荒木健太郎は大本教関係者であり、ケムトレイルを隠ぺいする工作員である

こんにちは、本日は2回目の更新にチャレンジします。今回は荒木健太郎という人について書かせていただきます。

天気の子を監修した
気象学者の荒木健太郎

荒木健太郎といえば、著名な気象学者でした。荒木健太郎は慶応義塾大学卒業とあります。

荒木健太郎 -Wikipedia-

—————————- 引用ここから —————————-
荒木 健太郎(あらき けんたろう、1984年11月30日 – )は、日本の気象学者。雲研究者。専門は雲科学・気象学。現在、気象庁気象研究所研究官、三重大学大学院生物資源学研究科協力研究員、防災科学技術研究所客員研究員[1][2]。
来歴
茨城県出身。茨城県立竹園高等学校卒業。慶應義塾大学経済学部を経て気象庁気象大学校卒業。三重大学大学院生物資源学研究科で博士(学術)の学位を取得。地方気象台で予報・観測業務に従事した後、現職に至る。
専門は雲科学・気象学。防災・減災のために、豪雨・豪雪・竜巻などによる気象災害をもたらす雲の仕組み、雲の物理学の研究に取り組んでいる。[1][2]
著書に『雲を愛する技術』、『世界でいちばん素敵な雲の教室』、『雲の中では何が起こっているのか』、『せきらんうんのいっしょう』、『ろっかのきせつ』など、 監修に映画『天気の子』(新海誠監督)、『天気と気象の教科書』(Newton別冊)、『気象のきほん』(Newtonライト)などがある。

経歴
2003年4月 – 2004年3月 慶応義塾大学経済学部
2004年4月 – 2008年3月 気象庁 気象大学校
2008年4月 – 2010年3月 新潟地方気象台
2010年4月 – 2012年3月 銚子地方気象台
2012年4月 – 2013年5月 気象庁 気象研究所 物理気象研究部 第一研究室 研究官
2013年5月 – 2015年3月 気象庁 気象研究所 予報研究部 第四研究室 研究官
2015年4月 – 2019年3月 気象庁 気象研究所 予報研究部 第三研究室 研究官
2019年4月 – 現在 気象庁気象研究所 台風・災害気象研究部 第二研究室 研究官
2019年9月 – 現在 国立研究開発法人 防災科学技術研究所 客員研究員
2019年4月 – 現在 三重大学 大学院 生物資源学研究科 協力研究員
2010年5月 – 現在 日本雪氷学会 電子情報委員会委員
2016年6月 – 現在 日本気象学会 気象研究ノート編集委員会委員[1][2]
人物・エピソード
気象庁気象研究所研究官として災害をもたらす雲の仕組みについての研究を行う一方、雲研究者として一般向けの気象学や雲についての書籍を多く執筆・監修し、講演活動などを通して市民の防災リテラシーの向上に取り組んでいる[3][4]。2019年7月に公開された映画「天気の子」(新海誠監督)の気象監修を務め、本人役で声の出演もした。Twitter(フォロワー数は約12.7万、2020年2月現在[5])などのSNSでは、日々美しい空や雲の写真をアップしているほか、気象現象のしくみについて解説[6][7][8]したり、気象情報の発信も行っている[9]。
雲の微物理過程の研究[10]、大気・雲の放射観測研究[11]、積乱雲による豪雨[12]、南岸低気圧による首都圏の豪雪[13]などの実態解明や予測のための研究に取り組んでいる。特に南岸低気圧による首都圏の豪雪の研究では、市民から降雪時にスマートフォンで雪の結晶の画像を募集するという市民参加型の研究(シチズンサイエンス)「#関東雪結晶 プロジェクト[14]」を実施しており、Twitterを通じたデータ提供を呼びかけたことで話題となった[15][16]。

小さな頃から雲が好きだったわけではなかった。数学が好きだったために、数学を使って身の回りの生活に関わる分野の研究がしたかったと語っている。そのため慶應義塾大学経済学部に進学して計量経済学を志したが、当時は良い師との出会いがなかった。そのため、同じく生活に深く関わる分野である気象学を志し、気象庁気象大学校に入学した。気象大学校では温帯低気圧の発達についての理論研究に取り組み、日々数式を展開して美しい解を求めていたという。[17]
気象大学校卒業後、気象庁の組織である新潟地方気象台と銚子地方気象台に赴任し、予報・観測業務に従事した。その際、予測の上手くいかない現象や、実態のよくわかっていない現象を扱うことが多くあり、気象の研究が必要であることを実感したという。また、当時現場で予報を担当していた際、局地的大雨による大雨警報を上手く事前に発表することができたにもかかわらず、夕方のニュースでその大雨を「ゲリラ豪雨」と呼ばれていたことが悔しかったとのちに語っている。[17]

→予測したのではなく、ケムトレイルをばら撒く情報が荒木のもとに来ていて予測したという嘘を吹聴。偶然と認めたくないのでしょう。やはりこれは意図的に起こしたと考えられます。


気象研究所に赴任後は雲の物理学の研究をはじめたが、雲はあくまで研究対象であり、写真を撮ったり雲を愛でていたわけではないという。荒木が2014年6月に出版した「雲の中では何が起こっているのか」を執筆していたとき、一般向けに雲の物理学を解説するために、はじめて雲の気持ちを考えて向き合ったことで雲を好きになったと語っている。雲の写真を撮りはじめたのもこの頃からとのこと。[17]
著書の出版後に講演会などで一般人と関わることが増えた。2014年の冬には茨城県常総市で中学生や教育委員会向けに講演を行い、豪雨をもたらす雲の仕組みや、全国どこでも集中豪雨が起こりうること、鬼怒川の氾濫に備えてハザードマップを活用することの重要性を説明していた。しかし2015年9月に関東・東北豪雨が発生し、講演会場であった鬼怒中学校も浸水した。発災後に講演会に参加していた一般人に話を聞くと「まさかこんなことが起こるとは思わなかった」と言われた。この言葉は大きな水害があった被災地に現地調査にいくと毎回のように聞く言葉だという。このような経験から、研究によって防災気象情報を高度化するだけでは不十分で、情報を使ってもらうための防災リテラシー向上が必要だと痛感したと語る。[18]
荒木によると、防災についての講演会などに参加すると一時的にモチベーションは上がるものの、楽しくないと長続きはできないとのこと。そのため、日常的に空や雲を楽しみ、これらをもっと楽しむためにレーダーの雨量情報などの気象情報を使うことを推奨している。荒木は能動的な楽しい防災が理想であるとして、これを「雲を愛する技術」と呼んでいる。「雲を愛する技術」は2017年に光文社から書籍化されている。[18]
気象研究所で実施している「#関東雪結晶 プロジェクト[14]」では、楽しみながら一緒に研究できるので、多くの人が参加してくれているという。さらに、写真を撮るために事前にレーダーの雨量情報や天気予報を見たり、空を見たりすることが多くなり、防災リテラシー向上にもつながるとしている[4]。荒木は防災リテラシー向上の一環として、著書の執筆時に初校を希望者に共有してコメントをもらう先読みキャンペーンを実施し、「雲を愛する技術」では685名もの参加者がいた。この取り組みもシチズンサイエンスと似ており、荒木は参加者を「雲友」と呼んで防災リテラシーの向上や防災に関するリーダーシップの育成を試みている[4]。
荒木は一般向けの解説書などでアザラシのようなゆるキャラを使って気象学における物理現象を説明している。空気塊(Air Parcel)のパーセルくんなどがこれにあたる。「雲の中では何が起こっているのか」の執筆時に、研究に行き詰まってむしゃくしゃして描いた積乱雲の一生のイラストがもとになっていると著書で語っている[19][20]。ゆるキャラのもとになった積乱雲の一生は、「せきらんうんのいっしょう」としてジャムハウスより絵本化された。
荒木が「巻雲」を検索したところ雲ではなく艦隊これくしょん -艦これ-の巻雲が出てきたことで話題になった。艦これファンが「艦娘」の名前で気象に関わりのあるものを解説してほしいとリクエストしたことで、「艦これ気象学」が生まれた。[21][22][23]
荒木は2019年夏に公開された映画「天気の子」(新海誠監督)で気象監修を担当し、本人役で声の出演もした。新海監督が荒木の著書「雲の中では何が起こっているのか」を読んで監修の依頼をしたという[24]。荒木は新海監督と最初に会った時、「コリオリ力」や「スーパーセル」といった専門的な気象用語がたくさん出てきて驚いたというが、新海監督は荒木の著書で多くのことを学んだと語っている[25]。
SNSなどでは度々「地震雲」が話題になるが、そもそも地震雲は定義が曖昧であり、「雲は地震の前兆にはならない」と断言する。巷で地震雲として騒がれているのは飛行機雲や波状雲などをはじめ、ありふれた大気現象であり、雲物理学や気象学で説明ができる。そのため、もし仮に地下深くからの何らかの影響が雲に対してあったとしても、それは人間が目で見て雲の形や状態から判断することは不可能と解説している。なお、「地震雲の存在は証明されていない」という説明が正確であり、そのように説明すると「それなら将来的に証明されるかもしれない」と思われることがあるが、上記の理由から雲を地震の前兆として利用することは将来的にも不可能という。荒木のもとには大きな地震が起こるたびに「これは地震雲ですか?」という問い合わせがあり、「これは○○雲です」と説明すると安心されるとのことだが、「地震が不安なら日頃から備え、雲は愛でてほしい」という。日本地震学会広報誌[26]や著書「雲を愛する技術」[18]にもこの旨の記述がある。
ニックネームは「アラケン」「アラケンさん」、好きな雲は積乱雲。
気象キャスターである斉田季実治と交流があり、荒木は斉田氏のことをS先輩と呼んでいるが[27]、先輩後輩の仲なのではなく歳の違いとのこと。[28]
—————————- ここまで ————————–

荒木健太郎のWikipediaを見てみると、タレント並みに充実していますから、やはり彼もイルミナティの一員です。

荒木健太郎は慶應義塾大学の経済学部卒業とあります。こんな人がなぜ経済と関係のない気象学に進んだのかがとても不思議です。また、彼は数学が得意とありますから、そのまま経済学者にでもなったほうが良かったのでは?もしかしたら、気象学も経済学と繋がる。となると、意図的に気象変動を起こして経済活動している可能性があるとも考えられます。また、彼はケムトレイルによる気象操作を隠すために防災リテラシーを強調して話をしますね。

慶應といえば、創立者福沢諭吉が結成した、実業界の社交クラブである交詢社です。

交詢社 -Wikipedia-

—————————- 引用ここから —————————-
一般財団法人交詢社(こうじゅんしゃ)は、日本の一般財団法人。
概要
1880年(明治13年)に福澤諭吉が提唱し、結成された日本最初の実業家社交クラブである。名称は「知識ヲ交換シ世務ヲ諮詢スル」に由来する。慶應義塾の同窓会メンバーを中心として社則を草案し、林金兵衛が構想に関わり[1]、宇都宮三郎から煉瓦家屋を譲り受け、同年1月25日に青松寺(東京芝区愛宕下)で交詢社の発会式が行われ、24名が常議員となった(→#発足時の常議員)。

慶應義塾出身者が中心であるが、一般の加入者もあった。1912年(大正元年)に財団法人化されており、正式名称は財団法人交詢社。入社には社員2名の推薦を必要とし、入社審査を通過する必要がある[2]。

のち法人制度改革により一般財団法人に改組。

活動
政治的運動
自由民権運動が盛り上がった明治時代、憲法制定が課題になると、憲法案を発表した(交詢社憲法、私擬憲法の一つ)。また、第3次桂太郎内閣に対抗する護憲運動の拠点になったことでも知られる(大正政変)。

出版事業
紳士録『日本紳士録』を発行していた。

1889年(明治22年)から隔年で交詢社(1971年以降は交詢社出版局)が編纂しており、各界で活躍する人物を紹介していた。明治期の発刊当初は高額納税者を掲載していた。古来より結びつきが深かった住友銀行と三井銀行が広告を出稿していた。また、天皇、皇后をはじめ秋篠宮家、常陸宮家、三笠宮家、寛仁親王家、桂宮家、高円宮家など皇族も収録されている。また、本人の同意があれば経歴だけでなく、系譜、係累、現住所電話番号なども掲載された[3]。2007年(平成19年)4月に刊行された第80版で休刊した[4]。

主要な出版物
「日本紳士録」以外のもの。

「交詢雑誌」(1880年 – 1897年)
「日本会社録」(1960年 – )
建築
銀座6丁目にクラブの本拠として交詢ビルディングを所有しており、「交詢社通り」という地名にもなっている。関東大震災で被災した後、1929年(昭和4年)に建てられた歴史的建造物であったが、2004年(平成16年)に建て替えられた。新しいビルは地上10階で、バーニーズ・ニューヨークなどがテナントに入っている。ファサード保存によって以前の建築の一部が保存されている。

発足時の常議員
福沢諭吉
栗本鋤雲
石黒忠徳
林正明
小幡篤次郎
箕作秋坪
中上川彦次郎
朝吹英二
西周
菊池大麓
由利公正
肥田浜五郎
早矢仕有的
江木高遠
荘田平五郎
小野梓
藤田茂吉
小泉信吉
箕浦勝人
岩崎小二郎
矢野文雄
馬場辰猪
熊谷武五郎
吉原重俊
—————————- ここまで ————————–

また交詢社が入っていた大阪堂島ビルディングには
大本教=生長の家のキチガイ右翼信者稲田朋美の夫稲田龍二の光明会が入居しています。慶應義塾大学とカルト宗教が繋がりましたね。

荒木健太郎と交詢社が繋がっているかまではわかりませんが、慶応大学の関係者を見てみると、明らかに真実を隠ぺいするイルミナティですし、大本教の関係者と言っても過言ではありません。

また彼は天気の子を絶賛しており、天気の子の製作者が新海誠でした。

天気の子の作者 新海誠

彼の実家は長野県小海町にある新津組という建設会社で、
人口数千人の小さな町にある建築業者にも関わらず、ミサワホーム=トヨタと繋がり数多くの官公庁の建設案件に関わっている業者です。その新津組はビルゲイツの別荘の建築を請け負っていました。

軽井沢の「ビル・ゲイツの別荘」は悪魔崇拝のための宗教施設である可能性大。

また、新津組は生長の家森のオフィスを施工した清水建設と長野県立信濃美術館の施工に関わっています。LGBT=大本教です。

天気の子というアニメ映画。
この映画は二人の少年少女が出会い、警察から逃げ回りながらも友情を深める映画ですが、
随所にイルミナティの悪事を隠ぺいしたり、悪魔崇拝が出てくる映画です。

たとえば、天野 陽菜は巫女で雨をやませたりする能力があるそうです。

天気の子キャラクターの
天野 陽菜は雨をやませる能力があると設定

天気の子#登場人物

—————————- 引用ここから —————————-
天野 陽菜(あまの ひな)
声 – 森七菜[17]
本作のヒロイン。8月22日生まれ。中学3年生。
代々木に存する廃ビル屋上に鎮座する小さな鳥居をくぐったことで、局地的な範囲を祈りによって一時的に晴れにする能力を手に入れた。しかし、その能力を行使するごとに身体が徐々に透明化していく代償を抱えることにもなった。当初はそのことを自覚しておらず、「100%の晴れ女」業を天職だと考えたほどであるが、後に気象神社の神主が天気の巫女伝承を語る動画を夏美から見せられて気づくことになった[注 15]。
歌舞伎町のマクドナルドで年齢を偽ってバイトしている最中に、お金を使い果たしてひもじそうにしている帆高を見つけビッグマックをおごった。このことが縁で後に帆高と知り合うことになった。帆高に最初に出会った時点では14歳だったが、次の誕生日で18歳になると彼に伝えた。
—————————- ここまで ————————–

そんな映画を絶賛していたのが、慶應義塾大学卒の荒木健太郎でした。
彼も荒木研究官というキャラクターの声優として出演しています。

荒木健太郎が声優を務めた荒木研究員

また天気の子監修者森田将輝は虹色をまとった雲を彩雲と名付けています。

鮮やかな虹色をまとった彩雲 『天気の子』監修の研究者が撮り方を解説

—————————- 引用ここから —————————-
虹のように鮮やかな色をまとった雲・彩雲(さいうん)の写真がTwitterに投稿され話題を呼んでいます。

撮影したのは、雲研究者の荒木健太郎さん(@arakencloud)。新海誠監督の最新作『天気の子』で気象監修をつとめ、本人役としても出演している気象庁の研究官です。

荒木さんによると、太陽の近くの空で上空の風に流されてレンズ状になった巻積雲の過冷却水滴が太陽光を回折して彩雲ができるそう。

太陽の近くを通りかかった雲が赤や緑など様々な色に彩られる現象で、一部では「幸運を届ける雲」とも呼ばれています。
—————————- ここまで ————————–

荒木健太郎はただのケムトレイル散布によってできた彩雲を小難しい言葉を並べて煙に巻く手法を取っています。

天気の子の作者新海誠は李家の李嘉誠とそっくりでしたね。つまり、君の名は、天気の子は大本教と李家によって広められたプロパガンダ映画の可能性があるということでしょうか?

また荒木健太郎は彩雲を直接目で見ると目を傷めるのでサングラス推奨と言っていますね。
たしかにまぶしいから目を傷めるということもあるのでしょうが、、、
薬剤が目に入って目を傷めるということも考えられます。

Qアノンの関係者ではありますが、
虹はUFOにケムトレイルであると暴露しています。
それ以外の人たちも虹雲はケムトレイルによってできたものだと疑っております。

しかしUFOは人間によって飛ばされた飛行物体であることが
Rapt理論で解明されましたから、彼らは嘘を付き合って
真実から離れさせるようにしている工作員というわけです。

現にQアノン関係者がUFOについて言及されている記事がありました。

【緊急速報】Qアノンが遂に「UFO・宇宙の真実」に関する情報の暴露開始! ロズウェル、秘密の宇宙計画、アポロ11号・・・

—————————- 引用ここから —————————-
昨年10月下旬から、海外掲示板「4chan」や「8chan」に、政治メッセージを投稿し、話題になっているQアノン(Q Anon、Q=Q Clearance、国家の最高機密へのアクセス権限、Anon=Anonymous、匿名の意)と名乗る人物。その正体は、トランプ政権の元首席戦略官兼上級顧問スティーブン・バノン氏とも、米ドナルド・トランプ大統領自身とも、NSA(アメリカ国家安全保障局)内のグループとも言われているが、少なくとも政府内部の人間で間違いないと見られている。

【その他の画像はコチラ→https://tocana.jp/2018/09/post_18222_entry.html】

 この度、そんなQアノンが、ついに宇宙人とUFOについて重い口を開き、大きな騒ぎになっている。今月19日、米オンライン掲示板「8chan」で、匿名の人物がQアノンに次のような質問を投げかけた。

「Q 

私たちはひとりぼっち?

ロズウェル?」

 これに対するQアノンの回答。

「No.

最重要機密。

宇宙の広大さを考えよ」

 1つ目の質問「私たちはひとりぼっち?」は、宇宙人の存在を問う質問だが、Qは「最重要機密」としてこれの回答を拒否。だが、最重要機密と言っている時点で隠さなければいけない秘密があることをバラしてしまっているとも見れる。間接的に宇宙人の存在を肯定していると考えることもできるだろう。

 2つ目の質問「ロズウェル?」に対しては、「宇宙の広大さを考えよ」と、回りくどい回答をしている。これは両義的に解釈できるだろう。まず、宇宙の広大さを考えれば、宇宙人がいてもおかしくなく、宇宙人が地球に飛来したロズウェル事件があったとする見方。もう1つは、宇宙は広大であるため、宇宙人がいたとしても地球にたまたま墜落するなんて天文学的な事象は起こりえないとする否定的な見方だ。

 いずれにしろ、Qアノンはこれ以上のことを言っていないため、はっきりしたことは分からない。だが、続く3つ目の質問には饒舌に答えている。

「NASAは月面着陸を偽装した? それ以来、人類は月に行ったことがる? 秘密の宇宙計画はある? だから、宇宙軍が創設された?」

Qの回答。

「間違い。月面着陸は事実。

公にされていない宇宙計画は存在する」

 月面着陸は事実だと断言。陰謀論では長らく、アポロ11号の月面着陸映像はスタジオで撮影され、監督はスタンリー・キューブリックだと噂されてきたが、(Qの発言を信じるとすれば)意外な形で決着が着いてしまった。

 さらに気になるのは、Qが認めた「秘密の宇宙計画」であるが、内容については何も言っていないので、これまた詳しいことは不明だ。隕石衝突を回避するための宇宙計画があることは知られているが、まだ公にされていないと言っているため、そのことではないだろう。では、軍事的宇宙開発をすすめる中国やロシアに対する対抗計画ということだろうか? あるいは、地球を虎視眈々と狙っている宇宙人に対する地球防衛計画の可能性は……?

 いずれにしろ、真相はQアノンに聞いてみないと分からない。今後の発言にますます注目したい。

(編集部)

—————————- ここまで ————————–

Qアノンといえば大本教であることがRapt理論で暴かれましたし、ドナルドトランプ、リチャードコシミズも大本教でした。

リチャードコシミズはイルミナティ13血流の李家の末裔=イルミナティでしたね。彼の本名は李詠進です。

ドナルド・トランプは2017年にケムトレイルプログラムを終了するといっていましたが、いまだにケムトレイルは無くなりません。なぜですかね? 代わりに安倍晋三に頼まれて米軍も日本に行ってケムトレイルをばら撒いているのでしょうか?

しかも安倍晋三はドナルド・トランプの娘、イヴァンカ・トランプに57憶円プレゼントしています。そのことについてQアノン、QArmy、Qmapは一切触れません。(そのイヴァンカは父親と近親相姦している疑いもあります)

明らかに恋人関係のドナルド・トランプと
イヴァンカ・トランプ
自分の娘を溺愛するドナルド・トランプ
夫とされるクシュナー(ユダヤ人)との間に
できた子供は実は父ドナルド・トランプとの間にできた
子供ではないか?

またUFOがロマンだとインチキを広めているのが、大本教の東出融と仲良しの竹本了でした。

この竹本了=竹本良ですが、徳川静華と徳川姫殿劇団と繋がりがあり、Shizukuというアマチュアシンガーの発表会にゲストとして招かれています。

左:竹本良
中左:石田桃子(歌手)
中右:神GOD(KAZUKI)
右:徳川静華(花谷亜紀子)

この神GODもUFOだけでなく、コロナウイルスというインチキウイルスが危険だということを広めている大本教の工作員です。

この徳川財団ですが、伏見宮博明を総裁として崇めています。伏見宮博明は日本文化振興会の総裁であり新天地イエス教、幸福の科学ドクター中松と繋がっています。

つまり、

荒木健太郎→新海誠→生長の家→大本教

荒木健太郎→天気の子→UFO→大本教→Qアノン→ドナルド・トランプ

荒木健太郎→UFO→大本教→神GOD、徳川姫劇団→伏見宮博明→新天地イエス教→安倍晋三

ということになります。

冒頭にあげた新海誠の実家新津組が施工したビルゲイツの別荘。ワクチンを熱心に推進するビルゲイツも日本人の血が入っている可能性があると指摘されています。彼は生長の家信者中曽根康弘の妻中曽根蔦子の隠し子と疑われています。

また、ビルゲイツの妻メリンダゲイツはもともと男との疑いがあり、大本教は女装=LGBTを推奨し、出口王仁三郎も女装癖のあるオカマでした。

つまり気象の嘘を広めているのは大本教だと言うことです。

Qアノンは表面的にはビルゲイツを批判していますが、ビルゲイツが天皇家・カルト宗教と繋がりがあることについてはほとんど言いません。

彼らが滅びないと世界は救われないでしょう。