小泉進次郎の背後は天皇家が控えている(その2)

前回の記事の続きです。

小泉進次郎はトヨタについてもこんな発言をしていましたね。農機の競争促進のためにトヨタがトラクターを作って安くしたいと言っていたとのこと。

タイトルにもある通り、小泉進次郎の背後にはアメリカでもなく、CSIS=ナチス=ロスチャイルドでもなく、天皇家が控えている旨を書きましたが、その通りでしたね。しかも進次郎はJA改革を進めていますから、これはビンゴでしょう。

しかも小泉進次郎は神奈川県黒岩祐治知事よロボットタクシーについて会見。

参考リンク:自動運転、2020年へ向け自動車メーカーとベンチャー企業の異なる戦略

2015年に小泉進次郎はロボットタクシー社の会見でも登場。

このロボットタクシーというプロジェクトの中心にいるのはDeNAというネット企業です。DeNAといえば、ベイスターズというプロ野球チームのオーナーでした。DeNAは横浜密着の球団。小泉進次郎は横須賀出身でしたね。

小泉進次郎=トヨタ=ロボットタクシー=DeNA=横浜=横須賀

横須賀はアメリカにも繋がるし、天皇にも繋がると。

おまけにこの人も横須賀出身とのこと。

上地雄輔

上地雄輔

福本伸行

福本伸行

トヨタは何かと言いますと、Rapt理論で解明された通り、天皇家でしたね。

ということは小泉進次郎は天皇家と密接な関わりがあるということがわかりました。

つまり、小泉進次郎=天皇家

しかしですね、まだ話はあるのです。

小泉進次郎と結婚をしたのが、滝川クリステルというフリーアナウンサーでした。彼女の出自を調べると、滝川氏という士族に辿り着きます。さらに調べると、彼女は織田信長の家臣の血を引いていることがわかりました。

※補足ですが、滝川クリステルも過去にトヨタシエンタという車のCMに出演しています。しかも黄色。黄色といえば李家の色でしたね。彼女も李家でしょう。

小泉進次郎もトヨタと関係がありましたが、
滝川クリステルもトヨタと関係がありました。

私が大雑把に調べたツイートだったのですが、これも嘘ではないことも判明できました。

滝川一益は織田四天王とまで言われた織田信長の家臣で、先祖は鉄砲鍛冶。さらにこの滝川氏ですが、忍者の系統と言われています。

忍者といえば、東出融でしたね。また、前回の記事で挙げた服部順治も忍者の家系の可能性が高いです。

さらに滝川クリステルの先祖とされる滝川一益の家臣に津田秀政という人がいました。彼の孫は肥後熊本藩初代藩主細川忠利に仕えたとあります。

細川忠利といえば、細川家ですね。細川家といえば、細川護煕。

細川護煕といえば、小泉純一郎と反原発でタッグを組んでいましたし、細川護煕の弟は日本赤十字社総裁の近衛忠煇でしたね。

脱原発=反原発でタッグを組んだ
細川護煕と小泉純一郎

RAPT×読者対談〈第130弾〉エボラ熱を広めた犯人は麻生太郎である。(現代日本を支配する藤原家=麻生家の闇)

左:近衛忠煇
(細川護煕の弟、日本赤十字社総裁)

小泉純一郎の息子は、そう、小泉進次郎でした。

しかし小泉親子を見てみると、非常に似ていません。というか、全く似ていません。本当に実の親子なのかと疑ってしまいたくなるくらいです。

左:小泉純一郎
中央:小泉孝太郎
右:小泉進次郎
3人とも全く似ていません

しかしながら、小泉進次郎は細川護煕と実の親子なのかと見紛うくらいそっくりでした。

小泉進次郎は細川護煕とそっくりです

そういえば、小泉進次郎の父とされる小泉純一郎は、細川護煕と反原発で共闘していましたね。

小泉純一郎は細川護煕、生長の家吉原毅と共に
反原発運動を展開していました。

参考リンク:【原自連】小泉純一郎・細川護煕両元首相「原発ゼロ・自然エネルギー基本法案」の骨子を発表!野党各党は連携に前向き!超党派で法案提出に現実味!

つまりこれも、二つに分けてどっちも生き残れるようにするのか?それとも何なのかとも思いますが。今となっては原発が嘘だとバレたから反原発運動をもっとやるかもしれないですね。

ですが、生長の家の提唱した太陽光発電は良い評判を聞きません。

しかも在日朝鮮人の孫正義も関わっていましたね。また、孫は李家の末裔。さらにトヨタとも関わっていました。

さらにトヨタはこんな人とも繋がっています。そう、東出融と親しい、キンコン西野こと西野亮広。

彼を辿ると、家入一真、孫正義の弟の孫泰造、READYFORの米良はるか、米良はるかはガンを公表し同情を集めて金儲け・・・。

READYFORつながりで、ホリエモン、駒崎弘樹・・・胡散臭い人脈がざっくざっく出てきましたね。

つまり、小泉進次郎は東出融とも繋がっているということになります。

東出融といえば、彼が代表を務めるあらえびすの所在地は山形県東根市沢渡部落でした。

東出はインタビューでわざわざ沢渡部落と言っています。なんで部落を使ったのか。説明しましょう。

東出融が代表を務める、あらえびすの所在地は東根市でした。安土桃山時代にその東根市一帯を統治していたのが、東根氏。

東根氏は最上義光の家臣団(正確にいうと、家臣というか軍閥だったようです)の一派でしたが、東根氏の8代目東根景佐が反乱を起こし、断絶したと言われています。

では、東出融と東根市がなんで関係があるのかというと、東出融の妻が東根景子でしたね。東根景佐と東出景子の景が同じ。

流石にそれだけですと弱すぎなので、家紋を見て見ましょう。

五三の桐
丸に剣花角

東根氏の家紋は五三の桐か丸に剣花角
両方とも東出融に関係があります。

まず五三の桐ですが、豊臣家の家紋でした。それとどう関係があるのかというと、まず、東出融のルーツは滋賀県の東出村というところでした。東出村は現在の愛荘町という所で、その隣にあるのが、甲良町という有名な同和部落の町があります。そこの著名人がこちら。

参考リンク:滋賀県甲良町

この甲良町の著名人が、尼子氏やら藤堂氏などの戦国大名ばかりです。藤堂と言えば、藤堂高虎でしたね。

——————- 引用ここから ——————-
室町時代
尼子詮久 :武将、土豪、官吏(近江国守護代)。尼子氏家祖・尼子高久の嫡男。近江国犬上郡甲良荘尼子郷(現・滋賀県犬上郡甲良町尼子)生まれ。
尼子持久 :武将、土豪、官吏(出雲国守護代)。尼子高久の2男。永徳1年(1381年)、尼子郷の生まれ。
戦国時代 (日本)
多賀高忠 :戦国武将、官吏(室町幕府京都所司代)。豊後守。応永32年(1425年)、近江国犬上郡甲良荘下之郷(現・滋賀県犬上郡甲良町下之郷)生まれ。下之郷城3代目城主。
安土桃山時代~江戸時代
藤堂虎高 :戦国武将、土豪。永正13年(1516年)、近江国犬上郡甲良荘藤堂村(現・滋賀県犬上郡甲良町在士)生まれ。高虎の父。
藤堂高則 :戦国武将、土豪。高虎の兄。藤堂村生まれ。
藤堂高虎 :戦国武将、土豪、津藩 大名。弘治2年(1556年)、藤堂村生まれ。
甲良宗広(甲良豊後守宗広) :宮大工(江戸幕府作事方大棟梁)。天正2年(1574年)、犬上郡甲良庄法養寺村(現・犬上郡甲良町法養寺)生まれ。代表作は、増上寺台徳院霊廟、日光東照宮、寛永寺五重塔。
現代
山本浩章 :政治家、益田市議会議員、益田市長。昭和44年(1969年)、滋賀県犬上郡甲良町長寺生まれ。
——————- 引用ここまで ——————-

しかも犬上郡ですか、東出融は狼を飼っていますから縁がありそうですね。

参考リンク:藤堂高虎の家紋は藤堂蔦(日本の紋章 番外編)

藤堂高虎の家紋は藤堂蔦と言われるか家紋で、五三の桐の三を抜いたものでした。一説によると、藤堂が恐れて桐を抜いた藤堂蔦にしたとも言われています。

さらに藤堂高虎は築城に秀でた大名で、数多くの名城を建てたと言われています。ただ、一人で建てたのではないでしょう。そうです、彼は伊賀忍者衆を巧みに使ったとあります。伊賀忍者といえば、東出融ですね。

参考リンク:高虎と忍者との関係

——————- 引用ここから ——————-
藤堂高虎は、徳川三代の諜報部隊の元締めといわれています。つまり、忍者の元締め。その理由は伊勢、伊賀の領主となり、忍者をうまく使ったため。高虎は家康の命を受けて、畿内の要地、国境の守りとして伊賀上野と津の二城を修改築する一方、忍びの統率を行ったのです。

 高虎が治めていた近江の甲賀郡と伊賀国は、奈良・京都という都に近接しているとともに山岳修験の霊場が数多くある土地。この地に住む人々は、山伏や修験売薬、霊符の配付などで諸国を回りました。そのため、世相、時勢に敏感で情報を集める技術に長けていました。

 忍者は、数10人の小集団を組み、行動します。忍者たちは、小集団単位で諸国に雇われ、戦闘、謀略、諜報の技術を日々、磨き上げていくことで職能集団となっていきました。

 忍者と徳川家康の関係は、本能寺の変のとき、明智光秀の追跡の手を逃れ、伊賀越えをして三河に戻ったことにはじまります。その時、活躍したのが伊賀忍者の服部半蔵で、以後、徳川家の隠密頭の地位についています。大坂の陣を勝利に導いたのも、秀忠の娘・和子が宮中に嫁いだのも、高虎の諜報活動の賜といえます。

 高虎は、忍者を無足人として採用しています。これは、一種の郷士で、普段は農耕を営みますが、仕事の際は忍者として働くのです。この方針は、高虎の死後も引き継がれました。寛永17年(1640)には服部半蔵の甥の保田妥女が、藤堂という姓を与えられて、伊賀上野城の城代になっています。
——————- 引用ここまで ——————-

これは仮説なのですが、藤堂高虎や伊賀忍者はペルシヤ民族の血を引いている可能性があるのではないかと思います。

波斯の末裔という本の著者が西澤裕子という脚本家で、彼女の先祖はペルシア人の血を引いていると自称。

波斯の末裔を軽く読んだだけですが、彼らは口伝を大事にしていたようです。(作品中では書物を残している記述はありましたが、主人公が切腹するときに食べてしまったとあります)まんまドルイド教ですね。

忍者がドルイド教という記述はありませんでしたが、可能性は充分あるでしょう。

参考リンク:伊賀流忍者博物館 12月19日 忍術伝書

——————- 引用ここから ——————-
現存する忍術伝書の中で、「萬川集海」「正忍記」「忍秘伝」を三大忍書と言います。
多くの伝書は江戸時代に書かれていますが、それ以前は口伝でした。伝承・備忘のために活字化されたと推測されます。「口伝あり」の文字が目立つ伝書ですが、口伝で伝えられる事の方が重要だったのかもしれません。
——————- 引用ここまで ——————-

やはり、書物でも残していたようですが、口伝の重要性を説いていますね。口伝=ドルイド教。ということは忍者はドルイド教ということになります。

ドルイド教はRapt理論でも解かれていました。

日本の歴代首相も天皇もみんな古代ケルトの悪魔教「ドルイド教」の僧侶の末裔です。

RAPT×読者対談〈第75弾〉あらえびす・東出融の正体(1)

さらに、甲良町の出身者尼子氏の話を戻します。

尼子氏が本拠を構えていたのが、島根県にある月山富田城(がっさんとだ)という山城でした。
月=李家ですか?しかも、、、月山(標高183.9m)

※島根県と言えば、出雲大社で、東出融は出雲大社の水の管理を任されていましたね。ここでも繋がるというわけです。

1+8+3+9=21 統一を表しますし。統一=統一教会にも繋がるというわけです。

尼子氏が本拠にしていた
月山富田城(がっさんとだ)

また、山形県にも月山という修験道の山があります。

山形県鶴岡市にある
月山は修験道の山

さらに、尼子氏は国で取れる鉄をたたら製鉄という手法で生み出し、強い鋼で刀を作っていたとか。しかも、東出融は鉄にもジブリ作品に詳しかったですね。

参考リンク:たたら製鉄

月といえば、李家でしたね。

さらに尼子氏は婆娑羅(ばさら)大名と言われていました。婆娑羅といえば、傾奇者を古くした言い方で、今で言うヤンキー=不良という意味。

婆娑羅大名と言われた
佐々木道誉は
同和部落甲良町の出身
※中学生の不良の卒業式?
暴走族の紋か何かは知りませんが、
楠木正成の菊水紋でした。

菊水紋はヤクザ、右翼、不良=チンピラが好んで使うようですね。つまり、楠木正成もヤクザなのでしょう。笹川良一も楠木正成を崇拝していましたね。

笹川良一は家紋を大楠公と尊敬する
楠木正成に合わせて
菊紋の下に一を入れる家紋に変えた

さらに吉田松陰も楠木正成を崇拝してました。となると、笹川良一も東出融も伊賀忍者の末裔で李家。

参考リンク:七生報国

すなわち、東出融は李融(り とおる)ということになります。

七生報国は吉田松陰が精神的支柱としていた
楠木正成が持っていたヤクザの教え

さらに、楠木正成は伊賀忍者とも関わりがあるそうです。

参考リンク:楠木正成と忍者について

あらえびすの東出融も
モヒカン頭をしていた時期がありました。
やはり婆娑羅を意識しているのでしょうか?

つまり、同和部落は婆娑羅大名が支配した地。だから同和と批判するとチンピラが寄ってたかって悪口を言ってくる。同和は日本会議だけでなく、ヤンキーとも関わりがあったということになります。

補足ですが、佐々木道誉氏の末裔とされる亀井久興氏は学習院大学卒でしたね。となると、婆娑羅=ヤンキー大名の佐々木道誉の末裔ですから。

となると、亀井久興はヤンキーの血を引くという事になり、学習院大学のOBはヤンキーがいるという事になります。しかも佐々木道誉の一派を出雲源氏というそうです。東出融は出雲大社の水の管理を任されていると言いますし、またしても繋がってくるというわけです。

※東出融は尼子とも繋がっているとなると、関東連合とも関係がありそうですね。立憲民主はやたらヤンキー的な候補者やヤクザ・チンピラがいましたし。この辺りはなんとなく勘ですが。

参考リンク:婆娑羅とは?Wikipedia

——————- 引用ここから ——————-
身分秩序を無視して実力主義的であり、公家や天皇といった名ばかりの時の権威を軽んじて嘲笑・反撥し、奢侈で派手な振る舞いや、粋で華美な服装を好む美意識であり、室町時代初期(南北朝時代)に流行し、後の戦国時代における下克上の風潮の萌芽ともなった。ただし戦国時代の頃になると、史料には「うつけ」「カブキ」は出てくるが、「婆娑羅」およびそれに類する表現は全くと言っていいほどなくなった。
足利直義(将軍尊氏の弟)主導の下、室町幕府の基本方針として編まれた『建武式目』では、ばさらを禁じている。『太平記』には、源氏足利将軍執事で守護大名の高師直や、近江国守護大名の佐々木道誉(高氏)、美濃国守護大名の土岐頼遠などのばさら的な言動が記されている。これらの大名は「ばさら大名」と呼称され、ばさらの代表格とされている(師直や頼遠は建武式目を主導した直義と後に対立する)。『太平記』はばさらに対して否定的な記述をしており、ばさらが原因で国が乱れると断じる一方、前述の高師直・佐々木道誉・土岐頼遠をはじめとするばさら大名達の豪奢な生活、実力行使や傍若無人な振る舞い等が描かれている(これらのばさら大名は合戦でも活躍し、戦にも強かった)

語源
語源は、梵語(サンスクリット語)で「vajra (伐折羅、バジャラ)= 金剛石(ダイヤモンド)」を意味する。平安時代には雅楽・舞楽の分野で、伝統的な奏法を打ち破る自由な演奏を婆娑羅と称するようになった。これは「ダイヤモンドのような硬さで常識を打ち破る」というイメージが仮託されたものである。さらに鎌倉時代末期以降、体制に反逆する悪党と呼ばれた人々の形式や常識から逸脱して奔放で人目を引く振る舞いや、派手な姿格好で身分の上下に遠慮せず好き勝手に振舞う者達を指すようになり、以降この意味で定着する。
ただし、意味の転訛は不明であるともされ、こうした通説には異説もある。そもそも「バジャラ」の濁音「ジャ」から清音「サ」へ音が変化するのは不自然であり、「婆娑」という言葉が語源で、接尾語の「ら」が付いたものと考えられる[4]。「婆娑」の意味は「舞う人の衣服の袖が美しくひるがえるさま。また、舞いめぐるさま」、あるいは「さまよいめぐるさま。徘徊するさま」(日本国語大辞典)である。先述の『太平記』での記述も、足利方の武士たちが派手な出で立ちで傍若無人に「徘徊(婆娑)」する様を、公家の舞楽用語である「婆娑羅」を用いて自称したと取れる。しかし、『太平記』の記述はその後の婆娑羅の意味を決定づけるものだった。婆娑羅は、本来の徘徊の意味ではなく、それに付随した「派手さ」が本義であると理解される素地ができ、安土桃山時代にはかぶき者と重ね合わされ、粗忽な乱暴者の振る舞いとして婆娑羅は解釈し直されたと考えられる[6]。

関連項目
下克上
かぶき者 – 江戸時代初期
伊達男
パンク
ヤンキー

——————- 引用ここまで ——————-

つまり尼子は婆娑羅=かぶき者=ヤンキー。
藤堂高虎は忍者でしたから
尼子=婆娑羅=かぶき者=藤堂高虎=甲良町=滋賀=甲賀忍者=東出融=ヤンキー

話を東出景子に戻しましょう。

あらえびす東出融の妻
東出景子

東出融の妻、東出景子は東根氏と血が繋がっている可能性があります。東根氏8代当主が東根景佐。”景”の字。
東根 景佐(ひがしね かげより)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将。最上氏の家臣。東根氏8代当主。出羽国東根城主。
東出景子も”景”を使っていましたね。

参考リンク:東根氏 Wikipedia

——————- 引用ここから ——————-
東根氏は清和源氏足利氏流斯波氏の一門最上氏から分かれた天童氏の一門。初代は天童頼直の子、東根頼高。
宗家の天童氏は、戦国時代に最上氏から自立するようになり最上義光の時代には最上八楯を形成し、東根氏もこれに加わる。特に東根頼景は天童氏から入っており、結びつきを強めた。しかし、最上八楯は後に最上氏に敗れ、東根氏も里見景佐の裏切りによる内部崩壊の末、壮絶な討死をする。
慶長出羽合戦後、東根氏は山形藩重臣として東根城1万2千石を与えられた。記録では「東根源右衛門」とあり、これは景佐の事だと思われる。1620年(元和6年)の景佐の死後、子の東根親宜が継いだ。この時、景佐の遺書に「最上家はあと三年しかもたない」といった内容の事が記述されることに注目されている。そして彼の予言通り、2年後の1622年(元和8年)最上氏は改易され、東根氏は後に徳島藩蜂須賀氏に仕えた。
——————- 引用ここまで ——————-

ウィキを見てみるとさらに東出融は東根氏を通じて蜂須賀家とも関わりがあったそうです。
蜂須賀家といえば、稲田家と争いをして八丈島へ流刑。

参考リンク:庚午事変 Wikipedia

——————- 引用ここから ——————-
経緯
徳島藩洲本城代家老稲田家(1万4千石)は、戦国武将稲田植元を元祖としており、植元は蜂須賀正勝の義兄弟の契りを交わし揃って織豊政権に仕えていたが、蜂須賀家政の阿波入府の際に植元が蜂須賀家の「客分」として入国した。以降、稲田家は徳島藩の家臣としては破格の待遇を受けてきたが、これにより幕藩体制を通じて、蜂須賀家と稲田家の関係が対等関係から主従関係への変化と固定が進むことになった。このような経緯か主家である徳島蜂須賀家との様々な確執が以前よりあった[要出典]。
幕末期、徳島藩側が佐幕派であったのに対し稲田家側は尊王派であり、稲田家側の倒幕運動が活発化していくにつれ、徳島藩側との対立をさらに深めていくようになった。そして明治維新後、徳島藩の禄制改革により徳島蜂須賀家の家臣は士族とされたが、陪臣の稲田家家臣は卒族とされたことに納得できず、自分たちの士族編入を徳島藩に訴えかけた。それが叶わないとみるや、今度は洲本を中心に淡路を徳島藩から独立させ、稲田氏を知藩事とする稲田藩(淡路洲本藩)を立藩することを目指す(そうすれば自分たちは士族になる)ようになり、明治政府にも独立を働きかけていくようになる。稲田家側は幕末時の活躍により、要求はすぐ認められると目論んでいた。
明治3年5月13日(1870年6月11日)、稲田家側のこうした一連の行動に怒った徳島藩側の一部過激派武士らが、洲本城下の稲田家とその家臣らの屋敷を襲撃した。また、その前日には徳島でも稲田屋敷を焼き討ちし、脇町(現在の美馬市)周辺にある稲田家の配地に進軍した。これに対し、稲田家側は一切無抵抗でいた。これによる稲田家側の被害は、自決2人、即死15人、重傷6人、軽傷14人、他に投獄監禁された者は300人余り、焼き払われた屋敷が25棟であった。
政府は一部の過激派だけの単独暴動なのか、徳島藩庁が裏で過激派を煽動していたりはしなかったかを調査した。少なくとも洲本では意図的に緊急の措置を怠った疑いがある。そのような事実が少しでもあれば、徳島藩知事であった蜂須賀茂韶を容赦なく知藩事職から罷免するつもりであった。
当時の日本は版籍奉還後もかつての藩主が知藩事となっているだけで、旧体制と何ら変わらない状態だった。政府にとって、この問題は中央集権化を推進していく上で是非とも克服してゆかねばならなかった。だが下手な手の付け方をすれば、日本中に反政府の武装蜂起が起こりかねないため、慎重な対応を余儀なくされた。
結局、政府からの処分は、徳島藩側の主謀者小倉富三郎・新居水竹ら10人が斬首(後に藩主蜂須賀茂韶の嘆願陳情により切腹[6]になった)。これは日本法制史上、最後の切腹刑(死刑執行方法としての切腹は1873年(明治6年)廃止)。首謀者数名が徳島県徳島市住吉の蓮花寺(1丁目)にて切腹した。八丈島への終身流刑は27人、81人が禁固、謹慎など多数に至るに及んだ。知藩事の茂韶や参事らも謹慎処分を受け、徳島藩自体の取り潰しはなかったものの、洲本を含む津名郡(稲田氏知行地)は翌明治4年(1871年)5月に兵庫県に編入されている[7]。
稲田家側に対しては、この事件を口実に北海道静内と色丹島の配地を与えるという名目で、兵庫県管轄の士族として移住開拓を命じ、彼らは荒野の広がる北の大地へと旅立っていった。この静内移住開拓については船山馨の小説『お登勢』や、映画『北の零年』でも描かれている。
明治初期に同地で生まれ育った作家・岩野泡鳴によると、稲田事件以来、藩主蜂須賀氏の直参派と稲田氏の城代派とは家来同士睨みあうところとなり、子供同士の交際ですら親たちは好まなかったという。直参派は城代派を一階級下の陪臣者として見下し、城代派は直参派を他国者として侮蔑しており、直参派の子孫である泡鳴も、その浜屋敷の大門を一歩出ると敵国の中にいるような気がして、小学校へ通うのもまるで敵の目を掠めていくようなものであったという。
明治4年7月14日(1871年8月29日) – 廃藩置県
津名郡の一部が兵庫県になっていたが、11月15日(12月26日) – 淡路島全島を名東県(阿波国・淡路国・讃岐国)に編入。
明治9年(1876年)8月21日 – 第2次府県統合。名東県より淡路島全域が兵庫県に移管される。
洲本市立淡路文化史料館では、「庚午事変」のコーナーが常設展示され、事件当時のことを綴った稲田家臣の手記などが展示されている。
——————- 引用ここまで ——————-

もともと稲田は蜂須賀家に家臣として使えていたとありますね。稲田家は尊王派で、蜂須賀家は佐幕派に別れたとあります。

尊皇派で有名なのが、長州藩や薩摩藩の一派。

佐幕派で有名なのが、松平容保、新撰組の土方歳三でしたね。

新撰組副長の土方歳三
彼は東京都日野市出身

ただ、尊皇派幕府を倒し、天皇中心の国家を作り上げるのが目的ですが、佐幕はあくまで江戸幕府の維持とあります。しかしながら、佐幕派も天皇を崇めるのは同じともあるようですね。

これって、今の状況にもなんだか似ている気がしないでもありません。

例:日本会議を信奉するネトウヨが尊皇派だとすると、れいわ新撰組を信奉する左翼は佐幕派(でも天皇は崇めると)なのでしょうか???

山本太郎もれいわ新撰組
なんで新撰組を崇めるのでしょうかね???

左翼は口先だけで天皇はいらないと言いながら、崇めたいのでしょうか。(仮に倒す事なんてしないでしょう。庶民は天皇なんて必要ないと思っていますが)

さらにこういう人もいました。

参考リンク:稲田植元 Wikipedia

——————- 引用ここから ——————-
稲田 植元(いなだ たねもと)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将。蜂須賀氏の家臣。洲本城代稲田家の祖とされる。
稲田氏は村上源氏の系統。播磨国赤松で浪人していたが、尾張国上四郡を支配した岩倉織田氏(伊勢守家)に取り立てられ、代々家老を務めていた。
——————- 引用ここまで ——————-

ちなみに、蜂須賀正勝は豊臣秀吉から龍野5万石を与えられたね。
龍野出身の生長の家信者日野智貴は稲田朋美を憎悪しています。

生長の家の日野智貴は
稲田朋美を憎悪していることがわかります。


藤原北家の末裔を自称する日野智貴は蜂須賀と関係があるかもしれません。
日野曰く、稲田は蜂須賀から大恩を受けておきながら、反乱を起こすとは何事だと。いかにも彼らの考えそうなこと。

ちなみにたつの市は同和部落が多数あり、特に食肉に関係した工場が多い。
やはり蜂須賀絡みなのでしょうか。→蜂須賀家の支配した徳島一帯も食肉工場が多かったですね。日本ハムとか。。あの辺りも同和や部落がたくさんありましたし、大塚製薬のような製薬工場もありました。

※同和というと皮剥などの皮革工場なども連想しますが、これって聖書の捧げ物の話を思い出します。捧げ物はレビ人しか捧げることができなかったような・・・。となると、同和・部落差別はますます特権による逆差別の可能性が濃厚になってきました。

しかも生長の家は大本教が元になっているカルト宗教でした。その大本教は部落解放同盟と密接な関わりがありましたね。

参考リンク:部落差別は大本教が作り出した庶民に対する特権差別でした。

東根市に戻すと、この周辺一帯を支配した東根氏の末裔は蜂須賀氏に仕えたとあります。

なんども言いますが、東根市といえば、あらえびす。
あらえびすの代表は東出融。また、東出融の妻は東出景子。
偶然とはいえ関係ないはずがないですね。

ひがしでけいこ=ひがしねけいこ

ちなみに東出融は東根市沢渡を沢渡部落と呼んでいました。
日野智貴の出身はたつの市。たつの市といえば、部落。

さらにワクチン反対派の池田としえは日野市議会議員。
日野市といえば、新撰組隊長の土方歳三の出身地。

彼の出身地石田村(現在の日野市大字石田の一帯)の近くには部落がありました。日野市百草という地域です。関係がありそうですね。


また、東出融の息子とされる東出風馬が起業した
Yokiという会社のオフィスがあったのが、日野市。

さらに反原発団体を率いる、
ミサオレッドウルフ(赤い狼=オオカミといえば、東出融)
の本拠が日野市万願寺。

ミサオレッドウルフは藤井氏と言われ、
瀬戸内水軍の血を引いていると自称しています。
(ハイブリッドらしい。ハイブリッドウルフといえば東出融)

もちろん、ミサオレッドウルフ氏はれいわ新撰組の山本太郎を支持。反原発繋がり、すなわち生長の家繋がり。

ウルフ繋がりの東出融も卍のポーズをしていました。

卍のポーズをしている
あらえびすの東出融

東出融の先祖、クーデンホーフカレルギーを評価したのが、
CSISのエドモンド・A・ウォルシュの師匠カールハウスフォーファー。

カールハウスフォーファーはナチスドイツで、麻生太郎にも繋がります。

CSISに戻ってきましたね。

つまり、小泉進次郎はバリバリの天皇派であり、アメリカとはあくまでお友達なのでしょう。

だから陰謀論者の言うジャパンハンドラーも、ロスチャイルド脅威説も嘘だと言うことがわかります。

まとめますと、

1:小泉進次郎と滝川クリステルの結婚で隠されたのが天皇家=安倍晋三の悪事

2:CSISの黒幕は天皇家=李家

3:小泉進次郎とトヨタ自動車との密接な関係。トヨタは天皇家

4:小泉進次郎は父親とされる小泉純一郎、兄とされる小泉孝太郎と全く似ていない

5:小泉進次郎は天皇家と深い関わりのある細川護煕とそっくり

6:トヨタ繋がりでソフトバンクの孫正義、あらえびすの東出融

7:結局忍者=同和人脈

8:CSISの背後はナチスドイツで麻生太郎にも繋がる。

9:1〜8にある通り、CSISはジャパンハンドラーでもなく、ナチス=ロスチャイルドでもなく、天皇家である。

つまり、小泉進次郎と滝川クリステルの結婚はトヨタと天皇家が絡んだ政略結婚でした。

天皇家の正体について知りたい方はこちらのRAPTブログもお読みになってください。

「原子力村」の正体とは、実は「天皇家」とその親戚一同でした。

日本の歴代首相も天皇もみんな古代ケルトの悪魔教「ドルイド教」の僧侶の末裔です。

天皇家一族の重鎮「麻生太郎」という巨悪。

「イスラム国」に資金援助したトヨタが、軍用ロボットを密かに開発しているという恐るべき現実。

トヨタと天皇と安倍晋三はとても近い親戚です。現在も日本経済を支配しているのは、大室寅之祐に与した「田布施一族」です。

豊田市は「富士の樹海」を抜いて自殺者数ナンバーワン。トヨタこそ日本一のブラック企業です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です