日本のイルミナティ その1(水軍の末裔)

安倍昭恵の友人であることが発覚したラッパーTOMORO(向井朋郎)について調べてみると、彼も上級国民であり、彼の仲間も上級国民であることがわかりました。

彼はやたら、著名人とツーショットを撮ったことを自慢しているかのように見えますが、(確かにそうですが)よくよく見ると、なんであんな30代の若造と言われる人が数多くの著名人と会い、日夜パーティーを繰り広げているのか意味不明でした。別にヒットを飛ばしているわけでないし。

ヒットを飛ばしていない上に、歌もあまり上手いとはいえません。

歌がうまくないのは、伏見宮博明、高円宮久子と密接な関係がある「徳川静香」もそうですが。

徳川静香はGODプロデューサーことKAZUKIと繋がっており、バックには伏見宮博明と高円宮久子という皇族が控え、新天地イエス教というカルト宗教と繋がっています。皇族の力でデビューできただけです。徳川静香をプロデュースした神GODはUFO研究家の竹本良(竹本了)⇒東出融と繋がっています。

左:徳川静香(SHIZUKU)中:高円宮久子

彼らを見てみると、歌が取り立ててうまくなく、ただ金や権力を持っているだけであることがわかりましたし、また、それだけではないようです。

まず、ラッパーTOMOROの本名を見てみましょう。

TOMORO(ラッパー)のプロフィール

名前:TOMORO(トモロウ)
本名:向井 朋郎(むかい ともろう)
生年月日:1986年12月14日
出身地:北海道小樽市
職業:実業家、ラッパー、タレント、モデル
学歴:横浜高校・芝浦工業大学建築工学科卒業

TOMORO(ラッパー)が逮捕?何者?学歴と経歴・仕事や年収・給付金詐欺で逮捕の真相まとめ

ラッパーTOMOROこと向井朋郎について調べると、子供の頃はそれほど裕福じゃなかったとのこと。彼は横浜に引っ越してから横浜高校に進学し、野球部に入り、涌井秀章投手を見て野球の道を諦めたと言っています。

洋服の転売で大儲けしたことがきっかけでラッパーの道に進んだとか。

いつのタイミングで彼がイルミナティに買収されたのかは知りませんが、彼の交友を見てみると、イルミナティそのものだということがわかります。

テリー伊藤

左:テリー伊藤 右:TOMORO(向井朋郎)

アルカサバ 貞方 邦介 (アルカサバ貞方邦介もなんでお金持ちになったのかわからなかったのですが、彼も上級国民だから成功できたと言うだけだったんですねw)

左:アルカサバ 貞方邦介 右:TOMORO

マサ小浜

左:TOMORO 右:マサ小浜

AVEX 松浦勝人(MAX松浦)

左:TOMORO 右:MAX松浦(松浦勝人)

門川大作 京都市長

左:TOMORO 右:門川大作

「青山のドン」こと紫藤尚世

左:紫藤尚世 右:TOMORO

マリオ・ルチアーノ

左:TOMORO 右:マリオ・ルチアーノ

もと山口組のマリオ・ルチアーノは麻生太郎と仲良しで、元山口組の猫組長竹垣悟、作家の渡邉哲也とも仲良しでした。

麻生太郎とマリオ・ルチアーノ

左:マリオ・ルチアーノ 中:麻生太郎

渡邉哲也と猫組長とマリオ・ルチアーノ

左:渡邊哲也 中:猫組長(菅原潮) 右:マリオ・ルチアーノ

マリオ・ルチアーノと竹垣悟

左:マリオ・ルチアーノ 中:竹垣悟

竹垣悟は仙波敏郎の息子、オージこと仙波王仁と友人でした。

竹垣悟はオージこと仙波王仁の友人

で、その竹垣悟はカンボジアで爵位を貰った元後藤組の後藤忠政と親密。

左:竹垣悟 右:後藤忠政(元後藤組)

元後藤組後藤忠政の悪事についてはKawataさんがRapt理論を基に書かれています。

【地下鉄サリン事件の真相】オウム真理教を操っていたのは、生長の家と天皇家だった!!

↑プラグインも表示されず、Youtubeも年齢制限。明らかな言論弾圧ですね。

TOMOROもカンボジアと関係があるようです。つまりラッパーTOMOROもやくざ者とズブズブだということです。

左:カンボジア国王一族 シソワットニッコー氏 右:TOMORO

オージ(仙波王仁)に話を戻すと、彼はホンマルラジオの代表を務め、江川紹子とも仲良し。ホンマルラジオがホワイトハットを広めようとしているインチキ陰謀論者「内藤晴輔」の「真実と目覚め」を宣伝していました。

中:仙波王仁(仙波敏郎の息子) 右:江川紹子
仙波王仁がかって代表を務めたホンマルラジオでは、インチキ陰謀論者内藤晴輔の「真実と目覚め」を紹介

内藤晴輔を崇めていたのが、「ハナリン」「望月龍平」「ジョースターyoutuber」ら工作員で、彼らを叩いたのがHoohオンライン被害者の会を装った工作員でしたね。

創価学会のハナリンと望月龍平は内藤晴輔のセミナーに参加
望月龍平を一斉攻撃したことを装った工作員たちは今では殆ど活動していない。

内藤晴輔、望月龍平、ハナリン、JOSTARも創価学会の工作員で、HOOH・ホワイトハットアンチも創価学会の工作員だったというオチ。望月が「原発は地上起爆した」発言を師、内藤晴輔が天皇家を批判したら、アンチHOOHの工作員が一斉に叩き、彼らも対して謝罪までさせました。これもRapt理論を貶め、天皇家を批判する人たちが頭がおかしい人で犯罪者と誘導するための工作でした。

「JOSTAR」も「ハナリン」「宮井睦郎」「望月龍平」「Okamoto ichibei」はもちろんのこと、「檜垣望実」と友人で、「オージ=仙波王仁」と繋がっています。

JOSTARの友人はハナリン(大花慶子)、望月龍平、檜垣望実、okamoto ichibei(ゴムマスク論者)

「宮井睦郎 シャンタン」は「JOSTAR」「ドルフィンドクター松久正」「東出融」と友人でした。つまり、仙波王仁とJOSTARは東出融と繋がっています。

東出融って何者という方は以下のリンクをご覧ください。

rapt_neo 東出融が出雲族の重要人物であり、私に様々な工作を仕掛けてきた確信犯。

また、1月頃に「ゴムマスク替え玉論」を叫んだ、Okamoto ichibeiもJOSTARと繋がっており、もう一つの工作員とも繋がっています。

Menami Ryoでした。かれもYoutubeチャンネルをやっており、ベンジャミン・フルフォードを推し、アセンションを信じているとか。

Menami Ryo

アセンションがトンデモ論ということについてはRaptさんが既に暴かれています。ある人が相互フォローし、Menami Ryoと楽し気にツイッター上で談笑しているようですが・・・。Menami Ryoも月刊ムーの三上博明、竹本了、羽賀ヒカル、松久正、伏見宮博明と繋がっています。

この世の神はとかく悪魔だらけ。ヨガ、アセンション、アガルタ関連の話には要注意です。

東出融の友人であるシャンタンこと宮井睦郎は、JOSTAR、松久正と友人ですから、ラッパーTOMOROと東出融も絡んでいるのでしょうね。

宮井睦郎は東出融、JOSTAER、松久正と友人

TOMOROに話を戻すと、村上ポンタ(ドラマー)とも親しい。村上PONTA秀一は数多くの日本のイルミナティ―ミュージシャンをサポートしています。(泉谷しげる、井上陽水、イルカ、尾崎豊、角松敏生、吉川晃司、ささきいさお、長渕剛、山下達郎、渡辺香津美・・・)ものすごい人ですね。

左:TOMORO 右:村上PONTA秀一

反社に営業をして、吉本興業を追放された体のカラテカ入江。

中央:カラテカ入江 右:TOMORO

他にも、読売ジャイアンツ監督の原辰徳。

左:TOMORO 右:原辰徳

ドトールコーヒーの鳥羽博道会長。ドトールも創価企業です。

左:ドトールコーヒー 鳥羽博道会長 右:TOMORO

檜垣造船の副社長。

左:TOMORO 右:檜垣巧(檜垣造船副社長)

檜垣といえば、檜垣望実。仙波王仁と繋がってきます。

左:檜垣望実 右:仙波王仁(オージ)

TOMOROと村上ポンタ、檜垣巧、ドトールの鳥羽会長、マサ小浜、松浦勝人、青山のドン紫藤尚世・・・まさに上級国民です。

こんなツイートがありました。

大本、島津、九鬼、三田、青山がつながるとのこと。

で、この九鬼ですが、何を連想されたでしょうか?私は、この人を連想しました。

織田家につかえ、九鬼水軍を率いた戦国大名九鬼嘉隆。

九鬼嘉隆

九鬼嘉隆

下のツイートでもわかる通り、九鬼家は出口王仁三郎と密接な関係があります。

また、九鬼家は水軍を率いていましたが、TOMOROとも繋がってきます。

TOMOROの本名は向井朋郎でしたが、向井水軍の血を引いている可能性もあります。徳川方についた向井水軍は九鬼水軍を破りましたが、九鬼水軍は最終的に徳川方になり味方どうしになったということなのでしょう。

向井 正綱(むかい まさつな、弘治2年(1556年)[1] - 寛永元年3月26日(1624年5月2日)[2])は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将。向井正重の子。子に向井忠勝、向井正通ら。名は政綱とも。通称は兵庫助。なお「向井」と名乗ったのは正綱からで、それ以前は「向」であった。
出自
鈴木かほるによれば、氏祖は仁木義長の子長宗であり、向氏の発祥地は伊賀・伊勢の国境に位置する伊賀国向庄である。この地は太閤検地により伊勢国に属した伊勢国鈴鹿郡関町大字加太向井である[3]。おそらく義兄長谷川長久の招きであろうが、正綱の父正重のとき駿河に渡海し今川義元に仕えている。正重は今川氏滅亡の後は武田信玄より「海賊の儀」として招かれ、「駿州四海賊」の一として度々の感状を賜っている。ところが天正7年(1579年)9月、徳川家康の攻撃を受け駿河持舟城において城代三浦義鏡とともに死守し、養子政勝(実父は長谷川長久)とともに自害し果てている。

武田勝頼が滅亡すると、子正綱は徳川家康の帰属し海上軍事官僚として御召船奉行として活躍している。「向」を「向井」と書くようになったのは正綱からであり、将監と称したのは子忠勝である[4]。

生涯
弘治3年(1557年)、 伊勢国の海賊で、今川氏や武田氏に水軍の将として仕えた向井正重の子として誕生。

天正7年(1579年)9月19日、三河国の徳川氏の駿河侵攻において徳川家臣・牧野康成らが駿河国用宗城(静岡県静岡市)を攻め、この合戦により父・正重や義兄・政勝が討死した[5]。政綱はこれにより家督を継承し、同年10月16日には武田勝頼から遺領を安堵されている[6]。天正8年(1580年)4月25日には武田氏の伊豆浦攻めにおいて、政綱は武田水軍の小浜景隆とともに相模国・後北条氏の梶原備前守率いる北条水軍と戦う[7]。天正9年(1581年)3月29日には、小浜景隆のもとで政綱や海賊衆の伊丹虎康らが伊豆久料津(静岡県沼津市)において、北条水軍の梶原備前守を撃破する[8]。政綱はこの功績により同年4月8日付で勝頼から感状を与えられている[9]。

天正10年(1582年)3月に織田氏の甲州征伐により甲斐武田氏が滅亡すると、水軍を欲しがっていた徳川家康の命をうけた本多重次の誘いを受けて、他の武田水軍衆であった小浜氏、千賀氏、間宮氏らと共に召抱えられた。

はじめ本多重次の配下として200俵の扶持を得て、伊豆国攻めや小牧・長久手の戦いなどに従軍。北条水軍の梶原景宗や、織田(羽柴)水軍の九鬼嘉隆ら名だたる水軍の将を破るなど目覚しい活躍をし徳川水軍の中心となっていった。その後、家康の乗る船を預かる御船手奉行に任じられ、小田原征伐においては相模湾での包囲を担当した。徳川氏が江戸へ移封されると、相模国・上総国で2千石を得て、相模国三崎に入った。関ヶ原の戦いでは海路が荒れて遅参するものの、その地位は変わらず江戸湾の警護・発展に貢献した。

寛永2年(1625年)、死去。墓所は神奈川県三浦市の紫陽山見桃寺。

向井正綱 Wikipedia

向井正綱は伊勢国の海賊で、九鬼と同族だったのでしょうかね?伊勢国を出てから今川家、武田家に仕え、最終的に徳川家康に仕えました。TOMOROもレペゼン横浜と言っているくらいですから、向井水軍の血を引いている可能性もあります。

また、九鬼氏にソフトバンクホークスの九鬼隆平がいます。

九鬼隆平

九鬼隆平(ソフトバンクホークス)

また、九鬼隆義は板垣退助と似ている中田敦彦にそっくりで、中田一族はマイクロソフトがぼろ儲けをするきっかけをつくったJAL123にも関わった福田赳夫と極めて近い関係です。

左:九鬼隆義 右:中田敦彦

中田敦彦も大本教の教えに忠実で創価とズブズブでしたが、TOMOROも大本教の教えに忠実で創価とズブズブでした。ここでも繋がりますね。

マサ小浜ですが、彼は群馬県の出身らしいですが、これを思い出しました。

マサ小浜サ

マサ小浜

小浜 景隆(おはま かげたか、天文9年(1540年) ? 慶長2年9月7日(1597年10月17日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての海賊。志摩国出身で、後に武田信玄、徳川家康に仕えた水軍の将である。子に光隆。通称は民部左衛門、伊勢守。

生涯
小浜衆はもと答志郡小浜村(現在の鳥羽市小浜町)に本拠を置き、伊勢湾に勢力を持っていた海賊の頭目で、伊勢国司の北畠家に属した。景隆は大型の軍船である安宅船を持ち、北畠家の海賊衆を束ねていたが、織田信長の援助を受けて志摩国統一を狙う九鬼嘉隆に敗れ、伊勢湾を追われた。

元亀2年(1571年)、武田水軍創設にあたって武田信玄の家臣・土屋貞綱に招聘され、信玄の家臣として仕える。安宅船1艘、小舟15艘持の船大将となる。信玄没後は武田勝頼に仕えた。天正10年(1582年)3月に武田家が滅亡すると、徳川家康の船大将として仕え、駿河国内で1500石与えられた。その後は向井正綱・間宮高則とらとともに本多重次の指揮下にあって水陸両戦に活躍し、特に小牧・長久手の戦いでは海上から羽柴秀吉を苦しめた。天正18年(1590年)の家康の関東移封後は相模・上総で3000石を与えられるとともに、江戸湾への入口である相模国三浦郡三崎村(現在の神奈川県三浦市三崎町三崎)に駐屯し、三崎四人衆の筆頭として、向井氏・間宮氏・千賀氏とともに重きをなした。向井正綱の知行地が2000石であるから、小浜景隆は三崎衆の筆頭として迎えられたとみてよい。ところが景隆は三崎四人衆の中で最も早く没し、関ヶ原の戦いに参戦したのは子の光隆である。小浜景隆の三崎邸は、旧三崎城主北条氏規の家臣・南条昌治[1](南条氏)の邸址で、現在の曹洞宗本瑞寺[2]が建つ地と伝える[3]。慶長2年(1597年)に死去した。享年58。

小浜景隆 Wikipedia

村上ポンタですが、この人も村上水軍の末裔かなにかでしょうね。

村上ポンタ秀一

村上ポンタ秀一

村上水軍(むらかみすいぐん)は、日本中世の瀬戸内海[1] で活動した水軍(海賊衆)である。その勢力拠点は芸予諸島を中心とした中国地方と四国地方の間の海域であり、その後大まかに能島村上家、因島村上家、来島村上家の三家へ分かれた。

彼らの多くは真言宗徒であり、京都などに数多く菩提寺が残されている。また、今も瀬戸内周辺地域には村上水軍の末裔が多く住む。主な活動は輸送、航行船の破壊・略奪や信書の開封・破棄等を通じた同盟関係の分断、それらを行わずに安全を保障する代わりに芸予諸島近辺の海峡を関所(札浦)に見立てた通航料の徴収である。平時は漁業にも従事した[2]。20世紀まで瀬戸内海で見られた漂海民も、村上水軍の末裔ではないかといわれている[3]。代表的な表紋は「丸に上文字」や「折敷に縮み三文字」など。

なお、2016年(平成28年)4月25日、日本遺産 第二期の19箇所の一つとして「“日本最大の海賊”の本拠地:芸予諸島-よみがえる村上海賊“Murakami KAIZOKU”の記憶-」として認定された。村上水軍が活躍した今治市本土と尾道市本土と芸予諸島に42項目の遺産対象がある[4]。

村上水軍 Wikipedia

檜垣望実も檜垣造船の関係者で、村上水軍の末裔かなにかでしょう。

だってイマバリタイムズという動画チャンネルから海賊から学ぶという動画を出しているくらいですから。

松浦勝人も松浦水軍(松浦党)の末裔でしょうかね?

松浦勝人

MAX松浦勝人

松浦党(まつらとう)は、平安時代から戦国時代に肥前松浦地方で組織された松浦氏の武士団の連合。一族は48つに分かれており、松浦四十八党とも呼ばれた。水軍として有名。

起源
江戸時代、平戸松浦氏によって編纂された『松浦家世伝』によると、嵯峨源氏の流れをくむ松浦氏を惣領とし、渡辺綱にはじまる渡辺氏を棟梁とする摂津の滝口武者の一族にして水軍として瀬戸内を統括した渡辺党の分派とされる。祖の松浦久(渡辺久、源久)は、渡辺綱(源綱)の子の奈古屋授(渡辺授、源授)の孫とされ、延久元年(1069年)松浦郡宇野御厨の荘官(検校)となり、松浦郡に所領を持ち松浦の苗字を名乗る。

ところが、源久が肥前に下向されたとされる延久元年より前に、嵯峨源氏の系統と思われる一字名を名乗る者が、この地方に関係ある者として存在していたことを示す史料が存在している。嵯峨天皇の皇子源定の孫に、肥前守源浮がおり、藤原実資の日記『小右記』の長和5年(1016年)の条の記述からは、源聞という人物が肥前守に任じられ、実資の所に御礼言上のため訪れていたことが分かる。彼らは遥任国司であったと思われるが、この地にその子孫が定着したことは考えられる。また寛仁元年(1019年)の刀伊の入寇の防戦に当たった指揮者に、前肥前介源知という人物が存在し、多くの刀伊の賊徒を射殺し、一人を生け捕りにした。このように延久元年以前においても、松浦一族の先祖と思われる者が、国司や在庁官人として活動していた。[1]

一族は、それぞれの拠点地の地名を苗字とし、一族の結合体を松浦党という。党的結合体であるから中心となる氏の強い統制によるものではなく、同盟的なものであったといえる。その中から指導力と勢力のある氏が、松浦党の惣領となった。

これら松浦一族は、その居住した地域が多島海沿岸であったことと、朝鮮半島、中国大陸に海を隔てて近接していたことから、船を利用して日宋貿易に従事する機会も多かったと思われる。また、船に頼る生活から、水軍として、さらには海賊常習者のイメージが中央貴族をはじめ一般にも定着し、松浦党の呼称が与えられることになった。

松浦党 Wikipedia

また、ラッパーTOMOROは朝堂院大覚とも関係していた時がありました。朝堂院大覚も松浦水軍=嵯峨天皇の末裔でしたね。

また、TOMOROの友人、紫藤尚世も経歴がイルミナティそのものでした。

紫藤尚世

紫藤尚世 プロフィール

TOMOROと紫藤の共通の友人である、テリー伊藤は陰陽師の家系で、元をたどると、織田信長の親族織田信重の子孫でした。

織田信長といえば、九鬼水軍を使って毛利家に勝利しましたね。

また、日本のイルミナティ=水軍の末裔から多数の著名人を輩出しております。

村上水軍

村上隆(大本教前澤友作、ヒカルと繋がっています)

左:前澤友作 右:村上隆
左:村上隆 右:ヒカル

村上ショージ

村上ショージ

村上春樹

村上春樹

村上宗隆(東京ヤクルトスワローズ)

村上宗隆(東京ヤクルトスワローズ)

村上海斗(読売ジャイアンツ)

村上海斗(読売ジャイアンツ)

村上信五(関ジャニ∞)

村上信五(関ジャニ)

村上弘明(俳優)

村上弘明

村上淳(モデル)

村上淳

このほかにもこんな人がいます。おそらく水軍の末裔でしょう。

忽那氏(忽那夕里、忽那賢志)

伊予国忽那諸島を根拠とした豪族。平安時代末期,ここへ配流された藤原近賢を祖とする。瀬戸内海水軍として活躍。
鎌倉時代,地頭となり,南北朝,室町時代には河野氏に属したが,天正 13 (1585) 年小早川隆景に滅ぼされた。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

忽那夕里

忽那夕里

忽那賢志

忽那賢志

河野氏 (河野太郎)

河野太郎

河野太郎(新型コロナウイルスワクチン接種担当大臣)

越智氏(越智志穂(Superfly)、越智大祐(元巨人))

越智志穂

越智志帆(Superfly)

越智大祐

越智大祐(元読売ジャイアンツ)

安東氏(安東弘樹 安東は成蹊大学出身 成蹊大学といえば安倍で安東氏は安倍と繋がる)

安東弘樹

安東弘樹

梶原氏(カジサック=梶原雄太=元キングコング 西野亮廣の相方)

梶原氏は北条氏に仕えて、北条氏が高野山に蟄居されるときに、一緒に同行し、紀伊国(和歌山県)に土着。カジサックは大阪出身なので、関係があるかもしれません。

カジサック

梶原雄太(カジサック)

小早川氏(小早川毅彦、小早川智明)

小早川毅彦(元広島東洋カープ)

小早川毅彦

小早川智明(東京電力ホールディングス 社長)

小早川智明

小西水軍⇒小西行長の解説 頭脳派として豊臣秀吉の交渉人を務めた武将

小西克哉(TBSのラジオパーソナリティ)

小西克哉

小西博之(タレント、コニタン、金ちゃんファミリー)

小西博之(コニタン 欽ちゃんファミリー)

小西洋之(立憲民主党議員)

小西洋之(立憲民主党)

小西真奈美(俳優)

小西真奈美

この人たちも水軍なのではないかと疑いたくなりますが・・・・。

千鳥 大悟

千鳥 大悟

この大悟も海賊をモチーフにしたCMに出演していますし、笠岡市の離島出身だし、先祖が海賊なのでしょうか?


大悟も仙波王仁と繋がっています。

嘘コロナで死亡したとされる志村けんの愛車を大悟に売却した手伝いをしています。

志村けんが生きている疑惑も以下のサイトで書かれていますし。

つまり、今暴れている連中の中には海賊の子孫が混じっているということなのでしょうね。

だから、こういうワンピースとかいう創価アニメも流行るのでしょう。

https://twitter.com/9n7eWQtutsamatw/status/1299107668913565696

こんな連中が早々に滅ぶように心から願います。

rapt_neo 上級国民の利益ばかりが守られ、庶民が潰される時代は終わりにしなければならない。