国民にワクチンを何が何でも打たせたい河野太郎は海賊の末裔

こんばんは、今日は河野太郎について書かせて頂きます。

河野太郎といえば、Twitterアカウントを持っている自民党の政治家の中でも、数多くツイートをしている人です。

その殆どが実にくだらないツイートだと思いますが、中でも自衛隊やワクチンに関するツイートは熱心にしているようです。

そんな彼もだんだん顔が険しくなってきているとのこと。コロナワクチンを接種した医療関係者が死亡し、彼が推し進めたいコロナワクチンの危険性が露になり、陰謀論を知らない一般の人たちまでも「ワクチンは絶対に打たない」と言い始めたので、このままではヤバい(何が)とでも思ってきたのでしょうか。

また、河野太郎や取り巻きの創価関係者の悪質さを広めていたアカウントが「河野太郎からブロックされた」ことを訴えています。

つまり、河野太郎が薦めるコロナワクチンが人を死に至らしめる代物であることを知りながら、全国民に何が何でも摂取させたいことがバレた。そのことが知られたから慌ててブロックしたとしか言いようがありません。

河野太郎といえば、河野一郎の息子で、いわゆる政治家のサラブレッドですが、彼の先祖はなんでも海賊だったとのことです。

四国松山(愛媛県松山市)にあった湯築城一帯を治めていたのが河野氏。その河野氏の子孫が「河野一郎」「河野太郎」と言われているそうです。

私は昔「信長の野望シリーズ」が大好きでよくプレイしていたのですが、「河野氏」といえば、最弱の大名であるイメージがありました。

また、「河野氏」自体も、水軍を要した海賊衆であると言われています。

また、安芸の小早川氏、伊予の越智氏や河野氏、三浦半島の三浦氏、関東御免船として活動した津軽の安東氏[10][11][12][13][14][15]などは、陸の武士であると同時に支配下の沿海土豪からなる水軍を擁した海賊衆でもあった。

引用元:海賊 Wikipedia

ワクチンを薦めたがる連中に「忽那賢志」という医師がいましたが、彼も水軍=海賊でしたね。

忽那賢志も製薬会社から百数十万円の報酬を受け取っているデータが暴露されています。

ワクチンを打たせたい連中は海賊なのでしょうか?

Rapt理論でも、「村上水軍」の末裔が、イルミナティを仕切っていると暴かれました。

RAPT×読者対談〈第121弾〉清和源氏と日本会議と蝦夷共和国と緑の星。

未だに、日本では戦国大名の末裔が悪さをしているということです。