部落差別の背後に蠢く悪の巨魁麻生太郎。部落問題は李家・生長の家・百済人=ユダヤ人が作り出した逆差別だった。Part1

おはようございます。今日は麻生太郎について書かせていただきます。

ラプト理論で解明された通り、麻生太郎は数々の悪事を行って来ました。

麻生太郎に関する報道を見ている通り、彼は暴言・失言を繰り返し批判。挙げ句の果てに弱り切り痴呆が始まっているとすら言われています。

そうは言っても麻生太郎は財務大臣の座に居座っています。

今日は選挙の日ですね。どの党が躍進、政権を奪取するかが見ものではありますが、どの党が躍進し政権を奪取しても麻生太郎が入り込んでくることは間違いなさそうです。(ただ、ボケていなければの話ですが)

裏営業問題で、雨上がり決死隊の宮迫博之とロンドンブーツ1号2号の田村亮が謝罪会見をしましたね。

涙を流していたくらいですから本当に謝っているかもしれませんね。(あくまで推測です。)

しかしですね、カラテカの入江が闇営業をしていた等の暴露はしばらく続くのではないでしょうか?

また、吉本興業はギャラが物凄く安いと言われており、給与明細を紹介している人もいます。

キートンというお笑い芸人のギャラはたった50円。源泉徴収惹かれて45円。

吉本興業だけでなく芸能界全体がヤクザ=ネトウヨなんですがね。

過去にはバーニングやジャニーズの不祥事が騒がれましたが、もみ消されました。

しかしながら、ジャニーズについても悪事が露わになって来ています。

(ジャニーズの不祥事)

これについてはまた後日まとめたのをアップいたします。

話を吉本興業に戻します。吉本興業の宮迫について各著名人が次々とコメントをしていますが、そのほとんどが擁護するコメントでした。

ZOZOTOWN創業者であり生長の家の前澤友作

母親が在日のダルビッシュ有

百済族=ユダヤ人末裔の本田圭佑

トロサーモン久保田

https://twitter.com/kubotakazunobu/status/1152155923646836736

生長の家と関係の深い竹田恒泰

またこんな嘘泣きで関心を集める手法も

ハリセンボンの近藤春菜(彼女は警察官僚を父に持ち、ガールスカウトの経験があります。明らかにフリーメイソンです)

しかも契約書がないから、反社会勢力と関わったことが無効だとも言いたいのでしょうかね?

本田圭佑はサッカーで一躍スターダムにのし上がりましたね。しかも彼は数年程度Jリーグに所属した後、いきなりプレミアリーグに移籍。数年程度活躍した後引退。その後は実業家として活躍しています。彼の肩書きを見てみると非常に華やかです。

本田圭佑は今年で33歳ですが、これほどまでに活躍できるのはおかしいとすら思っています。本田が嫌いとかいうのではないですけど、私は以前こんなことをツイートしました。

2カ月後くらいに工作員らしきアカウントからイチャモンを付けられ、あっという間にツイートを削除せざるを得ない状況に陥ったのです。

もちろん、私にも軽率な点はありましたが、工作員が目をひん剥いて牙を剝くなんて異常だと思いました。

私にイチャモンを付けて来た連中は大学教授を始め、そのほとんどが左翼の生長の家関係者。(現に生長の家を疑うと、次から次へとツイートを消していきました)あとは、のりこえねっとや山本太郎に騙されている人たちなのでしょう。

彼らは一貫して安倍反対であり、反原発、LGBT賛成であることに特徴がありますし、科学的根拠のないトンデモ発言だったり感情的な発言を繰り返します。(しかしその中に一部科学的根拠のあるとされる医療関係者も紛れ込んでいますが)

また、彼らは在日朝鮮人を擁護し、在日利権は無いと強弁したり、アイヌ人を擁護し、アイヌ利権は無いと強弁します。

それを否定し、わかってもらえないとなると数で掛かってきます。

しかし、ラプト理論を理解できない時点で頭がおかしいとしか言いようがありません。

何でかと申しますとのりこえねっとはカルト宗教生長の家の鈴木邦男が関わっているからです。

生長の家の鈴木邦男

鈴木邦男についてはKawataのブログで解明されていますから、以下のリンクをご覧ください。

カルト宗教団体「生長の家」は「凶悪犯罪」・「詐欺」の巣窟です。

【地下鉄サリン事件の真相】オウム真理教を操っていたのは、生長の家と天皇家だった!!

「ZOZOTOWN・前澤友作」は、「天皇家・生長の家」と、ズブズブの関係です。

日本会議=生長の家」と黒い人脈。全ての悪は「生長の家」に通ずる。

鈴木邦男は数々の著名人と写真を撮って、ブログに上げていますが右翼・左翼を問いません。(こうやって取り込んでいるのでしょうね)

話を本田圭佑に戻します、まとめますと(私がツイートした内容については太字)

1:本田圭佑は摂津市の同和部落の出身である(摂津市鳥飼野々という地域は同和地域があったらしい)

2:摂津市の前市長は井上一成で、同和利権に関わっている可能性がある。

3:本田圭佑の大叔父本田大三郎氏は、熊本県八代市坂本村の出身。近くに百済来村という村がある。その百済来村は日羅という役人の出身地で、彼は百済王国(現在の韓国)に渡り活躍した。だから本田圭佑は百済族の末裔の可能性がある。

参考リンク:日羅の故郷、百済来(久多良木)に伺いました。

4:本田圭佑は在日朝鮮人の安英学(アンヨンハ)を兄貴と慕っている。(これも本田圭祐が百済となんらかの関係があったのでは無いかと思われる)

さらに本田圭佑は朝鮮学校をサプライズ訪問。(やはり本田圭佑は朝鮮人をとても大事にしている。百済人の末裔だからだろうか?)

5:本田圭佑は以前左目の病気にかかった(バセドウ病)ことがあったが、イルミナティの儀式をした可能性がある。

6:本田圭佑はロスチャイルドと仕事をしており、日本銀行を批判している。

しかも、ユダヤ・ロスチャイルドと発言。彼もまた百済人=ユダヤ人の末裔なのでしょう。

さらに本田圭佑は反社会勢力で営業をしていた吉本興業の宮迫博之を擁護する発言。しかも、大麻関連企業に投資し、トヨタとも繋がっているとか。大麻=トヨタ=天皇家ですね。

本田圭佑は大麻関連企業に投資しているとか

7:摂津市前市長の井上一成は裏千家の千玄室と交友があった

左:千玄室
中央:フン・セン首相(カンボジア)
右:井上一成 前摂津市長

8:千玄室は日本馬術協会役員で、馬術をやっている。馬術は同和・部落と関わりがある。参考リンク 部落問題の歴史的展開 吉田徳夫(著)

9:麻生太郎の妹は相馬義胤の妻であり、相馬義胤は馬の事業を営んでいる。馬といえばJRAで、JRAは同和とも関わりがある。(JRAの表彰でも登場したことがある)

参考リンク:相馬家33代目当主「相馬家の競走馬づくりを内助の功で支えた麻生財務相の妹」

麻生太郎財務大臣は度々公営競馬JRAの表彰式に登場している
JRAは同和との接点がかなりあるとのこと。

———————— 引用ここから ————————

また、同和対策事業の全盛期の頃なので、かなり昔のことになってしまうが、日本中央競馬会(JRA)の元関係者がこんな話をしてくれた。

「JRAは同和との接点がかなりありました。例えば死んだ競走馬の処理をする業者というのは、やはり被差別部落の方が多かったです。それから、競馬場建設のために被差別部落の用地を買収することもありました。また、競走馬の世話をする従業員にも同和地区の方が多くおられましたね。当時は身元調査が当たり前の時代でしたが、こういう事をするのはよくないということで、JRAは比較的早く止めていたのです」

実際、九州でも最大級の部落である北方地区の傍らにある小倉競馬場は、昭和5年に北方地区の小作人により耕されていた農地を潰して整備されたものである。それゆえ、小倉競馬場の従業員は北方地区の住民が多い。それだけでなく、滋賀県栗東市にあるJRAのトレーニングセンターでも、このような歴史的な経緯から競走馬の扱いに長けた北方出身者が数多く働いているという。

そのためか、解放同盟の力が強かった時代には、労働争議に解放同盟の関係者が出てくることがあったという。

「無茶な要求をされることもありましたが、JRAは大きな組織ですから、ちょっとした事でも全国に影響が出てしまうので、簡単に要求を飲むことはできませんでした。そんな時、私は当時の解放同盟中央本部の幹部と幼なじみだったので、その人の名前を出したら、途端に相手の態度ががらりと変わりましたね。あれは非常に有効でした。しかし、そのことで私自身も同和関係者ではないかと疑われたのですが、さすがにそれは否定しましたよ」

そういうわけで、解放同盟関係者との付き合いもあったのだが、同和対策全盛期らしいこんなエピソードもあったという。

「ある時、付き合いのあった同和の人間の家に招かれて、一緒に酒を飲んでいたのです。その時、自分はこの家の他にもう1軒家を持っていて、それは同和住宅で今は他人に貸していると自慢するんですよ。つまり、税金で建てた同和対策の公営住宅を必要もないのに借りて、また貸しして儲けているわけですな。それで私が、「そんなことをしているモンの酒は飲めん」と言って席を立ったら、驚かれましたよ。逆にそのことがきっかけで、彼らから一目置かれるようになりました」

ちなみに、東京で勤務していた頃、部落解放同盟の創立者である故・松本治一郎じいちろう参議院議員から、JRAへの裏口採用を依頼されたこともあったが、やはり断ったそうだ。

———————— 引用ここまで ————————

10:相馬家の家紋は馬で、桓武平氏の家系。相馬野馬追という流鏑馬を代々行っている。(流鏑馬はギャンブルの要素を持っていた。流鏑馬は群馬笠懸から来ており、笹川良一の次男笹川堯の地盤。)

相馬家の家紋は繋ぎ馬
相馬家が代々行っている相馬野馬追
馬に乗って離れたところに矢を射る笠懸という行事
笹川良一の息子笹川堯の地盤は群馬2区で、
笠懸(みどり市)を地盤にしている。
みどり市には桐生競艇がある。

11:さらに相馬家をたどっていくと堤一族にもつながる。堤一族は数々の悪事を行なっていた。

参考リンク:福島原発敷地は堤一族の土地だった(日刊ゲンダイ)

12:堤康次郎は関東大震災のドサクサに紛れて土地を強奪してのし上がった。

関東大震災で土地を強奪しまくって
自分の土地にした
西武グループの堤康次郎

関東大震災の直後、一家全滅したようなところの焼け跡に、片っ端から「堤康次郎所有地」と書いた棒杭をたてた。

そういえば、関東大震災の頃、こんなことがありましたね。これって堤康次郎の悪事を隠蔽する為だったのかもしれません。

大正時代に朝鮮人大虐殺があったそうですが、罪のない朝鮮人の庶民を殺し、堤康次郎の様な悪党の悪事を隠蔽したと。

———————— 引用ここから ————————

関東大震災朝鮮人虐殺事件 (かんとうだいしんさいちょうせんじんぎゃくさつじけん) は、大正12年(1923年)の関東大地震によって生じた関東大震災の混乱の中で、官憲や民間の自警団などにより多数の朝鮮系日本人および朝鮮人と誤認された人々が殺害された事件である。犠牲者の正確な数は不明だが、震災全体の犠牲者の1~数パーセントが殺害によるものと推定されている(すなわち、一千~数千人)。

———————— 引用ここまで ————————

将来、朝鮮人が日本人を恨む様になるから一石二鳥と考えたのでしょう。

参考:「西武帝国を一代で築いた豪傑」堤康次郎の生涯

*西武ライオンズの前オーナー堤義明は元プロ野球選手であり覚せい剤騒ぎを起こした収監された清原和博の若い頃に限度額無制限カードを与えて、好き勝手に使わせるくらい溺愛した。(堤義明は堤康次郎の内縁の妻の子供)

左:清原和博(西武ライオンズ時代)
右:堤義明オーナー
清原和博じゃルーキー時代から
限度額無制限のクレジットカードを渡され、贅沢をしていた。

*1 さらに西武ライオンズ後援会会長を李家の福田赳夫が務めていた。リンク

*2 福田赳夫が李家の理由:【安倍晋三は李家】日本を支配する在日の正体「李家」。憲法改正は李家復権のため!!

13:千玄室はピースフルネスを提唱しており、生長の家と係わりの深いブラジルのニッケイ新聞にも記事が載っている。(千玄室は生長の家の可能性があります)

参考リンク:茶道裏千家=中南米布教60周年茶会=千玄室前家元迎え盛大に

14:千玄室と同じ馬術仲間にIOC委員の竹田恒和がいる(竹田恒和の息子は竹田恒泰)

*竹田恒和の息子竹田恒泰は生長の家教祖の谷口雅宣とそっくりでした。

15:千玄室と親しい井上一成は生長の家信者中曽根康弘とも親しかった(井上一成は生長の家の可能性があります)

左:中曽根康弘元総理大臣
中:ミッテラン
右:井上一成

李家の福田赳夫も中曽根康弘も生長の家谷口雅春が著した”生命の実相”を推薦。

生命の実相を読んで感銘を受けた著名人に
福田赳夫と中曽根康弘の名前

16:千玄室は京都サンガFCの取締役で、名誉会長には生長の家の稲盛和夫。

京都サンガFCの名誉会長は京セラ稲盛和夫(生長の家)
取締役に裏千家の千玄室

17:本田圭佑はサッカー選手でサッカー=サンカの血も入っている可能性がある。

18:ダルビッシュ有はイラン人を父親に持ち、母親は羽曳野市出身在日朝鮮人で部落出身の可能性がある。セフィット・郁代は子供食堂ビジネスをやっている。子ども食堂は生長の家。

ダルビッシュ有の母セフィット郁代氏についての記事リンク:多文化共生社会をつくりましょう!(大阪市の人権サイト)

19:京都サンガFCの顧問には京都市長の門川大作。門川大作は京アニ放火事件で失言。

20:京アニ事件は安倍晋三夫妻が訴えられた加計学園融資事件の隠ぺいに使われた疑惑がある。

21:17についてツイートしたところ、のりこえねっと関係者=生長の家工作員からイチャモンを付けられ、ツイッター社から削除命令を出された。

21:井上一成はイラク前大統領で死んだとされるサダム・フセインと交友があった。

左:井上一成
右:サダム・フセイン

22:イラクがイラン・イラク戦争中の1985年3月17日に報道機関を追い出した時、報道機関関係者を乗せたパイロットがJAL123便のパイロット高濱正巳氏だった。

———————— 引用ここから ————————

両国の犠牲者は100万人程度と推定され、経済的な被害も大きい。
一説では、この戦争を通じてイラクがクウェートに対して抱え込んだ負債を帳消しにすることが、湾岸戦争へ発展する、イラクによるクウェート侵攻の目的のひとつであったとされる。
日本との関連
在留邦人脱出
なかなか終わらない戦争に対し、日本では両国の名前をもじって「イライラ戦争」と呼ばれた。両国の都市爆撃の応酬が続く最中の1985年3月17日、48時間の猶予期限以降にイラン上空を飛ぶ航空機は、無差別に攻撃するとサッダーム・フセイン大統領が突如宣言した。
この宣言後、イランに住む日本人以外の外国人はおのおの自らの国の航空会社や軍の輸送機によって順次イランから脱出していった。ところが、日本においてはそうではなかった。ただちに日本航空にチャーター便の派遣を依頼したのだが、同社のパイロットと客室乗務員が組織する労働組合は、組合員の安全が保障されないことを理由にいずれもこの要請を拒絶した。その間、在イラン日本大使館では手を尽くして救援機を派遣した各国と交渉したものの、いずれの国家も自国民救出に手一杯であり、希望者全てを乗せてもらうことは到底かなわず、いまだ200名を超えるイラン在外日本人が全く脱出方法が見つからずに、生命の危機に瀕する状況にあった。(同年8月12日の日本航空123便墜落事故で亡くなった海上自衛隊出身の高濱雅巳機長は、真っ先に救援便の運行乗務員に志願していたと言われている。)
なお当時の自衛隊法は、自衛隊の外国における活動を人道目的を含めて想定しておらず、また、イランまでノンストップで飛行できる航空機が配備されていなかったため、自衛隊を派遣するのは事実上不可能だったが、2016年現在では、このような事態が発生した場合には外務省が在外公館を通じて相手国の許可を得たうえで、航空自衛隊の日本国政府専用機や海上自衛隊の護衛艦による在外日本人救出を行うことになっている。
また、陸上自衛隊も「在外邦人輸送訓練」を毎年行っている他、海上保安庁も必要に応じて巡視船艇・保安官を派遣することになっている。

———————— 引用ここまで ————————

24:JAL123便といえば、松下トロンOS開発者や罪のない庶民を殺した事件で、生長の家関係者も関わった事件で撃墜事件の可能性がある。(中曽根康弘、稲盛和夫、ビル・ゲイツ)

*JAL123便についてはRaptブログとKAWATAのブログのリンクを貼っておきます。ぜひご覧ください。

JAL123便墜落事故の真相。すべては「天皇派」と「教皇派」との戦いに原因がありました。

グリコ森永事件とJAL123便墜落事故との奇妙な関連性。グリコ森永事件の真の黒幕は誰か。

JAL123便墜落事故で死亡した520人は、出雲族の神「国常立尊」を蘇らせるために殺害された可能性大。

JAL123便の墜落現場の地下に世界最大級の発電所が作られているという現実。まさに悪魔崇拝と核兵器開発の拠点でしょう

「JAL123便墜落事故」の真相を闇に葬り、暴利をむさぼった犯人は「生長の家」です。

25:JAL123をきっかけにブレイクし大儲けしたのがWindows創業者のビル・ゲイツ。マイクロソフトのオーナーを笹川良一が務めていたこともあった。

参考リンク:マイクロソフトと日本のドンだった笹川良一

26:24については吉本芸人も関わっており、明石家さんまは間一髪で助かった(JAL123を事前に知っていた可能性もあります)娘の名前IMALUはここからとったと言われています。

27:明石家さんまはペルシャ人=ソグド人の末裔西沢裕子と関わりがある。

———————— 引用ここから ————————
毎日放送
1978年、毎日放送が大阪で制作していた『妻そして女シリーズ』のドラマで『母の償い』(原作 関幸輔、脚本西沢裕子、岡田茉莉子+加茂さくら+吉沢京子主演)の第一回に酒屋の店員役で出演したのが、ドラマ初出演であるが、『ヤングおー!おー!』ではすでにアイドル的な人気を獲得していた。駆け落ち事件後、最初に拾ってくれたのが毎日放送であったことから、現在に至るまでテレビ・ラジオ共に1本のレギュラーを格安のギャラで続けている。
———————— 引用ここまで ————————

28:明石家さんまの元妻は大竹しのぶで彼女の前夫は服部晴治。彼はがんで死亡したとのこと。服部という名前は忍者の末裔。しのぶという名前から忍者と関係がある可能性があります。

大竹しのぶの元夫の服部晴治は
ガンで死んだ=殺された可能性がある

29:忍者といえば、東出融。

30:東出融のルーツである滋賀県東出村(現在の愛荘町)の近くには同和地域がある。さらに愛荘町は関東大震災で土地を強奪しまくった堤康次郎の出身。

続きはPart2ををご覧ください。

関連記事(Raptブログ)

なぜユダヤ人は全世界で差別されながらも、一部では好待遇を受けているのか。「天皇派」と「教皇派」によるユダヤ人獲得競争のなれの果て。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です