李家の末裔安倍晋三総理大臣と李家の仲間たち

日本をボロボロにしてきた安倍晋三総理大臣。これまでの悪事が次々とばれて窮地には陥ってますが、未だにしぶとく日本をボロボロにする政策を打ち続けてます。

Rapt理論で判明した通り、安倍晋三は奥州安倍氏安倍定任の末裔で、朝鮮とも血が繋がっています。

安倍晋三の先祖はロスチャイルドの手先であり、麻生太郎の先祖はロスチャイルドそのものである可能性大。実は小沢一郎も……?

そうは言っても彼らは本当にしぶとい。安倍晋三や麻生太郎の顔が崩れてきているのがわかりますが。

では、何故彼らは日本国民を苦しめるのでしょうか?

もちろん、イルミナティの中枢ということもあるし、政治家という立場もあるでしょう。

ですが、本当にそうでしょうか??

安倍晋三に関するツイートを見て見る通り、決してそうでは無いと断言できます。

彼らは悪魔崇拝者です。

何故なら、占い師を重用したり、妻にスピリチュアル部門を担当させたり。

一般の人ならこう思うでしょう。

日本は景気がいいし、政治家がスピリチュアル位ちょっとやったっていいじゃんと。そんなことはありません。

当たりもしないスピリチュアルは確実に悪魔を拝んでいるし、殆どが詐欺みたいなもの。仮に本気で信じたとしても本物の神様に勝てるわけはないです。

確かにこんなことをやってますからね。

国土交通省のサイトに占い師を入れる位。しかも全州李家の末裔、李家幽竹。

参考リンク:風水で見た都市のあり方

ここまで来ると非常に分かりやすいですね。

有名開運占い師の李家幽竹は国土交通省でアドバイザーをしていた。なんでこんな人が政界に近づく事ができるのか?

そう、彼女も全州李家の末裔でした。

そして安倍晋三も…李家の末裔と言う事がRapt理論を基にしてkawataさんが解き明かしましたね。

【安倍晋三は李家】日本を支配する在日の正体「李家」。憲法改正は李家復権のため!!

李家の末裔安倍晋三に重用されている風水師の李家幽竹は全州李家の末裔で、一子相伝の奥義を口伝で伝えられた。と。

つまり、李家はドルイド教とも関わっていた訳です。

ドルイド教については以下のRaptブログに詳しく書かれています。

RAPT×読者対談〈第41弾〉古代から現代まで世界を支配してきたのは古代ケルトのドルイド僧である。

彼らは自分達の利益を独占したいが為に一子相伝=口伝=文書に残さない方法で繁栄してきたのです。

ドルイド教は口伝で文書に残しませんでしたね。

———————–転載ここから———————–

ドルイド(Druid)は、ケルト人社会における祭司のこと。日本語ではドゥルイドとも表記する。女性形はドルイダス(Druidas)。

アングルシー島でのローマ兵によるドルイド殺害
ドルイドは宗教的指導のほか、政治的指導、公私の争い事の調停と、ケルト社会に重要な役割を果たしていたとされる。
カエサルの『ガリア戦記』 (紀元前58年~51年) によれば、ドルイドの社会的影響力はかなり大きかったようである。争い事の調停あるいは裁決をし、必要があれば当事者に賠償や罰金を課した。ドルイドの裁決を不服とした者は、社会的地位や信用を失った。このほか、ドルイドは兵役や納税を免除される特権的地位にあった。
ドルイドの宗教上の特徴の一つは、森や木々との関係である。プリニウスの『博物誌』によると、ドルイドが珍重したのはヤドリギの中でもロブル(オーク)に寄生した物だけで、彼らはオークの森を聖なる地とした。彼らはヤドリギを飲み物にするとどんな動物も多産となり、あらゆる毒の解毒剤になると信じた[1][2]。
近代になって発掘された古代ガリアの奉納物には、オークで作られた物が多い。また、ドルイドが四葉のクローバーなどの希少な植物を崇拝していたということが伝えられている。なお、神木の概念自体はケルト人に留まらず世界中に存在する。
比較宗教学においてドルイドは、古代ローマのフラミネス(英語版)や古代インドのブラフマンと関連付けられている[3]。

古典文献の取扱い[編集]
ケルト社会は本来無文字文化であったが、他文明との交流によって文字を獲得した。ガリアのケルト人はラテン文字とギリシア文字を使用していた。またブリタンニアにおいて、ローマ帝国の入植以前にパピルスを輸入した記録があり、ケルト知識層が文字を書き記していたことが伺える。アイルランドのケルトはガリアやブリタンニアには遅れるものの、4世紀末にオガム文字を使用していたと思われる。ドルイドはケルト社会における知識層なので、当然識字能力があった。
しかし教義について、ドルイドは文字で記録せず口伝伝承を行った。そのため、ドルイドについての記録はケルトと文化を共有しないギリシアやローマ帝国、修道士たちの「外からの目」によるものしか残されていない。歴史の一部としてドルイドを扱う場合、こうした文献の記述を無批判に受け入れることはできない。

〜略〜
人身御供の儀式
複数の古典文献において、ドルイドが人身御供の儀式に関わっていたことが記されている。しかしドルイドが自身の教義を残さなかった以上、人身御供の儀式を裏付ける考古学的な根拠を発見するのは困難となる。一見当時の生贄と思われる遺体が発見されてもそれが本当に生贄なのか罪人への処罰だったのか判断するのは難しい。さらにいえば罪人の処罰を生贄の儀式に利用した可能性や、戦死などの理由で死亡した遺体を宗教的儀式に利用した可能性もある。
イギリスで発見された湿地遺体であるリンドウマン(英語版)は、人身御供の犠牲者であるとする見方がある。「彼」は健康状態がよく、爪が整っており高い身分の人間だったと推測されている。リンドウマンの腸にはヤドリギの花粉が残されており[25]、これはプリニウスが記したヤドリギを珍重し薬として用いるドルイド像を連想させる。しかし彼がドルイドによる人身御供の儀式の犠牲者、あるいは自ら望んで生贄となったドルイドそのものであったとしても、ガリアで同様の儀式が行われていたかどうかは断定できない。

グンデストルップの大釜の内側のプレート Eでは巨大な人型に捕まえられた人間が大釜に浸されようとしており、 これがケルトの人身御供の儀式を示していると捉える見解がある。しかしこれについては三重の死(英語版)の一部を指していると見る向きもあり、またそもそも大釜自体がトラキア起源であり、プレートに示されているのはケルトの儀式ではないとする説も有力である。

———————–転載ここまで———————–

また、ドルイド教徒は残酷な儀式をしていました。

ウィッカーマンと言う大きな人形を作り、人間の生け贄を縛りつけて燃やす。

(よくこんな儀式を平気で絵にできたなと、怖いですね。この絵の作者は誰か調べて見ますが、想像だったとしても嫌です。)

apple bobbing。大釜に水を入れ100℃以上に熱し、奴隷に成功したら解放してやると言ってリンゴを口で加えさせる。→無事に帰還した人はいないとか。

(ただ、ウィッカーマンとかapple bobbingの様な残酷な儀式はやっていたかまでは確認できませんでした)

また李家幽竹のプロフィールに書かれていた一子相伝についても、内容的にはドルイド教の要素が入っています。

———————–転載ここから———————–

一子相伝(いっしそうでん)とは、学問や技芸などの師が、その奥義、秘法、本質を自分の子どもの中のひとりにだけ伝えて、他の者には秘密にすること。[1]。類語に、特別な技術などが一つの家に代々伝わっていることを示す「一家相伝」(いっかそうでん)がある[2]。

———————–転載ここから———————–

口伝(くでん)とは、
情報伝達方法の一つで、口頭で伝えること。くちづたえ。また、伝える行為や伝えられる事柄そのものを指す。同義語に口承、伝説、伝承。
1から転じて、伝統芸能や古武道などの芸道において、師匠が弟子に流派の奥義や秘伝を口伝えに教授すること。また、そうして授受される奥義や秘伝のこと。流派の重要事項や秘匿事項が必要以上に外部に知られるのを避けるために行われる。同義語に口訣(くけつ、こうけつ)、口授(くじゅ、こうじゅ)があるが、現代ではあまり使われない。
2から転じて、奥義や秘伝を記した書物。口伝書、伝書とも。いわゆる秘伝の書。継承内容の正確性などが向上する反面、外部への情報漏洩の危険性は高まる。時代小説や時代劇などでは、こうした書物を巡る事件を描いた作品がしばしば見られる。

———————–転載ここまで———————–

———————–転載ここから———————–

口承文学(こうしょうぶんがく)とは、文字によらず、口頭のみで後世に伝えられる形態(口承)の文学である。文字を持たない民族に伝わった物語、あるいは、宗教的呪術的な理由などにより、文字(書物等)として伝えられなかった物語などである。口承文芸などともいう。
口伝であるため、物語は固定されることがなく、途中で新しいエピソードが挿入されたり、話の筋が変わったりすることもままある。また、その物語の伝承者が絶えると同時に、物語そのものも辿ることができなくなってしまうのも特徴の一つである。民俗学などの分野では、これらの文字を持たない民族の物語も研究対象にしており、貴重な民俗資料となっている。研究のために文字で書き留めたものが出版されているため、現代では、口承文学の全てが口承でしか伝わっていないとは言い切れない。

———————–転載ここまで———————–

———————–転載ここから———————–

口承文学(こうしょうぶんがく)とは、文字によらず、口頭のみで後世に伝えられる形態(口承)の文学である。文字を持たない民族に伝わった物語、あるいは、宗教的呪術的な理由などにより、文字(書物等)として伝えられなかった物語などである。口承文芸などともいう。
口伝であるため、物語は固定されることがなく、途中で新しいエピソードが挿入されたり、話の筋が変わったりすることもままある。また、その物語の伝承者が絶えると同時に、物語そのものも辿ることができなくなってしまうのも特徴の一つである。民俗学などの分野では、これらの文字を持たない民族の物語も研究対象にしており、貴重な民俗資料となっている。研究のために文字で書き留めたものが出版されているため、現代では、口承文学の全てが口承でしか伝わっていないとは言い切れない。

———————–転載ここまで———————–

彼らは文章に一切残さないで口で伝えていく事によって秘密を守ろうとしたのでしょう。

また仏教徒も口伝している様です。

———————–転載ここから———————–

口伝鈔(くでんしょう)とは、浄土真宗本願寺第3代覚如の著作で1331年(元弘元年)に記された。
覚如が、親鸞の孫にあたる如信より口授された教義を記したことから、この名が付けられた。上中下の三巻からなる。

———————–転載ここまで———————–

また、イルミナティの重鎮である彼もドルイド教でした。

そう、あらえびすの東出融。

東出融がドルイド教に影響を受けたという事については下記のRaptブログを参照ください。

RAPT×読者対談〈第75弾〉あらえびす・東出融の正体(1)

現在Twitter上でRapt信者を装った工作員が暴れています。少なくとも彼らのイヤな波長を受けてしまったのも明らかに彼らの仕業でしょう。

また、李家の一族はドルイド教の連中を上手く使ってのし上がってきたのでしょうか?風水、占卜、陰陽思想などなど。

李家の所は詳細に調べないとわからないところが多いです。私も三国志や水滸伝という小説を読む程度の中国史好きですが、古代中国になるとわからない点が多いです。もっと調べていかないといけません。

ともかく、安部晋三政権が政治の中枢に占い師を入れている事に触れてない人が不思議でなりません。

(安倍昭恵がスピリチュアルをやっている事については叩くのに)

もう少し調べていきたいと思います。

以下のRaptブログ記事もお読みください。

人工言語エスペラントは悪魔崇拝者たちの共通言語である。

RAPT×読者対談〈第84弾〉自己啓発もスピリチャル系も悪魔崇拝。

RAPT×読者対談〈第83弾〉アーシング、イヤシロチ、ヨガ……。余りに巨大な悪魔崇拝への入り口。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です