伊是名夏子騒動はユダヤ人の騒動だった!

コロナ禍で我々庶民が苦しめられている中、ひっそりと上級国民による茶番劇が起こりました。

社民党がJRに「謝罪要求」声明、伊是名夏子さん「車イス乗車拒否」で 広報に見解を聞いた

コラムニストで社民党全国連合常任幹事の伊是名夏子さん(38)がJR東日本に車イスでの乗車を拒否されたと訴えたトラブルで、同党は、今回の対応への見解と伊是名さんへの正式な謝罪をJR側に求める声明文を公式サイト上などで出した。

障害者差別解消法に規定された合理的配慮の姿勢もJR側に感じられないとして、その改善も求めている。これに対し、JR東日本横浜支社は、「合理的配慮はしたが、説明が不十分ならお詫び申し上げる」とコメントした。

「誤解に基づく抗議や障害者の人権を無視する声があり、事の重大さを鑑みた」
このトラブルでは、伊是名さんが2021年4月1日に静岡県内の無人駅「来宮駅」を車イスで利用しようとして、JR側が階段しかないため利用できないと当初説明したが、熱海駅の駅長ら4人が要望通りに対応していた。

その後、伊是名さんは、この経緯をブログで説明したが、ネット上で賛否が分かれる議論となり、社民党が公式ツイッターなどで伊是名さんの訴えに理解を求める投稿をしていた。

そして、社民党は、4月26日になって、コンテンツ配信サイト「note」の公式ページで、「障がい者の移動の権利を守るために-伊是名夏子常任幹事のJR乗車拒否問題についての見解-」と題する声明文を服部良一全国連合幹事長名で発表した。翌27日には、同党の公式サイトでも、同じものをアップしている。

声明文では、伊是名さんは、JR側から「事実上の乗車拒否にあいました」と主張し、事実関係の説明と見解を明らかにするとした。その理由としては、誤解に基づく抗議や障害者の人権を無視する内容の電話やメールがあり、事の重大さに鑑みたことを挙げた。

まずトラブルの経緯についての説明が、ブログと同様な内容で簡潔にまとめられている。来宮駅は、2015年3月から無人化し、住民からエレベーター設置の要望も出たが、バリアフリー化は実現しないまま障害者や高齢者の利便性が後回しにされていると指摘した。

「タクシーの手配や、可能な範囲で来宮駅での介助対応を行った」
そして、JRは、現場の駅員任せで、障害者への合理的配慮の努力義務を履行するのに必要な施設整備や人員配置の取り組みが不十分だと訴えた。代替手段を考える合理的配慮の姿勢も感じられないと批判して、改善を求めている。

伊是名さんの行動や人格を攻撃する誹謗中傷が1か月近く経っても止まないのは、「JRが対応の過ちを認めず、伊是名さんに謝罪をしていないため、伊是名さんがあたかも『加害者』のように扱われてしまったことも一因だといえるでしょう。JRには今回の対応への見解と伊是名さんへの正式な謝罪を求め、今後の改善につなげていただきたいと考えます」としている。

そのうえで、障害者の権利について、次のように主張した。

「障がい者を含むすべての人の移動の自由は権利です。公共交通機関を利用する際に、丁寧に事前連絡をしたり、乗車許可を得ることも、移動の直接的な提供に関わった人々に感謝を強要されることもありません。車イスユーザーをはじめとする障がい者が移動する場合にのみ、これらが必要となることが当たり前であるならば、それは障がい者差別に他なりません」
JR東日本横浜支社の広報室は4月27日、社民党の声明文について、J-CASTニュースの取材に次のようにコメントした。

「当社では、お客さまのご要望を承りつつ、代替手段であるタクシーの手配や、可能な範囲での駅係員の手配による来宮駅での介助対応を行っており、『合理的配慮の提供』を行ったものと考えております。その上で、お客さまへのご説明が十分でなかった点や誤解を招いてしまった点があればお詫び申し上げるとともに、今後より良いご案内ができるよう、ハード・ソフトの両面で、様々な点について検討してまいりたいと考えております」
なお、「現時点で同党から当社宛に要請文等は届いておりません」としている。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

引用元:社民党がJRに「謝罪要求」声明、伊是名夏子さん「車イス乗車拒否」で 広報に見解を聞いた(J-CASTニュース)

この騒動ですが、創価学会が一枚噛んでいることが分かっています。

伊是名夏子氏は、いわゆる障害(ハンディキャップ)を持った人であり、先天性の骨形成不全症という障害を持って生まれ。これまで、車いすで生活をし、あとは、ありきたりのサクセスストーリーが展開されています。

伊是名夏子 Wikipedia

この伊是名夏子ですが、この騒動で数多くの人から批判されましたが、言い訳に終始していました。

ネトウヨが社民党と批判するだけでなく、一般の人たちも感謝の心がない等々批判しておりました。

伊是名夏子がどうしてこういうのか考えると少し考えれば分かりそうですが、彼女はじつのところユダヤ人である可能性が高いということがわかりました。このことについて説明いたします。

伊是名夏子の『伊是名』という名前ですが、沖縄県を中心に、僅か900人程度しかいない珍しい姓です。

伊是名夏子は結婚しましたが、離婚をして事実婚の形にして旧姓で押し通しています。

またこの『伊是名』ですが、上級国民につながります。

沖縄の人たちから、庶民から暴政を振るった王を倒し、王にまでのし上がった『尚円王』です。

わたしはこの人のイメージに重なったのですが・・・。サウル王を倒したダビデ。

沖縄の人が『尚円王』を尊敬するのも、『サウル王を倒したダビデ』に重なるからなのでしょうか?

しかも沖縄=琉球はユダヤ人とつながっていることが暴かれています。

日本とユダヤのハーモニー 古代史の研究

琉球諸島にも、古代ユダヤ人たちが船による航海で上陸していた可能性が高いと言われている。少なくとも中国大陸と台湾と琉球諸島の間では、紀元前20世紀~紀元前10世紀にはすでに船の行き来が盛んに行われていた。ユダヤ人たちはなぜ東の島を目指したのか。それは旧約聖書にイザヤの預言として「海を渡った東方の島々にある、水があふれる山の上に、新しい神の都、エルサレムが造られ、民が喜び楽しむ長寿の国となる」とあったためだと考えられる。

アジア各地で立ち止まらず、中東から一目散に航海してきたとすると、琉球諸島に到着したのは、朝鮮半島を経由して来た集団が本土に到着した西暦1~3世紀よりもずっと早く、実に紀元前7世紀頃までさかのぼる可能性があるという。

まず台湾に一番近いのが与那国島。この名前は旧約聖書のヨナ書に由来している可能性がある。ヨナ書には、魚にのまれたヨナが一命を取りとめ、その後魚から吐き出されて陸地にたどり着いた話が記されている。

次にたどり着くのが八重山諸島だが、「ヤーエー(ヤハウェ)」はヘブライ語で神を意味する。そうなると八重山は「神の山」という意味だ。この「八重」という言葉は、日本語的には「八つ重なる」という意味しかないが、沖縄本島の八重岳や、那覇近郊の八重瀬町、八重島など、あちらこち

らに付けられている。沖縄県の最北端にある伊平屋(いへや)島もやはり「神(ヤハウェ)の島」と解釈できる。

さらに沖縄本島の那覇であるが、「ナハ」はヘブライ語で「安息、安住」を意味する。まさに「安住の地」と見込まれて名付けられた可能性がある。

また、沖縄とイスラエルの文化・風習は驚くほど似ている。沖縄には「看過(カンカー)」と呼ばれる厄払いの風習がある。生贄(いけにえ)として牛を屠ってその血をススキの穂や、桑の葉等の植物に浸して家の門口や四隅、村の入り口等に塗るというものだ。その牛はその日、焼いて皆で食された。「(災いを)見過ごす」という意味である。この風習はイスラエルの過越(すぎこし)の祭りとよく似ている。「過越」も「見過ごす」の意味だ。

過越の祭りは3千年以上も前から存在し、エジプトで奴隷にされたイスラエル民族が神によって選びだされた指導者モーセによってエジプトから脱出した出来事、つまり「出エジプト」を記念し喜び、神を礼拝する祭りである。過ぎ越祭の日の夕食には発酵していないパン、生贄を象徴する焼いた羊肉、ゆで卵、緑の野菜、苦菜(エジプトで奴隷の境遇に落ちたユダヤ人が流した涙を表す)、果汁の練り物を食す。

過越祭

沖縄には羊がいないので、牛の生贄になったのではないだろうか。このような血なまぐさい生贄の儀式は、当初は本土の大和朝廷でも執り行われていたらしいが、次第に消えていったようだ。

沖縄では伝統的な行事がほとんど旧暦で行われ、イスラエルの暦と共通点が多い。1月14日は旧暦の大晦日、トゥシヌユル(年の夜)と呼ばれ、その日は夜に豚の血を切り干し大根に混ぜた血イリチー(山羊の血と肉や内臓などを一緒に炒めて煮たもの)を祭壇にお供えしてから食べ、夜明けまで起きていないと災いに合うと伝えられている。

血イリチー

そして翌15日に正月を迎え、ご馳走を供えて餅を食べ、祝日は七日間続く。イスラエルでもニサンの月(1月)の14日の夕方に生贄として動物を屠り、その血を家の二本の門柱につける。そして15日から種なしパンの祭りが始まり、餅に似ている発酵していないパンを七日間食べ続ける。古代イスラエルの過越祭りも七日間続いた。

そのほかにも、イスラエルの旧暦1月16日の初穂の祭り、3月3日の七週の祭り、6月25日のカシチー(復活祭)、7月15日の仮庵の祭り(沖縄では十五夜)と類似点が多い。豊穣祭など様々な祭礼や宗教儀式についても共通点が多い。

聖書の創世記と沖縄の人類発祥神話にも共通点がある。聖書には人類の祖先としてアダムとイブの話が記されているが、沖縄の離島、古宇離島でも裸の男女の子供が餅を食べて生活をし、その子孫から沖縄の人々が誕生したという言い伝えがある。

沖縄のニライカナイ信仰は、はるか遠い東の海の彼方に楽園があり、そこから沖縄の神はやってきたというものだ。「ニライカナイ」をヘブライ語で読むと「耕された畑の島を得て、長く住む」という意味になる。イスラエルの民も東の島々に約束の地があると信じて、東への旅を続けた。

引用元:日本語ユダヤ起源説⑧驚くべき沖縄とイスラエルの共通性

また、伊是名という苗字ですが、沖縄では『イヂィナ』と呼ばれています。『イヂィナ』で調べると、あるユダヤ人俳優/歌手が出てきます。

『アナと雪の女王』の主題歌を歌った、イディナ・メンゼルです。

イディナ・メンゼル Wikipedia

このイディナ・メンゼルですが、両親がユダヤ人とあります。

沖縄=琉球王朝もユダヤだし、伊是名=イヂィナ=イディナですから、伊是名夏子もユダヤ人の血を引いている可能性が高いです。

しかも、伊是名夏子の病気は先天性の骨形成不全症という障害を持っていますが、この病気は近親婚が原因です。

現にフランスの著名な画家であった、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックは脚の発育が悪く、近親婚が原因だとする骨形成不全症だと言われています。

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック

生涯

南仏のアルビで生まれる。トゥールーズ=ロートレック家は伯爵家であり、祖先は9世紀のシャルルマーニュ時代までさかのぼることができる名家であった。両親はいとこ同士[2][3]で、父のアルフォンス伯は、奇妙な服装をするなど、変わり者で有名であった。

トゥールーズ=ロートレックは、幼少期には「小さな宝石(仏: Petit Bijou)」と呼ばれて家中から可愛がられて育った。しかし弟が夭折すると両親が不仲となり、8歳のときには母親と共にパリに住まうようになった。そこで絵を描き始めた。すぐに母親は彼の才能を見出し、父親の友人の画家からレッスンを受けるようになった。しかし13歳の時に左の大腿骨を、14歳の時に右の大腿骨をそれぞれ骨折して[4]以降脚の発育が停止し、成人した時の身長は152cmに過ぎなかった。胴体の発育は正常だったが、脚の大きさだけは子供のままの状態であった。現代の医学的見解では彼の症状は、近親婚に起因する骨粗鬆症や骨形成不全症などの遺伝子疾患であったと考えられている。病気により、アルビに戻ったトゥールーズ=ロートレックは活動を制限され、父親からは疎まれるようになり、孤独な青春時代を送った。

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック 生涯 Wikiedia

トゥールーズ=ロートレックも夜の世界の女性と交流を深めるとありましたが、障害のうっ憤を性行為で晴らしたのでしょうか?

知障とネットで揶揄されている人たちも性的衝動が抑えられないと聞きます。

知的障害の兄から性的虐待を受ける妹、ともに歩むべきか

また、『伊是名夏子』の趣味は『性教育』とあります。

伊是名夏子を擁護しているのが、創価メディア『ハフポス』であり、性教育やLGBT,ワクチン推進、言論弾圧など、上級国民にとって都合の良い情報を流しています。

この伊是名夏子はいわゆる上級国民で、共演者が自分にとって利用できる存在だと知ったとたん、実像が露になります。『めっちゃ使える!(私の僕として)ヘルパーをやらない?』と暴言を吐いています。

現に伊是名は、女子高校生に対して、ダメだしと称し説教をしていました。ある程度のアドバイスは必要だと思われますし、また悪いことをしたら注意したり、窘めないといけないですが、高校生の態度からしてそうではないことがわかります。つまり、自分のわがままを高校生に押し付けているということです。

また、こんまりだったら~とも言っていましたから、伊是名はやっぱり創価ということになります。

また、伊是名氏を辿ると、尚円王に繋がり、尚円王の家紋は『左三巴紋』でした。これって『九鬼家』と同じですね。また、尚円王の家系は『清和源氏』がルーツとのこと。

さらに、伊是名夏子は早稲田大学に進学しておりますが、この早稲田大学でNGOサークルに所属していました。

早稲田といえば、反日のたまり場でしたね。おそらくここ辺りで、辻元清美に繋がったのでしょうか。

この反日のたまり場西早稲田2-3-18ですが、ある著名人にも繋がります。

そう、杉原千畝です。

杉原千畝は籠池泰典にも似ており、籠池は左翼の味方になりつつありますから、これもまたつながるということか・・・。

杉原千畝は日本基督教団に繋がります。

日本基督教団といえば、Rapt氏に集団ストーカーや工作員を派遣してきたカルト集団です。

また、沖縄といえば、基地問題で、左翼の連中が絡んでいますが、その連中の名が・・・。

宇都宮健児・香山リカ・山本太郎・雨宮処凛・有田芳生・しばき隊・野間易通・・・。

日本基督教団の面をかぶった創価=すなわちユダヤ人の味方ばかりということがわかります。

彼らは庶民の味方を装った創価西田昌司、藤井聡を通して、京都イルミナティ創価人脈『白足袋族』=門川大作・千玄室・TOMORO・テリー伊藤と繋がっています。

千玄室はフリーメイソンで、『体罰の会』のユダヤ人加瀬英明、月刊ムー繋がりで苫米地英人、生長の家人脈竹田恒和、牛尾治朗、福田赳夫の孫越智隆雄にも繋がります。

また、伊是名夏子は、中学生の頃、 『高円宮スピーチコンテスト』で全国大会にも出場。

一気に世界が広がった英語スピーチコンテスト出場
 
英語教師の父のおかげで、英語は得意でした。
中学に入ってからはストーリーコンテストや、スピーチコンテストに出まくりました! 部活がなかったので、得意なことを発揮できる大会は新鮮でもあり、同学年の友だちとふれあえる唯一の機会でした。初めて出たコンテストでは、内容を忘れてしまい、途中沈黙してしまうことも。

そして中学二年生のとき、高松宮杯(現:高円宮杯)英語スピーチコンテストに出場しました。日本語で文を考え、英訳、それを知り合いのネイティブに見てもらい、三か月間練習を重ねました。

実はその時、私のモチベーションになっていたのは東京でのショッピングでした。中学二年生の夏休み、姉の住んでいた東京に遊びに行った時、新宿南口に建設中の高島屋を見て、衝撃を受けたのです。大きいデパート!! ここで買い物したい! でも秋にオープンでまだ開いていません。スピーチコンテストで沖縄県代表に選ばれたら、高島屋に行ける! と思いつき、必死に練習したのです。
見事に県大会を勝ち抜き、全国大会へ。3泊4日の日程で開かれ、各県から3人ずつ選ばれた、約150人の中学生が集まります。日中は大会ですが、夜は交流会やゲームがあり、友だちと濃い時間を過ごします。20年以上たった今でも仲良くしている友だちもいます!

そしてラッキーなことに、全国二位になり、アメリカのサマープログラムにも招待されました。

養護学校に通うだけでは友だちも少なく狭い環境になりがちですが、コンテストに出ることで私の世界が一気に広がりました。

引用元:コラム 中学時代の思い出 ~英語スピーチコンテスト出場と高校受験~

高松宮=高円宮久子は創価学会とズブズブでしたね。

こういう連中が我々を騙しているのです。利権の為に動き、ユダヤ人の為だけに動く彼らが本当に滅亡しますように願います。