大企業は創価学会によって牛耳られている。

おはようございます。じめじめした7月が終わり夏らしくなってきました。いきなり30度以上の猛暑日が続きますが、いまだに嘘のコロナで騒いでいます。

私の通っている職場でも、3密状態にも関わらずマスクをしろとか指示してきます。私が派遣されているその会社は例にもれず創価企業ですが・・・。マスク着用はコロナ予防という名目で人権侵害をしているのではないかと疑いますね。

職場のフロアでマスクを指示されているので、マスクを着用していると、私の場合ですが耳が痛くなってくるし、集中力が途切れるのですよ。もちろん、外ではマスクは外しますが。あと、職場でも会議以外はマスクを外しています。また、そのことによってとがめられることはありませんがね。しかし、職場のリーダーが女性の上に、チクリ屋さんですからどうなるかわかりませんが。

またマスク着用の協力ないし、強要をしているのが、いずれも大企業ばかりですね。JR、東京メトロ、セブンイレブン、ソフトバンクなどなど。

ツイートを上げておきますが、いずれも創価企業です。

【東京メトロ】

【JR東日本】

【セブンイレブンジャパン】

https://twitter.com/fluolite08/status/1254247259983638528

【ソフトバンク】

【東急】

Youtuberのエガちゃんねること江頭2:50もマスクを着けたり、取ったりとかなりお忙しい様子です。

そんな中で、同じく大企業のヤマザキパンを親会社に持つヤマザキデイリーストアでは、マスク着用NO!を叫び始めましたね。

本題にはいります。

コロナの嘘をつきつづけたいがためにマスク着用協力、社員や派遣やアルバイトには強制する大企業ですが、創価学会と密接な関係がありました。

以下のツイートをご覧ください。

創価大学の就職先はいずれも名のある大企業ばかりです。デロイトトーマツ、

トランス・コスモス、NEC、IBM、日本ヒューレットパッカード、野村證券、ネットワンシステムズ、日立製作所、PwCあらた、ユニ・チャーム、リクルート、アクセンチュア、ヤマハ、セコム、全日空(ANAホールディングス)、大塚商会、コクヨ、五洋建設、セコム、ALSOK(綜合警備保障)、ソニー生命、日本郵便、ニトリ、パナソニック、ユナイテッドアローズ、内田洋行、近畿日本鉄道、コニカミノルタ、日本オラクル・・・

また、中田敦彦は創価学会信者とRapt理論で暴かれましたし、彼も創価企業ばかり称賛しています。

過去にもGoogleやTwitter、セールスフォースドットコムを絶賛していました。

【Google】

【Twitter】

【セールスフォースドットコム(Sales Force.com】

【マッキンゼー】

日本のトップたちの多くが創価=マッキンゼー出身。

勝間和代も創価=マッキンゼー出身で、LGBTを薦め、実際に同性婚をしていました。

他にも創価が絡んでいる企業。

アクセンチュア、ジュピターテレコム、セールスフォースドットコム、ソニー

また、余談にはなりますが、ソニーはカルト資本主義を著した作家の斎藤貴男がカルトと関係があると暴きましたが、そのことについてトンデモやニセ科学、疑似科学を提唱すると学会の藤倉珊が激怒。

———————–引用ここから————————-
と学会(とがっかい)は、「世間のトンデモ本やトンデモ物件を品評することを目的としている」と謳っている、日本の任意団体。

なお、名称に「学会」とあり、さらに公式HPにもTHE ACADEMY OF OUTRAGEOUS BOOKSなどと表記しているが、学会やそれに類する学術団体ではない。あくまで非アカデミックな私的団体である。

~~~~~途中略~~~~~

会員・運営委員
運営委員
藤倉珊(アマチュアライター)
当初は副会長にしてトンデモ本という概念の生みの親ながら、「つっこみやすい本をえらんでつっこむという手法」に疑問を感じるようになったなどの理由により、と学会へ書評を寄せることは一時少なくなり、副会長の座も降りた[14]。活動再開の理由は、内容が明らかにおかしいのにベストセラーになったり、マスコミに好意的に取り上げられたりするものを指摘するためとし、『カルト資本主義』(斎藤貴男)や『奇跡の詩人』、『水からの伝言』シリーズ(江本勝)等を取り上げている。特に『カルト資本主義』などのソニー批判に対して激昂して、他の書評と文体が著しく異なる。似顔絵が美形なのは眠田直いわく「ゴネ得」だという[15]。

———————–引用ここまで————————-

ソニーがカルトだと提唱したら、と学会が激怒。と学会もカルトと関係があるのでしょうか。

ソニーの創業者盛田昭夫は生長の家創立者谷口雅春と関係がありました。

———————–引用ここから————————-
なお、日本近代史における成功者の系譜として、松下幸之助、井植歳男、盛田昭夫、稲森和夫らが挙げられるが、いずれも生長の家の谷口雅春との関係がある。
 谷口は出口王仁三郎の大本教幹部だったので、日本における戦前、戦後の事業成功者の多くが実は、大本教とのつながりを持っていると思っていい。
 現在の日本会議や、松下政経塾も、谷口雅春によるアイデアの実現である。
 これが何を意味しているのかは、別に項目を立てて考察が必要だと思う。
———————–引用ここまで————————-

生長の家谷口雅春がいかにカルトで危険な思想を押し付けていることについてはRapt理論を基にKAWATAさんのブログで解明されていますし、JAL=日本航空が絡んだ巨大殺人&詐欺事件の『JAL123便墜落事故』も生長の家が絡んでいます。

「JAL123便墜落事故」の真相を闇に葬り、暴利をむさぼった犯人は「生長の家」です。

「日本会議」の本体である「生長の家」は、基本的人権、国民主権、平和主義を全ての国民から奪おうとしています。

また、創価学会の教祖『池田大作』はもともと『生長の家』の信者で谷口雅春からも影響を受けています。

生長の家谷口雅春と関係があった
ソニー創業者の盛田昭夫

Rapt理論でも盛田昭夫の相方、創業者の井深大がマハリシのつくった超越瞑想を
福利厚生として取り入れたことが暴かれています。

超越思想を勧めた
ソニー創業者
井深大

超越瞑想は悪魔と繋がる危険な考えであり、ロハスのマーケットとも密接な関係があります。

RAPT×読者対談〈第89弾〉ニューエイジと満州と大本教と蝦夷共和国。背後にいるのは同じ一族。

『と学会』の藤倉がソニーがカルト思考マハリシを推奨し、それに心酔していたから、激怒したのかもしれません。

と学会もカルトということです。

大企業のソニーも創価大学卒業生を採用していますから、ソニーも創価企業ということです。また、中田敦彦も創価企業のソフトバンクと共にソニーを取り上げています。

創価の太鼓持ちである中田敦彦は
過去に創価企業ソフトバンクとソニーについて収録していた。

また、ソニーだけでなく
Microsoft、JAL、ニトリ、東芝、ドワンゴ、
ツイートを上げておきますので、ご覧ください。

【Microsoft】

【JAL】

【ニトリ】

【東芝】

また福山雅治がイメージキャラクターを務める東芝は原発利権に深くかかわり、Rapt理論でも原発が嘘であることが証明されています。東芝は三井グループ=ロスチャイルド家。つまり、創価学会は信者からのお布施と高利貸しでぼろ儲けした上に、嘘の原発で巨利をむさぼったというわけです。

RAPT×読者対談〈第71弾〉嘘と矛盾だらけの核技術。

創価企業東芝は天皇家の投資顧問を務めていたこともRapt理論で暴かれました。

どの角度から見ても「天皇」こそがこの世界の悪の頂点です。

Rapt理論で日本の原発のうち約30基を『日立製作所』と『東芝』が製造し、
のこりは『三菱重工』が作っていると書かれています。

「原子力村」の中心人物が「天皇」であり、反原発を訴えると、必ず脅迫・批判・悪口・攪乱メールが送られてくるという現実。

また、『三菱重工』は三菱グループで、三菱グループといえば、創価。
三菱グループは安倍晋三とも密接な関係があります。

安倍晋三も麻生太郎も『創価学会』と密接な関係があるということです。

【ドワンゴ=KADOKAWA】

【麻生太郎】

とくにKADOKAWA系列のドワンゴは2ちゃんねる創立者西村博之が絡んでいますし、
西村博之=ひろゆきも創価です。
しかも彼はフランス在住で、フランスも創価と密接な関係がありますし、
ひろゆきは飯塚幸三を擁護。

しかもドワンゴは麻生太郎と繋がりがあります。


その飯塚幸三も創価学会だから逮捕されないということです。

https://twitter.com/9n7eWQtutsamatw/status/1289851387585560576

今月初めに発生した、首都高でのポルシェ追突事故の犯人の会社も創価という疑いがあります。とにかく、創価は何かにつけて優遇、悪事も全部もみ消すということです。そして本当の被害者が救われないということです。しかしながら、Rapt理論で創価学会が真の悪だとばれてから意味が無くなっていますがね。

大企業は創価の密接な関係はここにもあります。創価大学では大企業の経営者たちがセミナーを開いています。

旭化成、アイリスオーヤマ、王子製紙、東日本電信電話(NTT)、読売テレビ放送。

宝塚、共同印刷、KDDI、ダイワハウス、大成建設、日本航空(JAL)、JR東日本。

スーパーホテル、富士通、サントリー、角川(KADOKAWA)、首都高、キヤノン、日本製紙、全日空(ANA)、イオン。

幸楽苑、日立製作所、日本アイ・ビー・エム(IBM)、東京ガス、NEC、テレビ朝日、ニッポン放送、キリン、くら寿司。

スタジオジブリ、ヤマダ電機、セコム、文化放送、時事通信社、日本旅行、太田胃散。

伊勢丹、日本テレビ、東京電力、アシックス、博報堂、ウォルトディズニーカンパニー、スズキ、そごう、毎日新聞社。

ニトリ、メガネスーパー、中日新聞社、東レ、神戸新聞社、デイリースポーツ、凸版印刷、徳間書店、松下電器(パナソニック)、名古屋鉄道(名鉄)、ダイエーホークス。

東芝、電通(成田豊)、TOTO、王子製紙、西日本新聞社、トーハン、王将フードサービス、カルビー。

これらをまとめると、こういうことになるのではないでしょうか。現に池田大作を糾弾しているサイトが産業界などの創価の網の目を張り巡らす。また、経済面で学会系企業が財界を支配するという工作を創価学会が長年にわたってしてきたというわけです。また、大企業のトップはカルト宗教創価学会の信者であると隠しているケースも多々あるようです。となると、大企業が創価学会と密接な関係があると考えてもよいのではないでしょうか?

———————–引用ここから————————-
「目立たないように枝を伸ばし、産業界に網の目を張りめぐらして、最後に総合商社を作って決戦だ。(中略)中曽根康弘は心配ない、こちらの小僧だ。総理大臣になりたいと云っていたので、よしよしと云っておいた。ケネディきどりだ、坊やだ」
(第6回社長会・昭和42年11月25日)

~~~~~途中略~~~~~

これらをまとめてみますと、要するに、

精神面では、日本中を学会員にして池田の弟子にする 
政治面では、公明党が政権を樹立する 
経済面では、学会系企業が財界を支配する 
その他(行政、司法、マスコミ、教育、芸能等々)の要所要所に学会員を送り込んで日本国の機構を完全掌握する 
最後に、これら全体を統括し、池田大作が日本国の最高権力者となる

といった多面的構想で、日本国を完全支配しようと画策していたのです。
 これは、単なる誇大妄想狂の絵空話ではありません。
 現に学会の急激な教線拡大を背景として、公明党は第三政党にまで議席を伸ばしましたし、各分野に送り込まれたエリート学会員(弁護士、検事、判事、公認会計士、税理士、警察官や外交官等の国家公務員上級職等々)はおそらく現在では約一千名を数えるでしょう。
 池田大作と創価学会による日本国乗っ取り計画は着実に進んでいるのです。
———————–引用ここまで————————-

Raptさんが創価学会の闇を暴いていなければ、朝堂院大覚やリチャードコシミズやQアノンや苫米地英人のようなインチキ陰謀論者がデタラメを言ってガス抜きを行い、その一方で我々は苦しみ続けなければなりませんでした。

本当に創価学会が滅びないと我々の生活が危うくなるだけでなく、命の危険性もあるということです。創価学会の滅びを心から願います。