黒瀬深は麻生太郎の工作員

こんにちは、今日は2つ目の記事を書かせていただきます。

前回の記事でDrナイフが黒瀬深と同一人物で、イルミナティの工作員だということについて書かせていただきました。

今回は黒瀬深について書かせていただきます。黒瀬深ですが、Twitterをやっている人ならご存じの通り、愛国主義者であり、ネトウヨです。

また、彼は『飯塚軍』と呼ばれる、ネット工作集団に所属していることが暴かれています。

【特別寄稿】右翼系インフルエンサー・黒瀬深の正体は謎のネット圧力団体「飯塚軍」メンバー

拠点はネット圧力集団「飯塚軍」
いくつものパーソナリティを使い分けてきた黒瀬だが、かれがすべての名義を明して活動してきた、拠点というべき団体がある。それが「飯塚軍」。Twitter上での交流を活動の主軸とする一方、メンバーと敵対した他ユーザーに対し集団で圧力を加え、不適切な投稿を引き出して一斉にTwitterに規約違反を「通報」、アカウントを凍結させるといった攻撃的な活動が特徴のグループである。

飯塚軍の主な闘争システムはこうだ。

まずメンバーがグループ外の人物とのトラブルを飯塚軍に報告する。するとリーダーの「プロシュート」氏が直接敵対相手にコンタクトをとる。プロシュート氏は対象者と話し合いを行うが、和解に至ることはまれで、飯塚軍として攻撃を加えることの正当化の手段とも言われる。さらに相手の関係者にも連絡をとり、場合によっては連帯責任を強要するなどの要求を重ねていく。敵対相手が一方的に折れない場合は、飯塚軍は対象者に攻撃を開始する。

飯塚軍メンバーは攻撃対象者の過去のツイートを確認し、Twitterルールに抵触していないかを精査する。少しでも怪しい投稿があればメンバーに共有し、一斉に「通報」を行うと同時に、そのツイートに対しては目印として内容のないリプライ(返信)を行い、精神的にも対象者を追い詰めていく。

少なくない攻撃対象者はやがて屈服し、飯塚軍に和解を申し出るが、飯塚軍からの和解条件は全面的な服従要求。闘争の中で能力を認められれば、一兵卒として加わることも求められる。こうして飯塚軍はさらにその勢力を水面下で拡大させていくことになる。

メンバーにとって都合の悪い人物・勢力をグループ全体で攻撃できることから飯塚軍はネットユーザーの一部から人気を集めていたが、特定ユーザーへの人格否定、脅迫、でっち上げによる批判を加えるなどの手法には反発も少なくない。

飯塚軍のこうした圧力のかけ方は、敵こそ違えど黒瀬のTwitterにおける攻撃手法に通ずるものを感じさせる。黒瀬は飯塚軍の「本部」所属ではあったものの、「ひっそりとしたイメージ」の存在だった。Twitter上での「年収二億」「サウジアラビア在住」などといった虚言は、自身を過剰に大きく見せるための悪あがきだったのだろう。

ネット右翼の牙城か 浮かび上がる右派系人脈
黒瀬を筆頭とするネット右翼達は、団結して戦略的にTwitter世論を操作している。特に最近はTwitterの「トレンド」欄を政治的主張で埋め尽くそうという、いわゆるツイッターデモが盛んで、黒瀬本人もしばしばデモを主導する役回りを演じている。

こうした一部のネット世論の動きはあまりに統一的であるとする指摘も少なくない。背後に組織的な戦略があるのではと疑う声もあるほどだ。

ここにきて、こうしたネット右翼の動きにも、飯塚軍の関与があるという疑惑が急浮上した。

黒瀬が所属しているとみられる飯塚軍には、ネット右翼的思想を抱くメンバーが多い。さらには「親日外国人」として知られ、国内の右派系アカウントとも交流のあるインフルエンサーも飯塚軍リーダー・プロシュート氏らと親密であるとの指摘もある。

もちろん、飯塚軍の活動の中心は、前に述べた「通報」である。しかし、当然雑談などの機会もあり、そうした中で黒瀬らは自らの思想を浸透させていったのではないだろうか。

【特別寄稿】右翼系インフルエンサー・黒瀬深の正体は謎のネット圧力団体「飯塚軍」メンバー

実はこの『飯塚軍』のやり口は創価学会員が脱会者や批判者などに対して行う嫌がらせとそっくりです。

創価学会敵対者駆除マニュアル
考えてること
創価学会
敵対者駆除マニュアル

a)創価学会への強固な敵対者に対しては、将来的に考えてもその子息子女を落とす必要がある。 子息子女の不幸により折れる可能性も高い 子息子女へは 創価学会へ反発しないよう躾ける
敵対者の子息子女の結婚は潰す必要がある。
会員の子息子女の敵であってはならない
b)会員の商売敵を排除する事は資金確保の上で重要である。商売敵の子息子女も、将来を見据え落とす必要がある。 会員の子息子女の商売敵にならぬよう落とし躾ける
c)敵対者が地域で高評を受けぬよう計らう
d)各会員が連帯し、自然と不幸になったように落とす必要があるくれぐれも会員が疑われてはいけない
e)敵対者の言に信頼が集まらないよう計らう
f)敵対者の安定につながる者らも落とす必要がある
g)常に経済的/心理的に圧迫させる必要がある。

組織犯罪集団ストーカーin山梨

私は黒瀬深らネット工作員は内調=内閣情報調査室とも繋がりがあると疑っております。私が過去にあげたYoutubeを参考として上げさせて頂きます。

また、1ツイート1000円にについても、未だに工作員がネタだと嘲笑してきました。

また、コロナ騒ぎで数多くの即席アカウントがコロナが危険だったり、コロナはただの風邪ツイートしていましたね。コロナが風邪というツイートを工作員にさせることによって、コロナが風邪という情報をインチキだと誘導しようとしていたのでしょう。ちなみに、そのアカウントはランサーズ絡みでした。

ランサーズの秋好陽介社長はネット工作員の中田敦彦にそっくりでしたね。

また、中田敦彦を批判すると、中乃井みあきなどの創価工作員が群がってきましたね。

内調→内閣府→ランサーズということは、中乃井みあきなどの創価工作員にも繋がっている可能性がありますね。

また、前回の記事では、プロミュージシャンがネット工作に携わっている事について書かせていただきました。

Rapt氏をストーカーしている創価学会中田敦彦&李家一族らは悪魔崇拝者

そのプロミュージシャンとは、元ラヴタンバリンズのellieと、タンバリンマスターGONZOでしたね。

ネット工作員のラブタンバリンズエリ(Ellie)

また、私が調べるのに使用させていただいているサイトにそっくりさんのサイトがあるのですが、池田大作で調べるとトップで出てくるのが彼。

ヘヴィメタル評論家の伊藤政則
創価学会 池田大作

伊藤 政則(いとう せいそく[1]、1953年7月10日[3] – )は、日本の音楽評論家。ヘヴィメタル専門誌である『BURRN!』の編集顧問。アイアン・メイデンやボン・ジョヴィ、メタリカ、エアロスミスなど、数多くの世界的なバンドと交流があり、「Masa-Ito(本名に由来)」の愛称で親しまれている。ヘヴィメタルのみならず、60年代以降のブリティッシュ・ロック全般やプログレッシヴ・ロックにも精通していることで知られる。

伊藤政則 Wikipedia

ellieも伊藤政則の番組を熱心に見ていたとツイートがありました。

ミュージシャンの中にも一定数の割合で、創価ネット工作員が潜んでいるのでしょうかね?

また、ブランキージェットシティの浅井健一もネトウヨと囁かれ、現に愛国的な発言を数多くしているようです。

元ブランキージェットシティの浅井健一はネトウヨ

ブランキージェットシティの浅井健一ってネトウヨなの?

1: 2016/06/29(水) 16:02:06.16 ID:0.net
浅井さんは昔から反戦のメッセージを込めた楽曲を多く発表していますよね。
しかし現状の日本は対極の方向に進み続けていると言えますが、憤りは感じますか?

浅井:
戦争をやりたい人なんて何処にもおらんと思うけど、日本は軍事力を持つべきだと思う。
憲法第9条は間違ってる、それが自分の考え。戦争をしないために武力を持つべき。
うちらは戦争放棄だって言って、絶対戦争しないって言ってるけど、周りの国々はそうじゃないじゃん。
凄い弱腰でしょ、今の日本。それが凄いアタマくる。全ての自衛を日米安保でアメリカに頼ってるから、
毅然とした態度で自分たちの意見を言えない訳じゃん。だから自分たちの国は自分たちで守るんだって、軍備を整えてアメリカに頼らなくてもいい日本を作る。じゃなきゃ対等に話し合いなんてできる訳がない。

hotexpress
http://www.hotexpress.co.jp/interview/asaikenichi_060712/asaikenichi_aticl03.html
※ソースより抜粋。全文はソースをご覧ください

音楽がないと生きていけない系ヲタがまとめてみた

いちミュージシャンが憲法9条改正に口を出していますね。

さらに、ミュージシャンでこそないですが、彼も麻生太郎と近い関係ではないかと疑っております。

さゆふらっとまうんどこと平塚正幸。

彼は、麻生太郎にも似ていますし、平塚と飯塚は非常に近い関係でした。

https://twitter.com/9n7eWQtutsamatw/status/1297462674402480129

さゆふらっとまうんど(国民主権党 平塚正幸)は麻生太郎と繋がっている

平塚正幸となぜか飯塚が繋がってきますし、平塚と麻生も繋がっています。

しかも麻生太郎の祖父吉田茂の邸宅は、大磯町にありましたし、隣町が平塚市でした。さらに、平塚といえば、この人の地盤でしたね。

平塚を地盤とする河野太郎

河野太郎も結構な頻度でTwitterを更新していますし、工作員が擁護のコメントを書き込んでいるようです。

おそらく『飯塚軍』の一派も書き込みをしているのでしょうか?

麻生太郎と繋がっている、ひろゆきこと西村博之も河野太郎を擁護。ひろゆきはフランス在住で、フランスと言えば、麻生太郎でしたね。

麻生太郎の娘がロスチャイルド家の御曹司と政略結婚。さらに、ひろゆきの関わっていたニコニコ動画に麻生の息子と甥も関わっていましたね。

RAPT×読者対談〈第132弾〉リチャード・コシミズの正体。(麻生太郎とアヘン貿易の仲間たち)

しかも朝堂院大覚と仲良しのベンジャミンフルフォードはリチャードコシミズと繋がっていますし、リチャードコシミズは、Raptブログで上げられたこの人とそっくりです。バラの大御所村田晴夫氏の殺害に関わった可能性のある、京成バラ園芸鈴木満男。

バラ業界の大御所・村田晴夫氏の不審な死は、工作員によって揉み消しにされてしまいました。その確たる証拠をお見せします。

バラ業界の大御所村田晴夫氏の不審死に関わった可能性の高い 京成バラ園芸 鈴木満男 氏
誤誘導上等陰謀論者 リチャードコシミズ

また、バラを辿ると、なぜか、麻生太郎の妻と安倍昭恵に辿り着きます。何故でしょうかね?

麻生千賀子も安倍昭恵も花=バラがお好きなようです。

農業協同組合新聞
【サカタのタネ】
『第3回日本フラワー・オブ・ザ・イヤー(最優秀賞)』を受賞
トルコギキョウ『ロジーナ ラベンダー』
最優秀賞を受賞したトルコギキョウ『ロジーナ ラベンダー』とその受賞マーク  1…

最優秀賞を受賞したトルコギキョウ『ロジーナ ラベンダー』とその受賞マーク
最優秀賞を受賞したトルコギキョウ
『ロジーナ ラベンダー』とその受賞マーク
 12月10日に開催された、アジア・日本発で年間最高の花の新品種を選ぶ『ジャパンフラワーセレクション08?09』の切り花部門で、(株)サカタのタネ(坂田宏社長、本社:横浜市都筑区)のトルコギキョウ『ロジーナ ラベンダー』が『第3回日本フラワー・オブ・ザ・イヤー(最優秀賞)』を受賞した。
 同社の今回の最優秀賞受賞は、第1回(06?07)のビオラ『サンベリーナ プチモルフォ』、第2回(07?08)インパチェンス『サンパチェンス ラベンダー』(いずれも花壇苗部門)に続くもので、業界初の3連覇を果たした。
 審査では、「これまでトルコギキョウにはなかった花色。厚い花びらと整った花型が綺麗で、バラのように咲く八重咲きの品種。時流にマッチした、主張しすぎない品の良い花色と高級感ある花型が魅力的で、幅広い年代層の人々に愛されるだろう」と高く評価された。
 『ロジーナ ラベンダー』は、バラと見まがう上品な花形で、花色は赤みが少なく高貴でアンティークなイメージのラベンダーカラーで、人気のブルー系の中間色として特に冠婚葬祭などの業務用、フラワーアレンジメントでたいへん需要が多い花色に仕上げられている。

「花は心の癒し。花の育成で、社会貢献を果たしたい」と坂田社長(12月10日、南青山会館で) 麻生千賀子総理夫人に花を贈呈
「花は心の癒し。花の育成で、社会貢献を果たしたい」と坂田社長(12月10日、南青山会館で)

農業協同組合新聞
薔薇の贈呈を受ける麻生千賀子(麻生太郎の妻)
安倍昭恵と麻生千賀子が植樹したバラ(佐倉ハーブ園)

安倍首相、昭恵夫人に捧げるバラが登場

 安倍晋三首相と、夫人の昭恵さんに捧げられたバラがこのほど公開された。名付けて「プライムミニスター・アベ」と「ファーストレディー・アキエ」。「ジョン・F・ケネディ」や「シャルル・ド・ゴール」など、海外では政治家にちなんだバラは珍しくないが、日本の首相の名前をつけたバラは、中曽根康弘氏にちなんだ「プライムミニスター・ナカソネ」に続き2例目。

 公益財団法人「日本ばら会」が、同会で作出したなかから安倍首相、昭恵さんにふさわしい品種を選んだ。「プライムミニスター」は淡い黄色に赤の覆輪(花弁の外縁)、「ファーストレディー」はほのかにピンクを含んだクリーム色で、いずれも伝統や正統性を感じさせる大輪。

 16日まで西武ドーム(埼玉県所沢市)で開催中の「第16回国際バラとガーデニングショウ」でお目見えした。同会によると、昭恵さんはファーストレディーとしての外交の一環として、前駐日トルコ大使夫人へ自ら名付けたバラを送るなどの取り組みを展開。そうした活動が夫妻のバラ誕生につながったという。

■バラ専門情報サイト「New Roses Web」

(http://newroses.sankei.co.jp/)

安倍首相、昭恵夫人に捧げるバラが登場

また、安倍昭恵が代表を務めるローズの会にも創価学会の東出融が関わり、バラはフリーメイソンのシンボルらしいですね。フリーメイソンは悪魔崇拝の組織ですから、彼らが言論弾圧するのは理にかなっています。

また、麻生太郎が自民党ネットサポーターズの会長であることが、Rapt理論で解明されています。

RAPT×読者対談〈第126弾〉麻生太郎と悪魔崇拝。麻生太郎がこの世界の中心になろうとしている現実。

政治家の履歴書・総理編 ~麻生太郎

・生没年月日

1940年(昭和15年)9月20日 - 存命中

・出身地

福岡県飯塚市

2010年(平成22年)6月

自由民主党ネットサポーターズクラブ最高顧問

2012年(平成24年)12月

第2次安倍晋三内閣・副総理(内閣総理大臣臨時代理) 兼 財務大臣 兼 金融担当内閣府特命担当大臣 兼 デフレ脱却・円高対策担当大臣 (~2014年12月)

2014年(平成26年)12月

第3次安倍晋三内閣・副総理(内閣総理大臣臨時代理) 兼 財務大臣 兼 金融担当内閣府特命担当大臣 兼 デフレ脱却担当大臣 (~2017年11月)

2017年(平成29年)7月

自由民主党志公会会長

2017年(平成29年)11月

第4次安倍晋三内閣・副総理(内閣総理大臣臨時代理) 兼 財務大臣 兼 金融担当内閣府特命担当大臣 兼 デフレ脱却担当大臣 (~現役)

現在、

副総理(内閣総理大臣臨時代理)

財務大臣 

金融担当内閣府特命担当大臣

デフレ脱却担当大臣

自由民主党たばこ議員連盟顧問

日韓議員連盟副幹事長

日韓協力委員会会長

日伯国会議員連盟会長

NPO法人日本オリンピアンズ協会顧問

自由民主党福岡県支部連合会最高顧問

自由民主党ネットサポーターズクラブ最高顧問

等々

政治家の履歴書・総理編 ~麻生太郎~

JNSC=自民党ネットサポーターズの最高顧問が麻生太郎で、ニコニコ動画にも息子の麻生将豊、甥の麻生巌を送り込んでいるということは、麻生太郎がネット工作員の総元締めだということです。つまり、黒瀬深も、前回上げたDrナイフ、TAMU、もへもへ、全部アベのせいだBOT、中乃井みあき、Qアノン、カオナシ、okabaeri、Vinoなども麻生太郎配下『飯塚軍』に絡んでいる可能性が高いということです。そして、中田敦彦と福田萌一族と創価学会による言論弾圧も麻生太郎が一枚噛んでいる可能性が高いということです。

彼らが悉く滅びますよう心から願います。