、「地に三里の平地無し」と言われている。
烏江をはじめとする主要河川は、高原面を深く切り込んで峡谷作っている。南部では、多くの河川は地下にもぐりこみ、数十キロメートルに及ぶ地下河川になっているところも多い。
鍾乳洞も大規模なものが発達しており、綏陽県にある双河洞は、総延長距離が 100 キロメートルを超え、アジア第2位の長さを誇っている。このほかにも、織金県の織金洞、安順市の竜宮などの鍾乳洞が観光開発されている。
気候
全体が亜熱帯高原であるため、極端な暑さや寒さは無い。年間平均気温は摂氏 14 度から摂氏 16 度であり、1月の平均気温摂氏 5 度前後、8月の平均気温摂氏 25 度前後である。年間降水量は 1,000 ミリメートルから 1,400 ミリメートルで、主として夏季に雨が多く降る。広西方面からの湿った空気が高原にぶつかるため、晴天の日は少なく、雨が降っていなくても曇り空であることが多い。この様子は「天に三日の晴れ無し」と言われている
民族
2002年末の総人口は 3,837 万人で、少数民族が 37.9 パーセントを占める。最大の少数民族はミャオ族で、プイ族、トン族、トゥチャ族、スイ族などがこれに続く。全国でも少数民族が比較的多い地区である。省面積の 55.5 パーセントが少数民族自治区域となっている。近年これらの民俗が観光資源化されており、カルスト地形と共に開発が進められている。
歴史
古代の夜郎国の地である。戦国時代には楚が勢力を延ばし、黔中郡や且蘭郡を設置し、後に秦の黔中郡となった。ミャオ族など少数民族が多く、中国王朝の支配下に入っても土着封建領主を通じて間接支配する地域が多かった。唐は黔中道を置き、明になって貴州布政使司となり、清代に貴州省が成立した。省内第二の都市である遵義市は、中国共産党の長征の途上で、毛沢東が主導権を握った遵義会議の故地である。

———————–転載ここまで———————–

紅花も日本の伝統的な製法では石灰を用いるとありましたね。

カルスト地形でお気付きの方もいらっしゃったと思います。カルストといえば、山口県にある秋芳洞。

秋芳洞
地下施設ですか・・・

カルスト地形は石灰岩などの水に溶解しやすい岩石で構成された大地が雨水などで侵食された地形(鍾乳洞などの地下地形を含む)。また化学的には、空気中の二酸化炭素を消費する自然現象とあります。

すなわち彼らドルイド教の末裔はこういう仕組みを知っていた可能性が高いです。

あらえびす東出融の本拠地が山形県東根市。

山形県の県花は紅花(ベニバナ)。

東出融は伊賀と甲賀の二重スパイであり、甲賀はコウカ→ほうか師から来ています。

———————–転載ここから———————–
装束と変装
装束

忍者は普段家にいる時には一般の武士と同じ服装をしていたが、敵の状態を探りに忍びに出かけていく時は、テレビや映画に出てくるような黒装束であった。
情報を持って帰るのが役目の忍者は、できるだけ目立たない服装の方が良いと考えられ、表が茶染・柿染などの茶系統の色で、裏が黒かネズミ色の着物を着ていた。この上着の内側には物入れが作られていて、そこにはシコロ(小さな両刃の鋸)や三尺手拭などの細長い物を入れ、胸のところには銅製の鏡や渋紙・油紙・和紙などを入れ、防弾の役割もさせた。
身に付けているものは全てが敵の攻撃からの防御と、同時に攻撃の道具になるように、さまざまな工夫がなされていた。衣装一つを見ても合理性を追求した忍者の知恵が感じられる。

変装

忍者の衣装には黒装束の他にも、情報収集のために出掛けるときの「七方出(しちほうで)」という変装術用の衣装がある。この「七方出」のほかにも、連歌師や琵琶法師などにも変装していたし、ただ姿を変えるだけではなく、尺八を覚えたり、お経や呪術も学び、ときには方言までも習得するなど、怪しまれないためのいろいろな工夫や鍛錬にも努めていた。

商人
怪しまれることが少なく、品物を売り歩きながら
情報を収集できた。

ほうか師
現在の手品師のこと。
敵を油断させるのに都合がよかった。

虚無僧
編み笠をかぶっているので、顔を隠すことができた。

出家
お坊さんのことで、怪しまれにくく、
托鉢をしながら情報を集めた。

山伏
出家と同じように、人に怪しまれることが少なかった。

猿楽師
能役者のことで民衆に人気があった。
また猿楽の好きな大名に招かれることもあり、
敵城内を探ることもできた。

常型
普段の服装のこと。
今で言うリバーシブルの着物で、いざというときには
逆に着替えて敵の目をごまかした。

———————–転載ここまで———————–

甲賀といえば、滋賀県であり、東出融のルーツは滋賀県愛荘町東出集落。

———————–転載ここから———————–
滋賀県は、僕、東出家の出場所東出村へ。

甲賀と伊賀の調停役。

そのとある一角に潜むが、中心はあり得ない程にぼっかりと宇宙エネルギーを取り込むように仕掛けられた神社。

このとある場に設置致しました。
→イヤシロチでも設置したのでしょう。
イヤシロチはRaptブログでも解明されている通り、とんでもないボッタクリ商品でしたね。(自作すれば数千円でできるレベルのシロモノ)

イヤシロチグッズが効果はあっても、とんでもないぼったくり商品である確たる根拠。

———————–転載ここまで———————–

紅花は日本の伝統的な製法で、石灰水を含む水を用いる。

石灰といえば、山口県の秋芳洞であり。同じ美祢市の産業が石灰石産業。美祢市の隣には岸信介の出身の山口市。といえば、安倍晋三。

山口市の隣にある美祢市は石灰石が産出され
秋芳洞とカルスト大地がある
写真は秋芳カルスト眺望台

これもまた繋がります。

紅花のルーツはエチオピアすなわち、クシュであり、シルクロードを伝わって来たのでしょう。おそらく伊賀と甲賀の二重スパイ東出融が紅花(べにばな)を県花とする山形県を選んだのも、彼もイスラエル民族の末裔か、イスラエル民族に紛れた悪魔崇拝者の末裔の可能性があると言うことです。(確実にあるでしょうね)

また紅花ということは赤。東出融は秦氏でもあります。伊賀服部氏は機織氏→服部であり、Rapt理論で判明された通り、秦氏は赤を好んで使います。

中国の貴州省には紅花崗区と言う地名があります。

また、以下のようにも繋がって来ます。

・貴州省→きしゅうしょう→キシ→岸→岸信介

・貴州省→きしゅうしょう→紀州→和歌山

・貴州省は中国でも有数の少数民族の割合が多い地域。しかも土地はカルスト地形。

・ミャオ族は日本人に非常に似ています。また、モン族の女性は佳子さまにも非常にいています。

ベトナム近くに居住するモン族
モン族の女の子
モン族の女の子と似ている佳子さま

・ミャオ族の先祖は蚩尤(しゆう)と言う悪魔であり、炎帝神農氏の子孫とされた。神農氏は水銀を頻繁に使っていましたね。

・ミャオ族=ミャオ=マオ=浅田真央はミャオ族からとったのかもしれませんし、また空海は佐伯まおとも言いましたね。空海は水銀を使っているから、やはりここからとったのでしょうかね?

ベニヤミン族キシュ→サウルの末裔
岸信介の孫であり李家の末裔の安倍晋三と浅田真央
マオはミャオ族から来ているかも?
ミャオ族?は佐伯まお(真魚)から?来ているかも?

———————–転載ここから———————–

蚩尤。後漢代の山東省の墓壁画
蚩尤(しゆう、拼音: Chīyóu)は中国神話に登場する神である。『路史』では姓は姜で炎帝神農氏の子孫であるとされる。獣身で銅の頭に鉄の額を持つという。また四目六臂で人の身体に牛の頭と鳥の蹄を持つとか、頭に角があるなどといわれる。

蚩尤とされる絵

概要
『述異記』によると石や鉄を食べたという。超能力を持ち、性格は勇敢で忍耐強く、同じ姿をした兄弟が81人(『魚龍河図』による。『述異記』では72人)いたという。『書経』では性格は邪であり、その凶暴・貪欲さはフクロウにたとえられて「鴟義」(しぎ)と表現されたりしており、「反乱」というものをはじめて行った存在として挙げられている。
古代中国の帝であった黄帝から王座を奪うという野望を持っており神農氏の世の末期(帝楡罔の代)に、乱を起こして、兄弟の他に無数の魑魅魍魎を味方にし、風・雨・煙・霧などを巻き起こして黄帝と涿鹿の野に戦った(涿鹿の戦い)。濃霧を起こして視界を悪くしたり魑魅魍魎たちを駆使して黄帝の軍勢を苦しめたが、黄帝は指南車を使って方位を示して霧を突破し、妖怪たちのおそれる龍の鳴き声に似た音を角笛などを使って響かせてひるませ、軍を押し進めて遂にこれを捕え殺したといわれている。『山海経』大荒北経に記されている黄帝による蚩尤との交戦の描写には具体的な龍としては応竜が黄帝に加勢しており、蚩尤を殺したとされている。最後に捕らえられた蚩尤は、諸悪の根源として殺されたが、このとき逃げられるのを恐れて、手枷と足枷を外さず、息絶えてからようやく外された。身体から滴り落ちた鮮血で赤く染まった枷は、その後「楓(フウ)」となり、毎年秋になると赤く染まるのは、蚩尤の血に染められた恨みが宿っているからだという。赤い色は蚩尤を示すともされ、赤旗を「蚩尤旗」と言い、黄色はその蚩尤征伐後はそのすがたを描いた旗を示してその威勢の象徴ともした。のちに劉邦がこれを軍旗に採用したともされる
兵主神
『史記』「封禅書」では蚩尤は八神のうちの「兵主神」に相当するとされ、戦の神と考えられている。戦争で必要となる戦斧、楯、弓矢など優れた武器を発明、あるいはそれらに金属を用いるようになったのは蚩尤であると伝承されており[1]、『世本』では蚩尤が発明した五兵(5つの兵器)として戈(か)・矛(ぼう)・戟(げき)・酋矛(しゅうぼう)・夷矛(いぼう)が、『初学記』では蚩尤が発明した剣が、『龍魚河図』では兵杖・戟・刀・大弩が挙げられている。『呂氏春秋』「蕩兵」では、蚩尤は兵(兵器)を発明した元祖であると人々は言うが蚩尤は活用をしただけであり、それ以前から木などをつかった武器(械)は存在していた、と説かれている。蚩尤が反乱を起こしたことで、これ以降は法を定めて反乱を抑えなければいけなくなったとも言う。『管子』でも金属を用いて剣・鎧・矛・戟などを蚩尤がつくりだしたと記されているが、ここでは蚩尤が黄帝の権臣として登場しており、両者の関係性がまったく異なっている。
古代中国の鼎(かなえ)に文様として描かれている怪物のような顔は饕餮(とうてつ)を示したものとされることが多いが、この顔は蚩尤のものであるとする伝承も存在している。黄帝によって討たれた蚩尤の首をあらわしているとされる。
九黎
蚩尤に味方したのは勇敢で戦の上手い九黎族、北方に住む巨人族の夸父だった。蚩尤は九黎の一族の長であったとも考えられている。戦いに敗退した九黎族は逃れて三苗となった。『書経』の「呂刑」によると黄帝(堯であるとも)は敵討ちを心配して苗民を皆殺しにしているが、この南方の民を根絶やしにできず、その後、三苗人は歴代の王を執拗に悩ます手強い敵となった[2][10]。
苗祖としての蚩尤
中華人民共和国の湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣県(湖南省)では2001年に「苗族始祖蚩尤像」という蚩尤の大立像が建造された。また、彭水ミャオ族トゥチャ族自治県(重慶市)には、「蚩尤九黎城」という蚩尤を祭祀した施設があり、2014年には九黎神柱という高さ24メートルにもおよぶ石刻柱が建てられている。これらに代表されるような蚩尤関係の顕彰は同地における蚩尤に関する民間伝承されていた祭祀と、古代の伝説に登場する蚩尤・九黎・三苗の存在を根拠として20世紀以後に構築された「苗族の始祖(苗祖)は蚩尤である」という説を色濃く土台としたものである。

———————–転載ここまで———————–

劉邦については前回記事にしましたのでご覧ください。

部落差別は大本教が作り出した庶民に対する特権差別でした。

蜀の由来は蛇の可能性が高いことに触れています。つまりモーセの銅の蛇を悪用した悪魔崇拝者と言うことです。

———————–転載ここから———————–

九黎(きゅうれい)は中国神話・古代中国の伝説に登場する民族の総称のひとつである。黎氏は大きく分けて9つの民族、小さく分けると81の氏族があったという。
中国の古代の帝のひとりである少昊(黄帝の子)の時代などに天下を乱したとされる[1]。古代伝説的な王の存在である伏羲や女媧、神農などはこの九黎のなかから出たと考える説も存在している。とりわけ、『国語』(楚語 下)の注には「九黎,蚩尤之徒也」とあったりするなど、黄帝と対立した蚩尤(しゆう)はこの九黎の頭目であったとされる。その九黎の一族から分かれて生き残ったのが三苗(三苗人)であるともされている[2]。
「九黎は9人である」と『尚書』の注などでも書かれており、九黎という存在は複数の氏族の総称であるという解釈は古くから存在している。蚩尤に存在した81人(72人などとも称される)の兄弟[4]という記述も、蚩尤が九黎の君主とされてた記述から九黎のことを指しており、『尚書後案』でも少昊の時代(蚩尤が反乱を起こした時代より後にあたる)に世を乱したのはその余類であろうと示している。

———————–転載ここまで———————–

→九黎(きゅうれい)。呉(ご)とも関係がありそうです。九黎→呉→呉市(くれ)だから、三国時代の蜀の劉備玄徳と呉の孫権仲謀との争いがありましたが、彼らも親族の可能性が高いと。すなわち(現在は神と崇められる)劉備玄徳の義兄弟の関羽雲長が負けた荊州の戦いは同族同士の争いだったと言うことです。

さらに九黎を辿っていくと、こう言うのを目にしました。

———————–転載ここから———————–

少昊(しょうこう)は、中国古代の五帝の一人。姓は己。氏は金天氏(鳳鳥氏、青陽氏、窮桑氏、雲陽氏とも称される)。名は摯(し。鷙・質とも作る)、または玄囂。号は「昊」(「皞」・「皓」・「顥」とも作る)、「朱宣」、「少昊」(少昊とは太昊の徳行を継承したことによる命名)。

———————–転載ここまで———————–

しょうこうというと、オウム真理教の麻原彰晃。彰晃は少昊から取ったのでしょうか?だとしたら彼もイスラエル民族に紛れた悪魔崇拝者の末裔の可能性が高いと言うことです。

麻原彰晃も李家の末裔の疑いがあります。
しかも黄色の服・・・

皓という名前で思い出したのが、孫家の最後の皇帝孫皓。彼は非常に残酷なことをして孫家を崩壊に導き、最終的に晋に降伏しましたね。

三国志時代の
呉の最後の皇帝孫酷

・貴州省を担当していた中国共産党の官僚は、胡錦濤を始め中国共産党の権力者がずらり。田布施システムと似たようなものがありますが・・・。既視感を感じます。遵義会議で毛沢東も関係していましたし。

毛沢東もマオでしたね。

偶然かどうかは知りませんが、ミャオ族の髪型?被り物と毛沢東の髪型が非常に似ています。毛沢東はミャオ族をリスペクトしていたのでしょうか?

おそらく、中国共産党のチベット族虐待は茶番ではなく本当で、ミャオ族=秦氏の様な少数民族を守るためなのかもしれませんね。

長角ミャオ族の子供の髪型というか被り物?

毛沢東の髪型にしても、中央部だけ禿げ上がっている非常に不自然な髪型。こんな髪型はあまり見かけないですね。

———————–転載ここから———————–
貴州省(きしゅうしょう、中国語:贵州省、拼音:Gùizhōu Shěng、英語:Guizhou)は、中華人民共和国南西部に位置する省。省都は貴陽市。略称の黔(けん)は黒を意味する。

地理
中国の西南地区に位置し、北に四川省と重慶市、東に湖南省、南に広西チワン族自治区、西に雲南省と接する。

貴陽市
省域は、雲貴高原と呼ばれる、雲南省から湖北省に向かって低くなる平均標高 1,000 メートル程度の起伏に富んだ高原になっている。北側は四川盆地に高度を下げ、烏江が流れ出して重慶の涪陵で長江に注いでいる。南側は雲南省から流れる紅水河(珠江上流の呼び名)の上流域となっており、貴陽、安順などのある省中央部は、2つの河川の分水嶺になっている。安順市の黄果樹瀑布は、紅水河の支流にあるアジア最大の瀑布である。
省の80パーセント以上が石灰岩に覆われており、中国有数のカルスト地帯となっている。南部を中心に峰林、峰叢地形と呼ばれる凸型カルストが顕著に見られ、その典型である茘波は、2007年に中国南方カルストの一つとして世界遺産に登録されている。平地は大型カルスト盆地に見られるが、広いものは見られないことから、「地に三里の平地無し」と言われている。
烏江をはじめとする主要河川は、高原面を深く切り込んで峡谷作っている。南部では、多くの河川は地下にもぐりこみ、数十キロメートルに及ぶ地下河川になっているところも多い。
鍾乳洞も大規模なものが発達しており、綏陽県にある双河洞は、総延長距離が 100 キロメートルを超え、アジア第2位の長さを誇っている。このほかにも、織金県の織金洞、安順市の竜宮などの鍾乳洞が観光開発されている。
気候
全体が亜熱帯高原であるため、極端な暑さや寒さは無い。年間平均気温は摂氏 14 度から摂氏 16 度であり、1月の平均気温摂氏 5 度前後、8月の平均気温摂氏 25 度前後である。年間降水量は 1,000 ミリメートルから 1,400 ミリメートルで、主として夏季に雨が多く降る。広西方面からの湿った空気が高原にぶつかるため、晴天の日は少なく、雨が降っていなくても曇り空であることが多い。この様子は「天に三日の晴れ無し」と言われている。
民族
2002年末の総人口は 3,837 万人で、少数民族が 37.9 パーセントを占める。最大の少数民族はミャオ族で、プイ族、トン族、トゥチャ族、スイ族などがこれに続く。全国でも少数民族が比較的多い地区である。省面積の 55.5 パーセントが少数民族自治区域となっている。近年これらの民俗が観光資源化されており、カルスト地形と共に開発が進められている。
歴史
古代の夜郎国の地である。戦国時代には楚が勢力を延ばし、黔中郡や且蘭郡を設置し、後に秦の黔中郡となった。ミャオ族など少数民族が多く、中国王朝の支配下に入っても土着封建領主を通じて間接支配する地域が多かった。唐は黔中道を置き、明になって貴州布政使司となり、清代に貴州省が成立した。省内第二の都市である遵義市は、中国共産党の長征の途上で、毛沢東が主導権を握った遵義会議の故地である。

歴代省委書記
蘇振華
周林
李大章
賈啓允
藍亦農
魯瑞林
馬力
池必卿
朱厚沢
胡錦濤
劉正威
劉方仁
銭運録(2001年1月 – 2005年12月)
石宗源(zh)(2005年12月 – 2010年8月)
栗戦書 (2010年8月-2012年7月)
趙克志(zh)(2012年7月-2015年7月)
陳敏爾(zh)(2015年7月-)

貴州省にも関わった中国共産党の胡錦濤

———————–転載ここまで———————–

・しかも貴州省は山口県と似ている部分として海こそありませんが、石灰石が名産で資源が非常に豊富。おそらく貴州省も河南省の開封、日本の京都、田布施同様イスラエル民族が流れ着いたところであり、中国の田布施システムなのかもしれません。

・古代中国では蜀(三国時代の蜀より前にあった国)が置かれ、この地は天険の地で山奥にあり、人馬の往き交いも困難な土地。かつ作物も碌に取れず。非常に雨の多い気候。そのあと、劉備玄徳が道教を信じる諸葛亮孔明にアドバイスを受けて占領したのが蜀の土地でした。

・貴州省の読みはきしゅうしょうであり、聖書にあるサウルの父がキシュでしたね。サウルはベニヤミン族でした。また、岸信介もベニヤミン族の末裔なのでしょう。

岸はキシで李

岸=「キ」+「シ」=李 でしたね。kawataのブログに詳しく書かれているので是非お読みになってください。

【安倍晋三は李家】日本を支配する在日の正体「李家」。憲法改正は李家復権のため!

・石灰は古代エジプトでは建築材料として使われており、古代ローマでは水に溶けない性質を利用され壁画の塗料としても使われていた。

・石灰の性質はアルカリ性であり、水を吸収し、発熱し、また皮膚に触れるとかぶれることもある。*ケムトレイルにも使われているのでしょうかね?

・日本で唯一取れる天然資源が石灰。

・石灰の生産地は栃木県佐野市、埼玉県秩父市、山口県美祢市

・セメントは石灰を高温で熱して粉末化したもの

セメントといえば・・・

・セメントの日本の生産地は山口県山陽小野田市、埼玉県秩父市、また、神奈川県川崎市にはアサノセメントの大きな工場があります。アサノということは浅野であり、赤穂浪士とも繋がって来ますね。

赤穂浪士の大石内蔵助

さらに言いますと、山陽小野田市には厚狭(あさ)と言う山陽新幹線の駅があります。これもアサ王の末裔でも関係しているのでしょうか?

JR西日本の山陽新幹線、山陽本線の厚狭駅

・またセメントはラファージュセメントすなわち、麻生セメントにも繋がります。

麻生セメントは数々のオベリスク調の建物を次から次へと建設しましたね。

麻生太郎」と山口組と統一教会と北朝鮮とイスラム国。全ては裏で一つにつながっている。

北朝鮮のオベリスクこと
柳京ホテル

またセメントの世界上位生産国は日本。

*資源に乏しい日本と言われていますが、石灰とセメントは自給可能。これもまたケムトレイルに使えるくらい余剰があると言うことです。

311の後処理にたくさんのコンクリ施設を作りました。

しかも日本で採掘できるし、色々な不要物(意味深)を混ぜて誤魔化せば安く上がる(麻生太郎あたりが考えそうです)

だから、ドルイド教の末裔東出融はイスラエル民族の末裔、李家と深く関わり悪魔的な行為(工作、ケムトレイル、殺人)を次から次へとやって来たということ。

こちらのRaptブログにも東出融について書かれています。一読ください。

RAPT×読者対談〈第65弾〉戦後復興もすべては天皇家一族の儲け話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です