河野太郎と皇后雅子は繋がっている

おはようございます。今日も河野太郎について書かせて頂きます。

河野太郎について調べると、最終的に皇后雅子に辿り着くことがわかりました。そういえば、河野太郎は女系天皇容認派でしたからね。

では、なぜ河野太郎と皇后雅子が繋がるのでしょうか?

先日書かせて頂いた記事で、河野太郎が海賊=河野氏の末裔であることについて書かせて頂きましたが、河野氏と密接な関係を持った水軍=海賊がいます。それは誰かと申しますと・・・。

越智氏です。

越智氏 Wikipedia

河野氏の記した『予章記』などで語られることの多い越智氏だが、孝霊天皇の第三皇子伊予皇子の第三王子を祖とするなどの粉飾が加えられていたりと信憑性に乏しく、越智氏自体の歴史は分からないことが多い。一般に越智氏系譜は河野氏系譜と混同視されており、疑問を投げかける声は少なくない。

今治市大三島町の大山祇神社によれば河野氏を分家した後も代々ここの神職(大祝職)を担い、鎌倉時代には家名を大祝氏と名を変え現在これを担う三島家へと姿を変えたとされている。また、越智の姓は現在でも今治市で最も多い姓として現代に残されている。なお、カバネの制度が残っていた明治初期の公文書では、伊藤博文が「越智宿禰博文」と姓(カバネ)と諱(いみな)を記載している。

引用元:越智氏 Wikipedia

越智氏も河野太郎の先祖、河野氏と関わりがあることがWikipediaでハッキリ記載されています。

拙記事で上げさせて頂いた通り、越智氏を名乗る著名人をピックアップしましたところ、以下の人物が出てきました。(越智大佑、越智志穂)

河野氏のWikipediaを見てみると、本姓に越智宿禰とあります。
河野氏はつまり、越智氏と関係があることがわかります。

また、河野の由来は越智とも記されています。

「河野」の由来
越智玉興(伊予橘氏の祖)と越智玉澄の兄弟が699年(文武3年)に都落ちする際、瀬戸内海の備中沖で飲料水が無くなり、玉興が弓を海中に差し込み潮を掻き分けた所、真水が湧いてきて渇を癒す事ができた。これが水島の地名の由来となり、この故事に鑑みこの水の源は越智氏の領地である伊予国高縄山から流れてきたものであるとし、「この水の可なること、予が里よりす」と玉興が言った事から「水」「可」「予」「里」の4字を組み合わせて「河野」とし、居館の地域を「河野郷」と称し、養子となった玉澄が「河野」を苗字とした。

引用元:河野氏 Wikipedia

また、前回取り上げた、忽那賢志の忽那氏は河野氏の主要家臣団だったことがわかります。

河野氏主要家臣団(戦国期)
村上通康
来島通総
村上武吉
平岡房実
平岡通資
平岡直房
平岡通倚
忽那通著
大野直昌
別府通興
土居通利
正岡経政
戒能通森
大内信泰
松末通為

引用元:河野氏 Wikipedia

また、河野氏出身の著名人に一遍という人と、伊藤博文がいます。つまり、伊藤博文と河野太郎は繋がっていると言うことになります。

河野諸氏の末裔には以下の人物達もいます。

河野諸氏末裔
河野早紀 – (NMB48)
下見吉十郎
伊藤博文[3]
河野淳吾 – (Jリーガー)
河野直人 – (Jリーガー)
カワノマサトシ – (イラストレーター)
河野玄太 – (ミュージシャン)
大石尚子 – (衆議院議員)
谷本進 – (舞台俳優)
黒川通軌 – (陸軍中将後東宮武官長・男爵・貴族院議員)
河野徳良 – (日本体育大学教員・野球日本代表(侍Japan)ヘッドトレーナー)
河野一郎 – (建設大臣・農林大臣・国務大臣・行政管理庁長官・経済企画庁長官・衆議院議員)
河野謙三 – (参議院議長・参議院議員・衆議院議員)
河野洋平 – (副総理・内閣官房長官・外務大臣・科学技術庁長官・自由民主党総裁・衆議院議長・衆議院議員)
河野太郎 – (衆議院議員)
越智通雄 – (金融再生委員会委員長・経済企画庁長官・衆議院議員)
初代三遊亭圓朝
河野一英 – (公認会計士)

引用元:河野氏 Wikipedia

その中に、越智通雄という人がいますが、彼は自由民主党で国政に密接に関わり、
日韓親善協会会長などの要職についていました。

越智通雄 Wikipedia

その越智通雄は、福田赳夫の秘書官などを歴任。

福田赳夫といえば、そうですね。

Rapt氏に工作員を派遣したイルミナティ中田敦彦(九鬼家)の妻、
福田萌の親族です。

中田敦彦=九鬼家も水軍=海賊の末裔でしたね。

現在の兵庫県三田市の大部分・摂津三田藩。江戸時代をほぼ通して治め続けた九鬼家は、元は志摩国(現在の三重県志摩半島の先端部)の水軍でした。

九鬼家の歴代の中でも、特に有名なのは九鬼嘉隆(1542?1600)です。嘉隆は九鬼水軍を率いて、織田信長や豊臣秀吉に仕え、鳥羽3万5000石を領する大名となりました。「海賊大名」と呼ばれることもあります。

正直なところ、九鬼家を藩主として慕う三田市民としては「海賊」という言い方には少し抵抗はあります。しかし、海賊を軍事力として編成したのが「水軍」ですので、同じ意味として理解しています。

引用元:能楽と郷土を知る会

つまり、Rapt氏に工作員を派遣している連中に河野太郎も噛んでいるということがわかります。河野太郎はなにせ、先祖が愛媛ですからね。

さらに、この越智通雄の息子に越智隆雄という自民党の衆議院議員がいますが、河野太郎と一緒に絡むことが多いようです。

越智隆雄

この越智隆雄は、河野太郎と同じく、日韓議員連盟、ESG投資・国連投資原則勉強会に所属し、自らが主催した越智隆雄政策研究会にも河野を講師として招いています。

自民党有志勉強会 ESG投資をGPIFが率先して採用するよう要請へ。責任投資の潮流を日本でも起こす期待(RIEF) |

各紙の報道によると、自民党の有志議員でつくる勉強会は1日会合を開き、環境や企業統治に対する企業の取り組み姿勢を投資判断の材料とする「ESG投資」を年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)に採用を求める方針を決めた。

 勉強会は、「ESG投資・国連投資原則勉強会」で、幹事役の平将明議員のほか、赤澤亮正、越智隆雄、木原誠二、小泉進次郎、河野太郎、柴山昌彦、鈴木馨祐、村井英樹の各議員で構成している。この日は勉強会の2回目となった。

 同勉強会は、金融庁が先にまとめた機関投資家の責任行動指針である「日本版スチュワードシップ・コード」などにESG投資の加速を項目として盛り込むことで、年金等の機関投資家のESG投資を強化することを目指している。

引用元:ESG投資・国連投資原則勉強会

また、この越智隆雄ですが、フランス留学を決めたのが、「フランスに好きな女」がいるからとのことでした。

⇒4/18 10:13修正 「イギリスに好きな女がいるから」

同時期にイギリスに留学していたのが、皇后雅子こと小和田雅子だったことが以下のサイトで暴露されています。

皆さんお元気ですか?

また出来てきました雅子の昔の男(笑)たたけば埃の出る女ならず、【たたけば昔の男が出る女】です。

越智隆雄という男は、福田赳夫元総理の娘が大蔵官僚の越智道雄に嫁ぎできた子で、孫に当たります。

同じく福田赳夫の孫で、チノパンの夫となった横手真一と同じく、慶應の幼稚舎から慶應義塾大学の経済学部までというコースは全く同じです。

就職も横手真一は三菱銀行(のちゴールドマンサックス)越智隆雄は住友銀行(後父越智道雄の秘書)というのも似ています。

祖父の赳夫が小和田恒を可愛がっていたこともあり、幼少の頃から小和田家と越智家は家族ぐるみの付き合いをしていました。

小和田家と越智家は一緒にスキーに行ったり、雅子の母の小和田優美子が、着物に「福」の字を入れて、福田家に忠誠を誓うようなこともしていました。

その中で年の近い雅子と隆雄は次第に親しくなり、雅子が外務省に入ったころに結婚を視野に入れた真剣な交際を始めました。

特に雅子がイギリスのオクスフォード大学に留学中に、隆雄も「フランスのエセック大学に留学したいと言い出し、父親の道雄から「なんでフランスなんだ?」と聞かれて「好きな女がイギリスにいるから」と答えたそうです

引用元:雅子妃の男性遍歴①|越智隆雄現議員 伏見顕正の四柱推命占い

だから先日書かせて頂いた通り、Rapt理論を拡散しているTwitterアカウントをブロックしたのは、なぜかというと、Rapt氏が小和田雅子と福田家、福田家と中田敦彦、そしてRapt氏をストーカーしてきたのが、福田家一族と中田敦彦らでした。つまり、理由があるということです。

しかもそのアカウントは河野太郎についても言及していました。河野太郎は越智隆雄=皇后雅子と関係が深く、河野は女系天皇容認派。

河野がやたらワクチンを打たせたい発言をするのは、工作に失敗をしたから、本当に人殺しをしたいと思っているのでしょう。恐ろしい奴らです。

しかも皇后雅子は、創価学会池田大作の孫であるとも言われています。

創価学会もコロナワクチンを庶民に打たせたがっているとんでもないカルト団体でした。ここでもRapt理論がいかに整合性がある理論であることがわかったわけです。

越智隆雄も慶応大学OBですから、もしかしたら創価信者である可能性も高いですね。

彼らが本当に滅びることを心より願いますし、こんな連中に騙される人が一人でも多く減りますように願います。

rapt_neo コロナワクチンの接種が明日12日から本格的に始まります。

rapt_neo 何度でも言うけど、コロナは存在しないし、この世の多くの人がコロナを相手にしていない

rapt_neo この世は創価信者と上級国民しかのし上がれない仕組みになっている。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!