無題 6/22

李家の悪事が次々とあからさまになり、滅びが進んでいるのを実感しております。安部晋三は日々失言やおかしい行動を繰り返し野党から失笑を買う始末。

安部晋三達が日本のゲッペルズと言われた世耕弘成、IT担当平井卓也大臣達で悪知恵を使って作り出したNSC(自民党ネットサポーターズ)ことネット工作員は殆ど機能しなくなり、反対勢力とされている山本太郎を中心とした肉球新党(生長の家)が懸命にツイートしている様です。

そんな彼らのツイートを見ても、安倍が悪い、差別はダメだ、原発がどうだ、上級国民がどうだとか・・と言う意見が多く、あまり読んでいても・・・と言う感じがしました。

おまけに山本は自分が自民党から誘われても構わないと言う失言をしでかしました。

山本太郎議員、誘われたら安倍内閣の財務相に? 自民と組む条件は…

Raptブログで山本太郎はフィクサー朝堂院大覚と関係がある事が暴かれてますね。

RAPT×読者対談〈第129弾〉日本は在日ヤクザに牛耳られている。(麻生太郎と朝堂院大覚と嵯峨天皇)

そんなフィクサー朝堂院大覚が絶賛していたのが、山本太郎、橋下徹。朝堂院と繋がっているのが、ベンジャミン・フルフォード、さゆふらっとまうんど、竹原信一、NHKを国民から守る党の立花隆志、幸福実現党の与国秀行(谷山秀行)、シリカシンターの伏見宮博明、元山口組の猫組長・・・

そんな中、安倍晋三が年金で失言し、過去に脱税をしていたことが露わになり、麻生太郎、堀江貴文が失言をする始末。その発言になぜか在日朝鮮人が批判していましたが、自分達の勢力・権勢が危なくなったので慌てて発言したのでしょうか?

肉球新党にしろ、のりこえねっとにせよ、背後には生長の家の鈴木邦男がいるとわかったし、その鈴木邦男も在日の可能性が高いです。

天皇家や安倍晋三や麻生太郎、小泉純一郎などをはじめとする政財界を含むイルミナティ達の殆どが在日朝鮮人一派。エンターテイメントも下らない茶番劇。

そんな中でも我々はどうあるべきかもっと考えていかないといけない時期に来ております。

勿論、働いている人は働かないとダメですし、税金も年金もしっかり収める。

心の中から悪い思いを完全に断ち切り、命がけで行っていかない限り絶対うまくいかないと思います。また、そうです・・。

偽善は存在するし、確かにそうなんですけども、もっと考えてやっていかないと足元を掬われます。気をつけないといけません。

こちらの記事もお読みになってください

RAPT有料記事383(2019年6月22日)自分ができないことを環境や状況、他人のせいにしてはいけない。どんな環境・状況に置かれても、最後まで主の御心を成す者だけが主から認められる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です