創価学会による集団ストーカーは実際に存在する

Rapt氏のInstagramにこんな投稿がありました。新宿の都庁で夕涼みをしていたら、変な外国人が複数人で付きまとってきたそうです。以下リンクをご覧ください。

View this post on Instagram

私と奈々が、新宿の都庁の庭でお祈りしていたら、怪しげな男たちが次々と現れて、私たちの周りをウロウロとつきまといはじめました。 それで、私たちは大声で「ストーカーしてんの?」「創価なの?」と声をかけたのですが、彼らは何の返事もせず、ただ慌てたように黙ってどこかに逃げていきました。 最初は、彼らのことを麻薬の売人ではないかとも思いましたが、どう考えても、そうでないことは明らかです。 なぜなら、私たちは何度も彼らを怒鳴り散らして追い払っているわけですから、私たちが麻薬の取引を目的にその場所にいるわけではないことは、彼らにもすぐに分かったはずだからです。 しかも彼らは、私たちから声をかけられるたびに、何の返事もしないで、そそくさと逃げていきました。 私たちに対して、何かを売りつける意図はなかったということです。 このようなことから、彼らが集団ストーカーであることは間違いありません。 動画1 こちらが追いかけたら、そそくさと逃げていく男。 動画2と3 動画1とはまた別の男で、こちらが追いかけたら、やはり同じように逃げていったので、後ろから追いかけていって声をかけました。 この男の話からも分かる通り、彼らには何人も仲間がいて、パソコンを使ってストーカー行為をしているようです。 動画4 この動画に出てくる男が、今回のストーカーの司令塔ではないかという気がします。かなり苛立っているところを見ると、動画を撮影されたことをかなり嫌がっている様子です。 酔っ払いの男二人が、話の途中でやってきたのですが、他の男たちと違って、彼らは日本人で、かつ全く何の緊張感もなかったので、本当にただの通りすがりのように見えました。 もちろん、断定はできませんし、彼ら二人が在日どもを雇った創価信者かも知れません。 いずれにせよ、随分と面白い体験をさせてもらいました。

A post shared by rapt (@rapt_neo) on

動画を見るとわかる通り、Rapt氏に付きまとっていたのが、日本語が不自由で在日(中国か韓国かは不明ですが)であることがわかります。1番目の眼鏡の男は特に日本語が不自由ですね。

ユーザー(@_mina37__)さんが眼鏡の男の画像を鮮明にしてくださいましたからご覧になってください。

https://twitter.com/mina37_/status/1318000059674361856

口調から韓国朝鮮というよりは、中華系の香りがすると感じられるのは私だけでしょうか。

さらに1番目の眼鏡男は『北新宿から来たよ』と言っています。北新宿といえば、創価学会池田文化会館があり、近年外国人が増えている新大久保が近くにあります。

都庁と創価学会池田文化会館(北新宿)は結構近い

また、新宿区の住民基本台帳の外国人住民国籍別男女別人口ですが、中国人がダントツ1位。中国と関係の深いネパール、ベトナム、台湾、ミャンマーを加算すれば、2万人位いる計算になります。(令和2年10月1日現在)

在日韓国・朝鮮人の合計が9500人位ですから、新宿に中国人が韓国・朝鮮人の倍以上いるということになりますね。

以下のRapt氏と、Kawataさん、Nanaさんの対談でも、中華人民共和国習近平総書記は福建省出身で客家と関係があると暴かれていますし、客家といえばユダヤ人で中国でもユダヤ人は大変嫌われているとか。

また、リチャードコシミズも福建省出身の客家がルーツと暴かれていますし、彼は李詠進という名前でしたね。コシミズは集団ストーカー被害者を『精神疾患』呼ばわりして、集団ストーカーをないものとしていましたね。コシミズも創価学会の回し者だったというわけです。

福建省出身のユダヤ人の可能性があるリチャード・コシミズ(李詠進)

しかもJuniさんのツイートで、池田大作は中国の青幇(ちんぱん、チンパン)首領 黄金栄とそっくりと暴かれていますし、

IKINUKUさんのツイートで池田大作は『中国共産党』と仲が悪いとされているが、関係の深い『日本共産党員』を務めていた時期があったと暴かれています。

『日本共産党』ですが、右翼とズブズブの関係です。

Yahoo!知恵袋でも、共産党と右翼が殴り合いをしているところを見たことがないと言っていました。

—————————— 転載ここから ——————————
anaさん

2014/4/24 12:26

2回答

日本共産党と右翼は実は仲がいいってアルミ缶を集めてるおじさんが言ってましたがホントですか?

政治、社会問題・242閲覧

共感した

ベストアンサー
このベストアンサーは投票で選ばれました

treさん

2014/4/24 12:33

そういえば共産党員と右翼が殴り合いしてるところを見たことないなw

—————————— 転載ここまで ——————————

また、日本共産党は悪名高い『PCR検査』を推進しており、ツイートでもワクチンを薦めているのがわかります。

創価学会はワクチンを薦めていましたから、またしても繋がりますね。

また、創価学会池田大作ですが、もともとカルト宗教『生長の家』信者でした。生長の家といえば、元は戦争礼賛主義の右翼でした。創始者は谷口雅春でしたね。

谷口雅春ですが、稲田朋美とそっくりでしたね。

左:稲田朋美 右:谷口雅春(生長の家)

この稲田朋美ですが、Qアノンとも繋がっている可能性が高いです。

Qアノンの連中が(工作員YAMATAKE @qarmy_jp)が登った金剛山で祀っているのが楠木正成。

最後の竹本直一はRapt理論をリツイートしてましたが、ギャグなのでしょうかね?

金剛山のふもとにある大阪府千早赤阪村は楠木正成の生誕地でした。

稲田朋美を応援する神戸ともみ組を応援しているのが、楠木正成の血を引いていると自称する山下弘枝でした。

左:稲田朋美(生長の家) 右:山下弘枝(楠木正成の末裔)

創価学会=中国人・ユダヤ人=池田大作=生長の家=稲田朋美=山下弘枝=金剛山=Qアノンで繋がります。

さらに、孫子=楠木正成(稲田朋美、山下弘枝、Qアノン)=忍者=東出融=創価学会。

生長の家は、戦争礼賛右翼日本会議とズブズブであり、日本人から人権を悉く奪い取ろうとしているトンデモ宗教でしたね。

「日本会議」の本体である「生長の家」は、基本的人権、国民主権、平和主義を全ての国民から奪おうとしています。

また、生長の家は右翼からリベラルに移行し、反原発を提唱し始めました。冒頭にあげたリチャードコシミズは反原発でしたし、反原発といえば、孫正義、鳥越俊太郎、山本太郎、三宅洋平らの創価学会関係者でしたね。

しかも反原発を提唱する『れいわ新選組』の山本太郎は創価学会の池田大作をべた褒め。

https://twitter.com/GLnoIrjwa7omiK7/status/1287659317433335813

山本太郎も集団ストーカー被害者を笑いものにしていました。つまり、創価による集団ストーカーなんてないと言っているのと同義ですね。

また、山本太郎の演説に大人数を動員したのが、新宿でしたね。冒頭にあげた創価学会池田文化会館は北新宿にありましたから、繋がりますし、その中には中国人信者も多数いると思われます。

さらに楠木正成は忍者と言われています。

鎌倉時代に実在した忍者 楠木正成 くすのきまさしげ

—————————— 転載ここから ——————————
楠木正成は、河内(大阪府東部)出身の南朝(なんちょう)方の忠臣ですが、神出鬼没の活躍を重ねたことで有名です。官命を左衛門尉(さえもんのじょう)、受領名を河内守(かわちのかみ)、摂津守(せっつのかみ)といった正成は、武将としては元弘元(1331)年に後醍醐天皇1)に応じて河内に挙兵。赤坂城、千早城(どちらも大阪府千早赤坂村)に籠城(ろうじょう)し、攻め寄せる北朝(ほくちょう)方に抗しました。

鎌倉時代に活躍した忍者の頭領 楠木正成(南朝)

以後も近畿各地で北朝方と激闘を演じ、後醍醐天皇による建武政権の樹立に貢献します。

建武3(1336)年、離反した足利尊氏(あしかがたかうじ)2)を摂津湊川(みなとがわ・神戸市)で迎え撃ったが、背後を別動隊に攻められたため、弟の正季(まさすえ)と共に自刃して果てました。この時代を描いた『太平記(たいへいき)』は、正成を南朝屈指の忠臣、稀代の謀将(ぼうしょう)として描いています。

正成は中国の兵法書などにも詳しかったといわれていますが、正成が実は忍者で、楠(くすのき)流忍術を興したとする見方もあります。変装した正成自身が近畿各地を歩きまわり、北朝方の動向を探ったという話も伝えられています。また、『萬川集海』などには、正成が49人の忍者を従えていたこと、極意を一巻にまとめて嫡子・正行(まさつら)に授けたことなどが記されています。

さらに名取流(なとりりゅう・新楠流)、南木流(なんぼくりゅう・楠正辰?まさとし?伝楠流)、河陽流(がようりゅう・会津藩伝楠流)、河内流、行流(こうりゅう・楠木正成流)、陽翁伝(ようおうでん)楠流など、楠流から分かれたという忍術流派も少なくありません。忍術三大秘伝書のひとつである『正忍記』は、この系統の奥義を記した忍術書です。

—————————— 転載ここまで ——————————

忍者といえば、9月に死亡した安倍晋三と安倍昭恵の親戚であり、クーデンホーフカレルギーの血を引く東出融でしたね。(クーデンホーフカレルギーは創価学会池田大作と仲良しでした)

—————————— 転載ここから ——————————

滋賀県は、僕、東出家の出場所東出村へ。

甲賀と伊賀の調停役。

そのとある一角に潜むが、中心はあり得ない程にぼっかりと宇宙エネルギーを取り込むように仕掛けられた神社。

このとある場に設置致しました。

神社が造られたのも、まさに江戸を納めながら、イルミナティーからのチョッカイから国を守ると、働いた頃に建てられたモノでした。

そして、いよいよ東出家が隠密として、地を捨て一番最初に行着いた伊勢。

陰のハカライで、煎餅屋さんをナカミセで。

寄ったのは本店。

そして、外宮のとある場に三重県は設置。

—————————— 転載ここまで ——————————

忍者は元々は古代中国の間諜がルーツで、孫子の兵法にも情報戦が大事だと記されています。

衝撃の事実!忍者のルーツは春秋戦国時代の中国にあった?(HMR)

—————————— 転載ここから ——————————
黒装束を身にまとい、背中には忍刀、闇にまぎれて姿を隠し、密命を果たす。時代劇でお馴染みの忍者は、日本だけではなく世界中でその人気を誇り、「ニンジャ・タートルズ」から「ニンジャスレイヤー」に至る数々のフィクションでも活躍しています。

ところで忍者には中国が発祥の地であるという説、ご存知ですか?

HMRは今回、この謎に迫ってみました。

関連記事:新事実!?邪馬台国は魏とお金を使って貿易していた?(HMR)

そもそも、忍者って、なに?

東京五輪でテロ対策をしている警察や警察犬 いだてん
忍者とは、日本の歴史において諜報活動や暗殺、破壊活動などを生業とした個人や集団のことです。言い換えるとスパイですね。その活動は古くは鎌倉時代に始まり、明治維新後、諜報等を公式に行う警察や軍といった組織が編成されたことでその役割を失うまで続いたとされています。忍者の特徴のひとつとして、特定の主君を持たない傭兵的集団であったことが上げられます。伊賀衆や甲賀衆といった集団が有名ですよね。

忍者が使う技=忍術というと、「変移抜刀霞斬り」とか「微塵がくれ」と言った派手な必殺技、という印象がありますが、『萬川集海』という兵法書によると、忍術は「隠忍」と「陽忍」の二種類に大別されるようです。隠忍とは、姿を隠して任務を遂行する者を指します。一般に忍者とイメージと言えば、この「隠忍」に当たります。対して「陽忍」は姿を表に現しながら諜報や破壊活動の任務を果たす者を指す言葉で、よりスパイのイメージに近い存在と言えるでしょう。

忍者=スパイは人類史上二番目に古い職業だった?
スキッパーキ(はてな)

ところで、スパイは「人類史上、二番目に古い専門職」であるという話、ご存知でしょうか?

その真偽はさておき、スパイ活動というものがかなり古い時代から行われていたことには間違いありません。その論拠として上げることのできる資料のひとつに、『孫子 用間篇』があります。そう、あの兵法書『孫子』の一篇です。

関連記事:【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書

関連記事:海音寺潮五郎の小説『孫子』ってどんな作品なの?【はじめての孫子 番外編】

孫子に記述された、5種類の「忍者(スパイ)」

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」の名言でも知られる通り、孫子の作者である孫武は、戦争において敵の内情を知ることを非常に重要視していました。だから、孫武が自身の記した兵法書において、その一篇をスパイに関する説明に費やすことは不思議ではありません。

孫武は間諜(スパイ)の用い方を5種類に分けて説明しています。

1.郷間:敵国の庶民の間に入り込み、噂話などから敵国の内情を探るスパイ

2.内間:敵国の役人に近づき、諜報活動を行うスパイ

3.反間:自国に入り込んだ敵のスパイから情報を盗むスパイ

4.死間:ウソの作戦計画をわざと敵に知らせて敵を欺くスパイ

5.生間:何度も敵地に潜入しスニーキングミッションをこなすスパイ

孫武は情報戦の重要性を熟知していました。彼が孫子の一篇をスパイの説明だけに費やしたのも理解できます。

関連記事:【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何?

死間は命がけで任務を遂行する忍者だった?

孫武の記した五種類のスパイの中でも、特に危険性が高いと言えるのが『死間』です。敵にいつわりの情報を信じさせ、誤った作戦行動を取らせようという死間の任務上、その任を帯びた者は敵にその正体を晒す必要があります。誰なのかも分からない相手の言葉など、それこそ誰にも相手されないだけで終わってしまいます。

もちろん、その人物から得た情報が偽りだと分かれば、情報をもたらした人物はただでは済まないでしょう。まず、死刑です。死を覚悟しなければならないスパイ(間諜)……まさに『死間』です。

さらにもうひとつの問題として、敵に囚われた死間から、偽りではなく正しい味方の情報が敵に漏れる恐れもあります。このため、死間の任務にあたる者には、しばしば自分が敵に伝える情報がウソであることを教えなかったと言います。

—————————— 転載ここまで ——————————

まあ、Rapt氏をストーカーした中国人は嘘を突き通していた様に見えても、実際はバレバレだったのですがね。

以上、創価学会による茶番劇でした。

創価学会、菅義偉、二階俊博、習近平、中国共産党、麻生太郎、安倍昭恵、東出融、Qアノン、稲田朋美らの滅びを心から願います。