朝堂院大覚

未分類

「NHKをぶっ壊すテレビ」を買うと、個人情報が「中国共産党」に抜き取られます。

皆さん、お久しぶりです。すっかり暖かくなり、夏の足音も聞こえてきました。今年の春は花粉症が結構激しかった記憶がありますが、いつの間にか無くなっていました。しかし、花粉症は存在しない病気ですので、岸田文雄政権が「ケムトレイル」を散布していたの...
こびナビ

こびナビの背後に中国共産党の影(暗躍する五毛党)

こんばんは、しばらくぶりにアップいたします。先日、こんなことがありました。なんでも手を洗うTakaこと木下喬弘医師を騙った爆破予告事件があったとのことです。木下喬弘の名前を騙り爆破事件を予告、これをツイートしたアカウントはすぐに消されました...

証 Vol.4 コロナ禍が中国共産党によってつくられたインチキ話だと教えてくれたのがRapt理論でした。

こんにちは、6月末から衝撃的と言っていいほどの暑さが続いています。そんな中でも我々日本人はマスクを取ることはありません。連日の猛暑日にも関わらず、マスクを取らない人たち①(2022年7月2日新宿駅 15:40頃)連日の猛暑日にも関わらず、マ...
中国共産党

種子法を主張している一派も中国共産党員の可能性大

こんにちは、今日は二回目の記事を書かせて頂きます。Rapt氏によって中国共産党が核だと暴かれてから、連中の悪あがきが加速こそしているものの、すぐに暴かれてしまい、彼等の悪事は単なる子供のいたずらレベルにまで落ち込んでいますね。今日も色々調べ...
z李

どこからどうみても朝堂院大覚(松浦良右)に繋がる件(3)z李とだいわりゅう(藤尾諭史)の例 Part2

前回の続きです。Z李について調べると、色々なことがわかってきました。z李が加藤秀視を称賛しているような発言をしていたことがわかったのですが、この加藤秀視という人物が結構怪しい人物でした。加藤秀視(坂本雅明)加藤 秀視(かとう しゅうし、本名...
z李

どこからどうみても朝堂院大覚(松浦良右)に繋がる件(3)z李の例 Part1

新年、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。昨年はコロナワクチン接種が開始され、数多くの方が接種したと思われます。その後副作用等々で悩まれている方も多数出ているようです。そんな中でもコロナワクチンを打たなかった方も...
朝堂院大覚

どこからどうみても朝堂院大覚(松浦良右)に繋がる件(2)後藤輝樹の例

後藤輝樹という人が気になったので、彼についても調べてみると、ある大物に繋がってくることがわかりました。後藤輝樹とはどういう人物なのか調べてみました。後藤 輝樹(ごとう てるき、1982年〈昭和57年〉12月8日 - )は、日本の政治活動家、...
言論弾圧

改憲の目的は庶民に対する言論弾圧です。

ここ最近、また著名人が誹謗中傷がと叫び始めております。一見、彼らが名前もない一般人から誹謗中傷されているように見受けられますが、本当でしょうか。【独自】脅迫と闘った中川翔子が語る、加害者に“倍返し”のリアル國府田英之筆者:國府田英之インター...
朝堂院大覚

どこからどうみても朝堂院大覚(松浦良右)に繋がる件(1)

こんにちは、今日は二回目の記事を投稿いたします。一昨日と今日こんなツイートをさせてもらいました。イルミナティの殆どはゴム人間と暴いている?ゴムニダことイチベイという男が、Qanonの一員であり、朝堂院大覚一家であることと、さゆふらっとまうん...
クライシスアクター

京王線国領駅騒ぎの関係者のそっくりたちと維新・創価人脈

前回の記事の続きになります。前回の記事の関係者のそっくりさんを調べると、彼等はやはり上級国民だったということがわかりました。まずは主犯の役割を演じた服部恭太は中田敦彦とそっくりでした。左:中田敦彦 右:服部恭太Youtubeで事件の場に居合...