ファイザー製ワクチンで数多くの人が死亡

ビルゲイツが強力に推し進めているファイザー製ワクチンでも数多くの人が死亡しています。

【ソウル聯合ニュース】韓国で今月から全国の75歳以上の高齢者を対象に米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンの接種が始まったが、防疫当局は2日、接種後の死亡が報告されたと発表した。

 亡くなったのは70代の男性で、前日にファイザーワクチンの接種を受け、この日未明に死亡した。

 防疫当局は、死亡とワクチン接種の因果関係の有無を調べる予定だ。

引用元:ファイザー製ワクチン接種後に70代男性死亡 関連性調査へ=韓国

また、ノルウェーでもファイザー製ワクチン接種をした全員の内23人死亡したとの報道が。

※医療関係者=殺人関係者たちはこれを単なる確率の問題とか、運が悪かったで片付けようとします。

ノルウェーでファイザーが開発した新型コロナウイルスワクチンの接種を受けた人のうち23人が死亡した。死亡者のうちほとんどは、80歳以上の高齢者であり、一般的な些細な副作用も彼らには致命的でありうることを示唆した。

15日(現地時間)、ブルームバーグ通信によると、ノルウェー公衆保険研究所はこの日、「初回のワクチンを接種してからすぐに23人が死亡した」と明らかにした。

死亡者のうち13人は解剖を受けたが、その結果、脆弱な高齢者は一般的な副作用にも深刻な身体反応が現れることがわかったと説明した。しかし、研究所は、若くて健康な人には接種の自制を勧告していなかった。

ファイザーとバイオエンテックは声明で「ノルウェー当局と協力して死亡者を調査している」とし「これまでに発生した事件は、警告を行うレベルではなく、予想していた程度」と説明した。

現在まで欧州で承認された新型コロナウイルスワクチンは、数万人に臨床試験が行われたものである。試験参加者は、80代後半と90代の高齢者もいたが、平均は50代前半の年齢であった。

各国は、犠牲者が多かった特別養護老人ホームの居住者に急いでワクチンを接種しているため、接種を受けた高齢者は試験参加者よりも年齢が高かった。ノルウェーは約3万3000人に最初のワクチンを接種している。ファイザーワクチンが最も多く使用され、現在はモデルナワクチンが使用されている。

引用元:ノルウェーでファイザー社ワクチン接種者のうち23人死亡…ほとんどが高齢者=韓国報道

また、ポルトガル人の女性もファイザー製ワクチンで急死しました。

これらの報道を受けて、厚生労働省は、ファイザー製ワクチンを193万回分接種で死亡例が10例と明らかに隠ぺいしようとする工作をし、『死亡例はワクチンとの因果関係が評価できず、関連性を示す事実はない』と強弁。

厚生労働省は23日、米ファイザー社製の新型コロナウイルスワクチンの接種後の副反応について検討する専門部会を開いた。これまでに約193万回接種され、計10例の死亡が報告された。専門部会は「いずれも因果関係は評価できないが、ワクチンとの直接的な関連性を示す事実はない。現時点で接種体制に影響を与える重大な懸念は認められない」と評価した。 【図で詳しく】緊急事態宣言とまん延防止措置の違い 副反応疑いの報告には、先行して始まった医療従事者に加え、12日に始まった高齢者向け接種分も今回から反映された。2月17日~4月18日の接種は計193万111回。医療機関から重いアレルギー反応の「アナフィラキシー」の疑い例として492例が報告され、うち88例が国際的な基準に該当した。ほとんど軽快し、ワクチンの安全性については「重大な懸念は認められない」とした。  また、新たに死亡例を4例公表。内訳は、医療従事者の37歳、51歳、73歳の男性と、高齢者接種とみられる102歳の女性。女性は肺炎で体調を崩した10日後に接種を受け、その4日後に死亡。誤嚥(ごえん)性肺炎や慢性心不全などの基礎疾患があった。  この日、委員からは、ワクチン供給量が限られる中、高齢者施設などの現場では体調が悪くても接種を受けざるを得ないような状況に置かれているといった指摘もあり、専門部会は「かかりつけ医はしっかりと情報を集めた上で(接種すべきか)判断してほしい」とまとめた。厚労省の担当者も「予防接種は体調のいい時に受けることが基本」とした。【矢澤秀範】    ◇  日本政府が製薬会社と供給を受けることで契約しているワクチンの有効性は約70~90%。大半の人が注射した部位の痛み、倦怠感などの副反応を訴えるが、生活への支障はほぼない。血圧低下などが起きる急性のアレルギー症状「アナフィラキシー」は100万人に2~5人と報告されている。  インフルエンザワクチンの有効性は50%前後で、アナフィラキシーの頻度は100万人に1人程度。

引用元:ファイザー製ワクチン 193万回接種で死亡10例 因果関係は不明

厚労省関係者が『アナフィラキシーショックによる死亡者はワクチンとの関連性は認められない』としながらも、『予防接種は体調のいい時に受けることが基本』と言っています。では、なぜ体調のすぐれず、体力の落ちた人の多い、高齢者に接種を進めているのでしょうか。

日本で導入されているコロナウイルスワクチンですが、以下の通りです。

  • アストラゼネカ社 1億2000万回分
  • ファイザー社   6000万回分
  • モデルナ社    4000万回分

※ノババックス社と武田薬品が提携して国内製造予定。

これらのワクチン導入を決めたのが、『俺は射たねーよ』と暴言を吐いた、加藤勝信厚労相であることを忘れてはいけません。

加藤大臣ら上級国民は、コロナがいかに危険か訴えていますが、大人数での会食時にマスクを付けないなど、茶番を繰り広げ、朝日新聞を愛読する人たちを煽ってわざわざ批判させています。

これらの大規模な会食をした後も、コロナとやらに爆発的に感染した情報は聞きません。ただ、そのことを隠すために、大阪に緊急事態宣言を出したということであれば、非常に滑稽ですね。

ファイザーに話を戻すと、ファイザーの四半期決算の収益が前年比42%増とのこと。

ファイザーは2021年のガイダンスを引き上げ、予想されるCOVID-19ワクチンの収益を押し上げます

2021年第1四半期の予想を上回る財務報告を行った後 、ファイザー(NYSE:PFE)は、市場前で約1.6%の上昇で取引が 進んでいます。
四半期の収益は、運用面で前年比42%増の146億ドル、またはCOVID-19ワクチンの売上から35億ドルの影響を除くと前年比8%に増加しました。
同社は2021年の収益予想を約18.4%増の705億〜725億ドルに引き上げました。これは、中間点で2021年の推定成長率が前年比で約70.6%であることを示しています。2021年の収益のコンセンサスは約615億ドルです。
COVID-19ワクチンの収益を除いた収益ガイダンスは2億ドル引き上げられました。
ファイザーは、2021年に15億回の接種を予定しており、2021年のCOVID-19ワクチンBNT162b2から予想される収益を、以前に予測されていた150億ドルから260億ドルに引き上げました。
調整後EPSは1株あたり3.55〜3.65ドルに引き上げられました。これは、中間点で前年比62.2%の成長を意味します。EPSのコンセンサス は3.32ドルです。
トップラインへの2番目に大きな貢献者であるオンコロジー事業は前年比で約16%増加し、29億ドルをもたらしましたが、希少疾患セグメントは前年比で約25%の成長を上回り、8億2,400万ドルの収益を生み出しました。
世界的に、Eliquis、Vyndaqel / Vyndamax、およびXeljanzは、この四半期に前年比25%、88%、18%の成長を遂げました。
同社は第2四半期の配当を1株あたり0.39ドルに維持しています。
結果について、CEOのAlbert Bourlaは次のように述べています。「BNT162b2から提供された成長を除いても、収益は運用上8%増加しました。これは、2025年までに少なくとも6%の複合年間成長率を達成するという私たちの目標と一致しています。」
昨日、FDAは早ければ来週にも12〜15歳の青年向けのファイザーのCOVID-19ワクチンを承認する予定であると報告されました 。

引用元:Pfizer raises 2021 guidance and boosts anticipated COVID-19 vaccine revenue

ファイザーは米国の証券取引所にも上場させているようで、米国株を購入している人から歓迎されているようです。

https://twitter.com/nomi_investor/status/1389565839913807872

このファイザーが好景気の中、ビル・ゲイツのお友達である、ウォーレン・バフェットはひっそりとファイザー株を売却しています。

モトリーフール米国本社、2021年2月21日投稿記事より

ウォーレン・バフェットはかつて、「10年間株を保有する気がなければ、10分間保有することさえ考えない方がいい」と述べました。

実際にバフェット率いるバークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK.A)(NYSE:BRK.B)が購入している銘柄のほとんどは、何年も保有されていますが、すべてではありません。

バークシャーは2020年第3四半期にファイザー(NYSE:PFE)株を購入しました。

しかし、最近の規制当局への提出で、バークシャーは保有していたファイザー株を全て売却したことを明らかにしました。

ファイザーは、バフェットが2020年に売却した37銘柄のうちの1つ、そして、そのうち全株売却した15銘柄のうちの1つになりました。

バフェットがファイザー株をすべて売却したことから、投資家も売却を検討すべきでしょうか。

引用元:【米国株動向】ウォーレン・バフェットがファイザー株を売却、個人投資家も続くべきか

ファイザー製ワクチンで世界中で死者が出ているため、自らに火の粉が降りかからないために、慌てて売却した可能性があります。ウォーレンバフェットも偽善者だったということです。

日本で崇められているウォーレン・バフェットですが、過去に小児性愛をしていた疑惑があります。

ビル・ゲイツも悪魔崇拝をしていると暴かれていますから、こりゃかなわんと思い、クリーンなイメージを持つために、慌てて売却。しかし、ビル・ゲイツ同様ウォーレン・バフェットは偽善者であり、悪人です。

日本政府が竹中平蔵と結託し株主ばかりを優遇した結果こういう結果になるということでしょう。現に、上場企業のトップの報酬はプロ野球選手並みか、それ以上です。

仕事への情熱を感じている日本人は7%のみ。株主ばかりを優遇した結果、日本人の労働意欲は世界最低水準となったそうです。

上場企業のトップの報酬はプロ野球選手並みかそれ以上
*参考 プロ野球選手の年俸(単位:万円)最高で楽天の田中将大選手の9億円

彼らはあっちこっちの会社の役員も兼務していますから、報酬は10億はおろか100億位貰っている人もいるのではないでしょうか?現に李家の孫正義は96億も貰っています。孫正義もコロナが危険だと言うことを煽っています。

しかも、自分の保有する利権や特許などでぼろ儲け。

経団連が政治献金を復活。白昼堂々と癒着して、大企業とその株主が大儲けというわけですね。日本経済の破壊への貢献ありがとうございます。

竹中平蔵は純粋な日本人ではなく、李王朝=李家の末裔と言われていますから、日本人が憎くて憎くて仕方がないのでしょうね。

また、ホリエモンや村上世彰も彼らとグルになり、株主重視へ誘導したと思われます。

竹中平蔵とビルゲイツもグルになっている可能性がありますね。創価だし。

彼らも純粋な日本人でない噂もあります。いずれにしても彼らの滅びを心から願います。

竹中平蔵という史上空前の国家的詐欺師

竹中平蔵という史上空前の国家的詐欺師(2)

何度でも言うけど、コロナは存在しないし、この世の多くの人がコロナを相手にしていない

イルミナティが人間を生贄として捧げているという話をなかなか信じられないエリカに、信じられるように話をしました。