ウォーレン・バフェットは悪魔崇拝者(ペドフィリア=小児性愛者)でした

ウォーレンバフェット

投資の神様とされるウォーレンバフェットが悪魔崇拝者で小児性愛者だった証拠について書かせて頂きました。

参考リンク

What the devil has gotten into Omaha ‘wizard’ Warren Buffett?
悪魔はオマハの ‘魔法使い’ウォーレンバフェットに何をもたらしましたか?

上記より引用の上、Google翻訳で翻訳しました。

—————- 引用ここから —————-

小児性愛者および悪魔主義者

サロモンのスキャンダルが十分でなかったならば、バフェットは彼の故郷のネブラスカ州の小児性愛者のスキャンダルに関連しているという主張があります。 バフェットはミルウォーキーの連続殺人犯ジェフリーダーマーより彼のクローゼットの中により多くのスケルトンを持っているかもしれません。

情報筋と公表された報告書によると、バフェットは元共和党影響力のあるレーガンブッシュ選挙運動活動家ローレンス・E・キングJr.の政治的およびビジネス的経歴の初期のスポンサーの1人だった。 現在キングはオマハに本拠を置く連邦信用組合を詐欺したとして15年の連邦刑務所刑を宣告している。 とりわけ、イタリアの雑誌AvvenimentiおよびスペインのProntoは、共和党および民主党の両方の政治的および経済的エリートに奉仕する全国的な子供の売春リングを運営しているとしてKingを露出させた。 キングの作戦の子供の犠牲者は、数年前に子供を悪魔のような儀式で殺害した少なくとも1回の殺害に彼を起訴した。

キングの金銭の機械化はイランのコントラ事件を巻き込んだだけではなく、キングは彼の活動から集められた情報をCIAに提供したように見えます。

パーティー参加者としてはあまり知られていないバフェットは、自宅でキングと彼の妻のための結婚記念日のお祝いを主催しました。

—————- 引用ここまで —————-

機械翻訳したので所々意味不明なところがあります。

まとめますと、

・バフェットはネブラスカ州の小児性愛者のスキャンダルに関連している

・ミルウォーキーの連続殺人犯ジェフリー・ダーマーよりも多くのスケルトン(人骨)を持っている可能性がある

・バフェットは共和党のレーガン・ブッシュ(ブッシュの父)の選挙活動家であるローレンス・E・キングJrのスポンサーだった。

・19??年当時、キングは連邦刑務所刑に服していた。

・イタリアのAvvenimentiおよびスペインのProntoという雑誌が共和党および、民主党の政治、経済エリート=イルミナティに奉仕する全国的な子供の売春リングを運営しているとしてキングを告発した。

※Pronto=太陽ですか、太陽崇拝者が告発した可能性があります。

ローレンス・E・キングJrに子供を殺害された(悪魔崇拝犠牲者)親は、子供を悪魔の様な儀式で殺害したと彼を提訴した

・パーティー参加者として知られてないバフェットは、自宅でキングと彼の妻のための結婚記念日のお祝いを主催。

以上

古いデータの上に、英語を機械翻訳したという点、更に陰謀論扱いされているため、真偽が定かではない可能性もあります。

そうはいっても、ウォーレン・バフェットがやたら投資の神様として崇められるのもおかしいですね。

イルミナティ達はこういった儀式も行なっていました。

古代ケルトのドルメンも日本の神社も同じドルイド教の生け贄儀式の祭儀場でした。

上記リンクからロスチャイルドの仮装パーティー画像を抽出しましたが、何とも趣味が悪いです。

特に枚目の画像は子供に見立てたパン?                  (写真に撮るため人間を殺すのは流石に都合が悪かったのでしょうか?)

右の女性が被っているトナカイの頭は
人間を獣として扱うという現れなのでしょうか?
趣味の悪い人形、撮影時に子供を殺すのはまずいから人形にしたのでしょうか。
また、鹿の角ですね。

※鹿の角といえば、戦国武将で本多忠勝、真田幸村こと真田信繁の頭にかぶる甲冑に鹿の角が付いておりました。

彼らがイルミナティ=フリーメイソンで何らかの悪魔を拝んでいた可能性は大ですね。

ボヘミアン・グローブでの悪魔崇拝。目撃者の証言が見られる動画。

※上記Raptブログリンクより先のリンクがあったのですが、リンクが消えましたので、Raptブログのリンクを貼らせて頂きます。

—————- 引用ここから —————-

これらの「神々」は人間のエネルギーを食い物にします。低いところで振動している人間のエネルギーです。低い振動をする感情エネルギーは、いつも「恐怖」に基づいています。恐怖、ストレス、嫌悪、罪悪感、これら全ては低い振動をする感情です。

人間のエネルギーを食い物にするもう一つの手段は、人身御供です。そこでは犠牲者をおいて儀式を行い、犠牲者が最大限の恐怖を味わうように儀式をもりあげて作ります。すると極度の恐怖感による莫大なエネルギーが生まれ、生贄にされる瞬間にそれが爆発的に放出されます。

〜略〜

それからこれらの儀式では(人間の参加者の肉体レベルでの話ですが)犠牲者はあまりの恐怖を味わうので、特定のアドレナリンが血液中に出ます。普通の危険の時のアドレナリンではなく、恐怖の骨頂の時に出るアドレナリンです。それが生贄にされる瞬間、血液に入ります。そしてこれら病んだ連中は血を飲みます
そのアドレナリンのおかげでハイになれるのです。

この件を調べ、理解しはじめた頃に私が衝撃を受けたのは、そのスケールでした。驚くべきスケールなんです。
FBIなどの経歴を持つ人たちが、米国でもやはり調査していましたが、うち一人はこう言いました。

悪魔崇拝のスケールはバカでかいので、そこそこに広い友好関係・人脈がある人なら、この種のことに関わっている悪魔崇拝者を一人は知っていると。常に子供の生贄というわけではなくても、動物の生贄とか、そういうのですね。

—————- 引用ここまで —————-

つまり、彼らイルミナティは人が味わう恐怖心を利用してのし上がって来た。殺した人の恐怖心までも自分の魂に取り込んで来た。どこまでも性根が腐った連中でした。

更に悪魔崇拝者=イルミナティはこんな事もやっておりました。善の象徴というイメージを持たれている国連ですが、真っ黒けです。

*国連については後日記事として上げます。

国連がついに悪魔崇拝儀式のかどでイギリスに警告。世界中の悪魔崇拝者が追い詰められる事態に。

—————- 引用ここから —————-

この世界には、イギリスとバチカンとアメリカを中心とした悪魔崇拝のネットワークが形成されています。それを私たちは一般にイルミナティと呼んでいますが、このイルミナティは18世紀にロスチャイルドがアダム・ヴァイスハウプトに命じて結成させた組織です。

※日本も悪魔崇拝のネットワークがあります。その説明については後日。

しかし、悪魔崇拝の歴史はこれよりもずっと古いものです。古代エジプトにおいてもマヤ・アステカ文明においても、人間を生贄として捧げる儀式が盛んに行われていたことは現在では既に明白な事実となっています。

悪魔崇拝では幼い子供の命が生贄として捧げられます。悪魔崇拝者たちは、幼い子供の肉を食べ、血を飲むことで、霊的な力を得られると信じているのです。恐らくその儀式を執り行うことで、実際にそのような力を体験してきたのでしょう。そのため、ジャンキーが麻薬を打つように、幼児の肉と血の中毒になり、貪るように飲食してきたのだと思います。

このような悪辣な儀式を維持するためには、当然、多くの子供たちを誘拐しなければならず、彼らは世界中に誘拐のネットワークを張り巡らせてきました。そのネットワークの中心がアメリカのCIAです。

CIAが世界の麻薬取引を牛耳ってきたことは有名な話ですが、彼らは麻薬だけではなくポルノの氾濫や幼児誘拐、人身売買にも深く携わってきました。その証拠や証言は既に幾つも出てきていますが、アメリカ政府はこれを全て握りつぶしてきました。

しかしながら、麻薬取引と人身売買とが同じルートで行われてきたことは、過去の様々なニュースで既に明らかになっています。例えば、昨年の2103年10月には以下のようなニュースが報じられました。

※2103年→2013年

—————- 引用ここまで —————-

ウォーレン・バフェットについては以下を参照ください

https://ja.wikipedia.org/wiki/ウォーレン・バフェット

一見、良いことを発言している様ですが、所詮金持ちの戯言。しかも”絶対に損しないこと“という格言を残してます。という事は絶対に損しない方法を知っている=つまりインサイダーで儲けているのでしょう。更にしれっと取締役の高額報酬を問題視していますね。

ウォーレンバフェット自身が金持ちなのに。

確かに取締役の高額報酬は問題ではあります。悪人はこうやって庶民達が食い合う様に誘導していくのですね。しかしながら彼らの滅びは間も無くです。

結論、ウォーレン・バフェットは悪魔崇拝者(ペドフィリア=小児性愛者)

悪人達に裁きが下る事を心から祈ります。

こちらのRaptブログ記事も是非ご覧ください。

世界を支配しているのはイエズス会 (イルミナティ) であり、イエズス会のトップは天皇です。

天皇家が悪魔崇拝に関わっているとしか思えない幾つかの理由。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です