イルミナティ13血族李家の先祖達はカニバリズム(人肉食)を好んでいた

本日は2度目の記事更新を致します。今回は李家の先祖古代中国の人肉食について。

さて、Rapt理論で解明された通り、安倍晋三は李家の末裔で、李家はイルミナティ13血族の一派でしたね。

イルミナティが天皇中心の世界統一政府を樹立しようとしていることを裏付ける幾つかの客観的事実。

また、イルミナティ13血族の李家はイスラエル民族の末裔でありユダヤ人でした。

安倍晋三は李氏朝鮮の末裔ですが、中国人の血も入っています。

中国人や朝鮮人についてですが、人肉食を好んだとWikipediaにもあります。

また、有名人で言いますと孔子や劉備玄徳が人肉を食べ、李氏朝鮮でも親に自分の太ももの肉を与えることが親孝行とか。

キチガイですね。

【安倍晋三は李家】日本を支配する在日の正体「李家」。憲法改正は李家復権のため!!

だからkawataのブログでも紹介された、安倍晋三やリチャードコシミズ(李詠進)、リチャードクー、李嘉誠、李登輝の先祖は人肉を好んで食べていたと同じ事なのてす。

李家朝鮮の末裔
安倍晋三
何でもロックフェラーのせいにする
インチキ陰謀論者
リチャードコシミズ(李詠進)
麻生太郎のブレーン
リチャードクー
利益を独占しボロ儲けし続けている
長江実業の
李嘉誠
李登輝

古代中国の人肉食についてのリンクを貼っておきますが、気持ち悪くなるかもしれません。ご注意ください。

—–醢について—–

古代中国では醢という料理があり、何をさすかというと塩辛のこと。
ただの塩辛ではなく、人肉の塩辛をさします。

塩辛 —–Wikipedia—–

日本でも飛鳥時代の694年から710年にかけて
地方から税として送られた品物につけられた木製の荷札(木簡)に
フナの塩辛を意味する「鮒醢」と書かれたものがあり、これが日本における塩辛の文献的初出とあります。

醢という言葉を使っていた通り、フナの塩辛を食べる前は人肉を食べていたのかもしれません。

※貴族が人肉を食べて病気になったりしたり、色々トラブルがあったので慌てて中止にした。そんな感じがしてなりません。

だけどあまりにも美味しかったので、フナで代用し、塩辛のことを醢と言っていたと。
もしかしたら古代の日本でも人間を塩辛にして食べていたのでしょうか??

こちらのRaptブログにも人肉とヤジロウというイエズス会と深い関わりを持った人について書かれています。鹿児島県の下甑島では人肉食が近代まで行われていた様です。

イエズス会と真言密教と浄土真宗と人肉食信仰「クロ宗」の奇妙な接点。フランシスコ・ザビエルを日本に招いた「ヤジロウ」から分かる悪魔教の現実。

RAPT×読者対談〈第108弾〉世界はアーリア人(秦氏)とチュルク族(月派・出雲)の抗争の上に成り立っている。

皆さんはこの言論弾圧メールをどう思いますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です