ニュートンはフリーメイソンで悪魔崇拝者でした

こんばんは、今回はこんな記事について簡単に書かせていただきます。

アイザック・ニュートンという人をご存じでしょうか。あの、万有引力を発見した人ですね。私が子供の頃にはニュートンの伝記とか読んでいました。ニュートンが何者であるか知らない私はせっせとニュートンの伝記を読んでいました(笑)。

ニュートンは万有引力を発見したというよりは、ニュートン力学とか微積分法を発見したとのことです。

サー・アイザック・ニュートン(英: Sir Isaac Newton、1642年12月25日 – 1727年3月20日、グレゴリオ暦:1643年1月4日 – 1727年3月31日[注 1])は、イングランドの自然哲学者、数学者、物理学者、天文学者、神学者。

おもな業績としてニュートン力学の確立や微積分法の発見がある。1717年に造幣局長としてニュートン比価および兌換率を定めた。ナポレオン戦争による兌換停止を経て、1821年5月イングランド銀行はニュートン兌換率により兌換を再開した。

アイザック・ニュートン Wikipedia

また、ニュートンは、自然科学において、かなりの業績と上げたとWikipediaに記載されています。

主に光学、数学、力学で業績があったそうです。

ラテン語の主著『Philosophiae Naturalis Principia Mathematica』(1687年7月5日刊、和訳名『自然哲学の数学的諸原理(プリンキピア)』)の中で、物質の量(現在の質量)、慣性、運動量、力などの概念を定義し、絶対的空間の概念を説明した上で、運動方程式などの運動の3法則と万有引力の法則[注 3]について述べ、数学を用いて(現代的な微分積分学は用いていない)、古典力学(ニュートン力学)を創始。これによって実験的に示された地上の物体の運動と、観測によって得られた天体の運動を統一的な理論によって説明し、予測可能である事を示した。光学において光のスペクトル分析などの業績も残した。ニュートン式反射望遠鏡の製作でも有名である[注 4]。

ニュートンは、地球と天体の運動を初めて演繹的に示し、太陽系の構造について言及した。また、ケプラーの惑星運動法則を力学的に説明した一人であり、天体の軌道が楕円、双曲線、放物線などの円錐曲線になる事を示した。また、働く力に対する、物体の抵抗度合いの量である慣性質量と、物体に働く万有引力の大きさを決定する、物体固有の量が比例関係にある事を指摘した(これにより、地上の物体の自由落下で、物体の質量に関わらず加速度が一定になる事を説明できる[注 5])。

色彩理論に関して、白色光は、それ以上分光できない単色光[注 6]の混合色であり、白色光がガラスなどを通過して屈折した際に虹色になるのは、各単色光の屈折率の違いによるものであるとして、この事をプリズムを用いた実験により確かめた。光の粒子説を唱えた[注 7]が、古典的な意味では誤りだった [注 8]。1704年に英語で『光学』を発表。虹の色数を7色だとしたのも彼である。[要検証 ? ノート]

ほかにも、ニュートンの冷却の法則、運動量および角運動量の保存の法則の端緒をつけ、空気中での音速や恒星の起源などについて言及した(なお、現在の視座では多くが不正確なものであり、正しく完成させたのは後世の学者たちである)。

ニュートン力学を用いた、1749年のジャン・ダランベールによる正確な春分点歳差の計算、アレクシス・クレローによる1759年のハレー彗星の回帰の予測などを通じて、理論の正しさの社会的合意が形成された。

数学分野においてはライプニッツとともに微分積分法の発見が特に重要な業績である。現在の定義で極限に相当する無限小について考察し、現在の導関数の元である流率の概念を考え、また「流率の逆演算」として積分を考えた[9]。

『光学』アイザック・ニュートン#自然科学における業績

ニュートンのWikipediaには多数研究をして発見をしたとあります。全部が嘘ではないと思います。

彼は、フリーメイソンという噂もあるようです。フリーメイソンだからあれだけ成功できたとなると腑に落ちますね。

ニュートン力学を確立したアイザック・ニュートン。大阪芸術大学の純丘曜彰教授によると、ニュートンはフリーメイソンロッジ乗っ取りを計画し、弟子のジョン・デサグリエにロンドン・グランドロッジを設立させ、ニュートンがロンドン・グランドロッジの実質的支配者であったという[218]。しかしながら、ニュートン自身がフリーメイソンであるかどうかは不確かである。『10,000 Famous Freemasons』にニュートンの項目はない。純丘教授もニュートンがフリーメイソンであるとは記述していない。ニュートンを著名なフリーメイソンとして掲載しているアイルランドのLodge St. Patrick No.468は、ニュートンの入会日、所属ロッジを記載していない[313]。

フリーメイソン Wikipedia

Wikipediaにある通り、ニュートンはフリーメイソンロッジ乗っ取りを計画し、弟子を使って自らがフリーメイソンを実質的に治めるようにしたとあります。何故か不確かと書いてありますが。なんで、わざわざ不確かと書くのでしょうか。フリーメイソンのWikipediaに。

不確かなら、フリーメイソンのWikipediaに載せる必要がありませんね。

また、海外では、ニュートンがフリーメイソンだったという本が出版されています。

ISAAC NEWTON’S FREEMASONRY
The Alchemy of Science and Mysticism
by Alain Bauer
Published by Inner Traditions, 2007.
Pp. 146.
Price: $14.95
ISBN-13: 978-1-59477-172-9
ISBN: 1-59477-172-3
Available from the publisher:
Inner Traditions

Originally published in French under the title Aux origines de la franc-maconnerie: Newton et les Newtoniens by Editions Dervy (2003)

アイザックニュートンのフリーメーソン
科学と神秘主義の錬金術
アラン・バウアー
2007年にInnerTraditionsによって発行されました。
Pp。 146。
価格:14.95ドル
ISBN-13:978-1-59477-172-9
ISBN:1-59477-172-3
出版社から入手可能:
内なる伝統

もともとフランス語で「Auxoriginesdelafranc-maconnerie:Newton et les Newtoniens by Editions Dervy(2003)」というタイトルで出版されました。

ISAAC NEWTON’S FREEMASONRY
The Alchemy of Science and Mysticism

アイザック・ニュートンのフリーメイソン 科学と神秘主義の錬金術ですか・・・。そのまんまですね。

また、錬金術を調べると、秘教というユダヤ密教に繋がります。

秘教(ひきょう、英: esotericism, 仏: esoterisme)とは、第1に「秘伝的な」「奥義的な」「選ばれた少数者だけの」 (esoteric) と、第2に「深遠なこと」「難解なこと」との、2通りの意味を有する。英語の esotericism(仏語の esoterisme)は、ギリシア語の ?σω (エソー、「内部に」) を語幹とする ?σωτερικ?? (エソーテリコス、「より内部に関係する」) から生じたものである。対義語は、「公教的」「顕教的」「公開的」「通俗的」 (exoteric) である。

エソテリック(「秘教的」「秘伝的」「奥義的」)な知識とは、辞書的意味においては、「教化された」「賢明な」あるいは特別に教育された人々の狭いサークルにのみ入手可能な知識である。秘教的な事柄は “esoterica” とも呼ばれる。反対にエクソテリック(「公教的」「公開的」「通俗的」)な知識とは、よく知られている知識、つまり公(おおやけ)になっている知識であり、もしくはおおよそ社会一般に不文律的に了解されている知識である。

思想史上の秘教
宗教学・思想史などの学術的文脈においては、エソテリシズムはグノーシス主義、ヘルメス主義、魔術、占星術、錬金術、薔薇十字思想 (Rosicrucianism)、ヤーコプ・ベーメとその追従者たちのキリスト教神智学、18世紀フランスで盛行したイリュミニスム(フランス語版)、メスメリズム (Mesmerism)、スウェーデンボルグ説、心霊主義、ブラヴァツキー夫人とその追従者たちに結び付けられる神智学の諸思潮などを含む、歴史的に関連した一連の宗教的諸潮流を示す。これらの諸潮流を結びつけている共通的特徴に関してはさまざまな意見があるが、いずれの意見も「内奥性」(霊性)、神秘性、秘密性といったものを決定的な特徴に挙げていない。オカルティズム(隠秘学)はエソテリシズムとは区別されるべき概念であるが、実際にはエソテリシズムと同じ意味の言葉として使われていることが多々ある[1]。

日本では一般にエソテリシズムの語に秘教という訳語が当てられるが、密教と訳されることもある(たとえばユダヤ教の神知論であるカバラをユダヤ密教と呼ぶ場合がある)。一般に日本では密教という言葉は「秘密仏教」のことを指し、その英訳が Esoteric Buddhism である。

秘教 Wikipedia

つまり、アイザック・ニュートンはフリーメイソンで、アヘンを吸いながら秘教と呼ばれる密教の儀式を日常的にやっていたということなのでしょう。

密教もRapt理論で解明された通り、カニバリズム・ロリコン・性行為・同性愛・水銀中毒などのいかがわしい儀式をして悪魔と繋がる行為でした。

〈閲覧注意〉日本の密教もまた悪魔崇拝そのものです。

また、ニュートンは重度のアヘン中毒だったという情報もあります。

「疫病も、火事も、建設も、ぜんぶ仕組まれたみたいな話ですよねぇ」「当時から、そういうウワサが絶えなかったんだよ」「王認協会は疑われなかったんですか?」「怪しいと思われても、王政復古直後の王認協会だからね。それに、焼失した「シティ自治区」は民間に任せ、自分たちは西郊外、旧教修道院領のウェストミンスター地区の開発から手がけていった」「巧妙ですね」

「ただ、数学者のバローがね」「なにか問題が?」「グランドツアーで、彼は、イスタンブールから面倒な習慣を持ち帰ったんだ」「?」「チェーンスモーカー、と言っても、新大陸のタバコなんかじゃない、中東のアヘンだ」「それは、まずい」「その後ケンブリッジ大学に戻ったんだけど、六七年、弟子の二人が階段から落ち、もう一人も発狂。残ったのは、赤貧給仕学生上がりの二五歳のニュートンだけ」「呪われているみたいですねぇ」「いや、みんな、アヘン中毒だろ。バロー自身、六九年には、教授のポストを二七歳のニュートンに譲って事実上の引退。その後、四七歳で早死にしてしまう。一方、ニュートンは、七二年一月、三〇歳で王認協会の会員になった。その後、『プリンキピア』、いわゆるニュートン力学大系をまとめていくが、教授としてはオカルトマニアの支離滅裂。学生も寄りつきもしない」「オカルトというより統合失調が疑われていますね」「いや、やつもおそらく恩師譲りの重度アヘン中毒だ。パイプが手から離せず、姪の指を樹脂と間違えて刻もうとしたくらい、幻覚がひどかった」「ろくに仕事しなくても、大学はクビになりませんからね」「それ、イヤミか」「いえ、自虐ですよ」

フリーメイソンの成立事情を巡る対話:レン・ニュートン・ラムゼー

アヘン中毒については、Rapt理論で解明されていますね。

RAPT×読者対談〈第132弾〉リチャード・コシミズの正体。(麻生太郎とアヘン貿易の仲間たち)

Rapt理論で、アヘン貿易でぼろ儲けしたのが、辜顕栄・麻生太郎・蓮舫の一族だということが暴かれましたね。

その麻生太郎も、蓮舫も虫の息で、彼らは影武者を使ってしのいでいる状況です。

ニュートンが悪魔崇拝者だったから、あれだけの発見をしたというのが妥当な線じゃないでしょうか。しかも嘘を織り交ぜている可能性もありますね。

また、Rapt氏がinstagramで地球は球体でなく、宇宙も存在しないと解いています。

rapt_neo 地球は球体ではなく、宇宙も存在しない。RAPT理論から見る地球平面説(フラットアース)

rapt_neo RAPT理論から見る地球平面説(フラットアース)2

これは私のツイートですが、宇宙は古代中国と仏教用語から来ていることがわかりました。

宇宙という言葉は須弥界説という仏教用語から来ています。

ここでは、文献による仏教の宇宙観を紹介したいと思います。
実は建築物にもその宇宙観が反映されているのです。
      そして日常われわれがなにげなく使う言葉や地名にさえも、その影響が残っている のです。

仏教にはさまざまな経典や言葉があるが、結局は輪廻(りんね)と解脱(げだつ)の
2つの思想にいきつくものであろう。

解脱とは輪廻あっての解脱である。輪廻と解脱の両方を解説しないといけないのだが
従来の仏教の解説書は、たいていは解脱に関するものであった。

仏教宇宙観の体系を示す書物の1つにインド5世紀の仏僧ヴァスバンドゥの「倶舎論
(くしゃろん)」がある。この中の「世品(せほん)」という1章に
いわゆる須弥山(しゅみせん)説が述べられている。

この宇宙観が日本に受け入れられてから、日本各地にこの宇宙観にあやかった名が
つけられた。須弥山とか、地獄谷とか、弥陀ヶ原という名前がそれである。

たとえば、栃木県の霊山「二荒(ふたら)山(さん)」(男体山のこと)は、音の類似から
観音の浄土「補陀落・普陀落(ふだらく)山(せん)」とされ、同じ「二荒(にこう)」が
仏教的な「日光(にっこう)」に書きかえられたという。

普陀落山あるいは普陀落とは、インドの南海岸にあり、観世音菩薩の住所とされる山 のこと。

須弥山というのは、仏教宇宙観に出てくる創造的な山である。
これは虚空の中に風輪(ふうりん)というものが浮かんでいるのである。
形は円盤状で大きさは示せないほど大きい。
その上に同じく円盤状の水輪(すいりん)が載っている。
水輪の大きさは、直径が120万3450由旬(ゆじゅん)高さが80万由旬である。
その水輪の上に金輪(こんりん)が載っている。
金輪の大きさは、直径は水輪と同じ120万3450由旬で、高さは32万由旬である。
金輪上の表面に山、海、島などが載っている。

1由旬=約7キロメートル

非常に簡単にたとえたら、風輪、水輪、金輪が重なった具体的なイメージとしては
たらいを伏せて、その上に風呂桶を伏せて、その風呂桶の上にバースディ・ケーキ
を載せた姿を思い浮かべるとよい。

水輪と金輪のさかいめは金輪際(こんりんざい)と呼ばれ、
「もう金輪際いたしません」というような表現に使われる。
つまり「金輪際」は、「真底」「徹底的」を意味しているのであって、金輪際の
一角にすむ我々にとっては、金輪際が真の底というわけだ。

金輪の上に9つの山がある。中央に高くそびえたつのが須弥山である。
須弥山をとりまく同心方形の山(山脈)が7つある。
すなわち同心円ではなく四角形でもって7つの山脈が須弥山をとりまいている。

須弥山をとりまく四角形の山脈は、なんとなくピラミッドを連想してしまう。
密教ではこれらを金剛界・胎蔵界両曼荼羅であらわしています。

仏教(密教)の宇宙観「須弥山とは」

このサイトも密教について触れており、読んでいて気持ちの悪くなるような文章ですが、要は宇宙は悪魔が作り出した造語であり、そもそも嘘だということです。Rapt氏が解明されたことはどこまでも辻褄があっていますね。

宇宙が嘘となると、宇宙飛行士も嘘だということです。だから、アポロ計画もスペースシャトル爆発も嘘。

そして無重力体験をして、今日の朝食は~なんてインチキ動画を上げるJAXA
の飛行士はただの酔っ払いのオッサンでしたね。

海外でも、日本でも宇宙に行くことがステータスとかロマンがあると洗脳していますが、実際は詐欺だったということです。

こんなツイートもあります。なんでもスタンレーキューブリックが月面着陸の偽シーンを撮影したと告白したとのこと。

イルミナティたちは悪魔崇拝者を使って多額のお金と時間をかけて壮大な嘘をついてきたということです。