ケムトレイルは国家公認の技術で、麻生太郎が関わっていた。

こんにちは、大分昼が暖かくなってきており、春になってきたことを実感しております。

桜の開花も例年に比べて若干早いことを実感しております。

さて、本日は人工降雨について書かせて頂きます。

この季節になると、花粉症という偽の病気によってクシャミ鼻水がとまらなくなるのですが、花粉症はケムトレイルによって作られた病気であることが暴かれましたね。

また、ケムトレイルは自衛隊員が関与していることも暴かれています。

このケムトレイルですが、ネット上では、人工降雨ではないか、人工降雪ではないかという疑いもあるようです。

ケムトレイルについては天皇家がばら撒いているとRapt理論で暴かれています。

ケムトレイルも天皇家一族のボロ儲けの種。この世の陰謀論は、天皇家一族の悪事を隠すための情報撹乱である。

HAARPという大嘘。気象操作は高度な科学技術ではなく、極めて原始的な方法で行なわれている。

Rapt理論で、気象操作はケムトレイルによって行われており、ケムトレイルの正体は「ヨウ化銀」と「ドライアイス」であることが暴かれました。

「ドライアイスの三大製造メーカー」に以下のメーカーがありますが、

  • エア・ウォーター炭酸
  • 日本液炭
  • 昭和電工ガスプロダクツ

なかでも、昭和電工ガスプロダクツの親会社昭和電工は天皇家と密接な関係があります。

昭和電工を創設したのが森矗昶(もりのぶてる)で、
森は天皇と近い関係です。

森矗昶
森矗昶は、天皇家と近い関係

ケムトレイルも天皇家一族のボロ儲けの種。この世の陰謀論は、天皇家一族の悪事を隠すための情報撹乱である。

また、Rapt理論によると、森矗昶(もりのぶてる)はヨウ素の製造販売に関わったことがあるそうです。

この「ヨウ化銀」ですが、ある大物に辿り着きます。

マイクロソフトの創業者「ビル・ゲイツ」です。

この「ビル・ゲイツ」もRapt理論で超悪人と暴かれております。

ビル・ゲイツが巨万の富を得たのは、JAL123便が墜落したお陰である。

ビル・ゲイツもケムトレイルに関わっている疑惑があります。

1999年にお友達のウォーレン・バフェット、ジム・ロジャーズと同じ様にビル・ゲイツも銀鉱山を買い取ったとのこと。

銀山=銀ですから、ヨウ化銀=ケムトレイルであり、「ビル・ゲイツ」もケムトレイルによる気象操作に関わっているということになります。

さらに、「ビル・ゲイツ」は「銀」ではありませんが、海水を空中に散布して雲を発生させる「Cloud Machine」事業に出資していました。

本家記事「Bill Gates Funds Seawater-Spraying Cloud Machines」より。テラフォーミングと似た概念である地球工学(工学によって、地球環境を変化させる)が気候変動への対策として有用か、というのは長く議論されていた。inhabitatの記事によると、この地球工学の根強い支持者であるビル・ゲイツ氏が、海水を大気中に散布するSeawater-Spraying Cloud Machine(海水散布雲製造機)に30万ドルを出資することが報じられている。

Times Onlineの記事によると、この機械は1000mの高さに海水を小さな水粒にして散布する機械だそうだ。本家記事では曖昧だが、目的は大気中で雲粒の素となる凝結核を増やすことによって(蒸発量を増やすのが主目的ではない)白い雲の量を増やし、その雲が太陽光を反射することによって地球を冷やすことだそうだ。実験では10,000km2の範囲で10隻の船を用いて行うという。ちなみにこの方法で地球温暖化を止めるには1900隻の船と70億ドルが必要だそうだ。

引用元:ビル・ゲイツ、海水を空中に散布して雲を発生させる「Cloud Machine」事業に出資

「ビル・ゲイツ」も「ケムトレイル」に「ヨウ化銀」が使われている事が分かった上で銀鉱山を買収したと言うことになります。その上で「空中散布事業」に手を出したのでしょう。まさに確信犯です。

この「人工降雨」ですが、現代日本でも行われております。

2008年に日本学術会議 農学基礎委員会農業生産環境工学分科会は
「渇水対策・沙漠化防止に向けた人工降雨法の推進」 というレポートを出しております。

以上のリンクを確認いただくとわかる通り、「ヨウ化銀法」「ドライアイス法」は人工降雨に有効な方法だと言っています。

さらに、以下サイトでも、「液体炭酸散布法」は現代最も費用対効果の高い人工降雨法であると記載。

人工的に雨を降らせる仕組み

異常気象という名目で、意図的に雨を降らしているということになります。

さらに、2012年と2013年には日本で人工降雨に成功したというレポートが「日本学術会議」から発表されております。

液体炭酸人工降雨法の普及に向けて ─ 2013 年の液体炭酸散布による人工降雨実験事例─

ここでは、5例中、4例の人
工降雨成功事例を報告する。
①2013年3月14 ~ 15日( 真 木
ら、2014b)、②2013年5月28日
には三重県志摩半島南方域で
の実験、③2013年12月15 ~ 16
日のビーチクラフト式キングエ
ア200T型航空機による三宅島
付近での液体炭酸散布実験、④
2013年12月26日の佐賀航空の
双発機による北九州での実験(成功事例、省
略)、⑤12月27日の同機による愛媛県西条市で
の実験である。なお、⑥2012年2月26 ~ 27日
の三宅島・御蔵島付近での成功事例は、Maki
et al.(2013)、真木ら(2014a)、守田ら(2014)
に示した。

引用元:液体炭酸人工降雨法の普及に向けて ─ 2013 年の液体炭酸散布による人工降雨実験事例─

他にもTDKのサイトに人工降雨についての記事が記載されています。この記事を書いたのが京都大学のOGである板垣朝子氏。

人工的に雨を降らせる

 つまり、人工的に雨を降らせるためには「雨雲を作る」仕掛けか、もしくは「雨雲から任意に雨を降らせる」仕掛けを用意できればよいのです。現在主に研究されているのは、後者の「雨雲から雨を降らせる」仕組みです。雨粒の「種(シード)」になるものを雨雲の中に散布することで雲粒を雨粒に成長させるので、「シーディング」と呼ばれます。シーディング法で使う「種」は、冷たい雨雲と暖かい雨雲で異なります。

 冷たい雨雲では、ドライアイスやヨウ化銀が使われます。ドライアイスは、雲粒の温度を下げることで種となる氷粒を作り、雨粒の成長を促します。ヨウ化銀は、それ自体が氷の結晶とよく似た形と性質で、そのまま種となって雨粒が成長します。

 一方、暖かい雨雲では、雲粒を集めるために、塩などの吸湿性の高い粒子を散布します。種に吸着される水が集まることで衝突が促され、雨粒に成長するのです。

引用元:テクの雑学 第101回 雨を降らせて晴れを作る -人工降雨の技術-

また、1947年に日本で初めて人工降雨実験に成功したのが九州大学でした。

農学研究院環境農学部門気象環境学研究分野 脇水健次

冬季水資源確保のための液体炭酸空中撒布法による人工降雨実験

1. はじめに
九州大学では,1947 年に日本で初めて北部九州で人工降雨実験に成功し,その後も当研究室を中心
に水資源確保や水力発電のために人工降雨実験が盛んに実施された.その後,1970-1980 年代には発電
方法が水力から火力・原子力に移行したため,人工降雨実験は下火になったが,1994 年に西日本地域
での大干ばつ(福岡市給水制限:296 日)を契機に再び人工降雨実験が盛んになった.
従来,人工降雨法には,「ドライアイス法」,「ヨウ化銀法」,「散水法」があるが,これらの方法は,
人工的に雲の状態を変化させ,降雨・降雪をもたらすことが出来るが,効率が非常に悪いという深刻
な問題があった.この問題を解決するために,「液体炭酸空中撒布法」が開発された.この方法は,液
体炭酸撒布後,雲の中の広い領域に効率良く拡がり,有効な量の降雨を得ることが可能である.そこ
で,本稿では,この撒布法についての原理と成功例を紹介する.

引用元:環 境 報 告 書 2013  九州大学大学院農学研究院

九州大学の報告書にもきちんと「液体炭酸空中散布法」を開発したと書かれております。

実は九州大学のOBに以下の人たちがいます。

麻生太賀吉さん
1911年、福岡県生まれ。長男の麻生太郎氏は元総理大臣です。九州帝国大学法学部を卒業して、実家の麻生商店を継ぎ、1934年に社長へ就任。戦後、1951年に九州電力会長になりました。1949年には第24回衆議院議員総選挙へ出馬して当選。田中角栄氏とともに池田勇人大蔵大臣誕生に貢献しました。吉田内閣の総辞職によって、政界を引退することになります。1965年には、日本石炭協会会長に就任しています。

引用元:九州大学の著名な卒業生12名を紹介!九州大学のこれまでの歴史も

麻生太賀吉は九州大学のOBで、麻生太賀吉といえば、麻生太郎の父親でしたね。つまり、ケムトレイルによる人工降雨は麻生太郎が関わっていたと言うことになります。

麻生太郎

また、九州大学は「液体炭酸空中散布法」による「人工降雨」実験に成功したとうことです。液体炭酸はどこのメーカーが得意でしたでしょうか?

昭和電工ガスプロダクツ、大分石油化学コンビナート内で液化炭酸ガスの量産開始
 昭和電工(森川 宏平社長)の連結子会社、昭和電工ガスプロダクツ(西村 浩一社長)は、大分石油化学コンビナート内の大分工場にて液化炭酸ガスの製造設備を新設し、製品出荷を開始した。

 液化炭酸ガス・ドライアイスは、飲料・食品、工業向けなど幅広い産業で使用され、原料である炭酸ガスは、石油精製や製鉄所、アンモニア製造工程で発生する副生ガスから製造されるが、国内における石油精製およびアンモニア生産の縮小により原料の供給源が減少し、業界全体で製品の需給が慢性的にひっ迫している。

 昭和電工ガスプロダクツでは、主力の川崎工場と四日市工場をはじめとする各製造拠点で液化炭酸ガスおよびドライアイスを製造しているが、大分工場の設備稼働により、液化炭酸ガスの供給能力は年間15,000トン増加する。需給がひっ迫するなか、これまでは長距離輸送による供給やドライアイスの輸入調達により全国の顧客への安定供給を維持してきたが、さらなる安定供給体制を確立する。

引用元:昭和電工ガスプロダクツ、大分石油化学コンビナート内で液化炭酸ガスの量産開始

昭和電工で液化炭酸ガス製造設備を増設したとあります。

昭和電工ガスプロダクツは「ドライアイス」の製造をしていましたね。昭和電工は何と関係がありましたか?

「天皇家」でしたね。

では、その「天皇家」は誰と繋がっているのか?

「麻生太郎」でした。

RAPT×読者対談〈第129弾〉日本は在日ヤクザに牛耳られている。(麻生太郎と朝堂院大覚と嵯峨天皇)

やはり、麻生太郎は「ケムトレイル」にも関わった極悪人だったということです。

以下のツイートから麻生太郎は「ビル・ゲイツ」とも繋がっていることが暴かれています。

「ケムトレイル」に関わっていた「ビル・ゲイツ」も麻生太郎と繋がっていた。

つまり、「ケムトレイル」による「人工降雨ビジネス」は「天皇家」と「麻生太郎」と「ビル・ゲイツ」が関わっているということです。

簡単に言いますと、「麻生太郎」と「ビル・ゲイツ」が「ケムトレイル」で意図的に「雨」を降らしたということになります。

2017年の「広島台風」も、2018年の「大阪台風」「岡山台風」も「麻生太郎」が関わったのではないでしょうか?

彼らは「悪魔」に捧げるためにこういう「非人道的行為」を意図的に行っていたということです。非常に悪質です。

彼らの滅びを心から願います。

rapt_neo 現代における秦氏と出雲族の戦いは、麻生家と出口王任三郎の戦いだった。

rapt_neo 実はロスチャイルドは、もともと日本人だった!!

rapt_neo 水利権も創価に牛耳られている。